層雲峡・紅葉谷の2022年見頃時期やライトアップは?場所やアクセスは?
層雲峡の紅葉

北海道の層雲峡では、例年9月の見頃時期、紅葉谷や「銀河の滝」や「流星の滝」、層雲峡温泉街全体が黄色や赤に染まります。ここでは、層雲峡の紅葉の魅力や見どころ、2022年見頃時期や現在の状況、紅葉谷のライトアップ(奇跡のイルミネート2022の実施や期間)、層雲峡温泉のアクセスや駐車場について紹介します。

層雲峡の紅葉の魅力や見どころは? 「銀河の滝」や「流星の滝」 峡谷が染まる絶景とは?

層雲峡の紅葉

日本で最も早く見事な紅葉を楽しめる、北海道大雪山系の旭岳、黒岳、そして黒岳の麓の層雲峡エリアは、各エリアで、紅葉の絶景を見られるスポットが点在しています。

山頂付近は例年8月下旬頃から色づき始めますが、少し標高の低い層雲峡では、例年10月下旬まで紅葉を楽しむことができます。

層雲峡エリアには、紅葉の名所として観光客に大人気の「銀泉台」「銀河の滝」、「流星の滝」そして「紅葉谷」などがあります。

層雲峡の紅葉

「銀泉台」は、層雲峡の中で、車で行くことが出来る北海道内で最も標高の高い場所にある紅葉の名所です。

ビューポイントは、大雪観光道路の突き当たり、赤岳登山口付近で、標高1500mから眺める山々は、紅葉した赤や黄色の葉と針葉樹の鮮やかな緑が織りなす色彩が、キャンバスに描かれた美しい絵のようです。

道路の幅員減少等による交通事故防止や、マイカーによる渋滞の解消、排気ガス等からの自然保護等の観点から、9月17日から10月2日まで交通規制が実施されますので、車で訪れる際には注意が必要です。

層雲峡の紅葉といえば、必ず名前があがる次の名所が、力強く豪快な「流星の滝」と優雅に流れ落ちる「銀河の滝」というの二本の滝です。

層雲峡の紅葉

「日本の滝100選」にも選ばれている名瀑で、柱状節理の断崖絶壁から流れ落ちる水飛沫の迫力と岩肌に張り付くような紅葉と緑、その鮮やかなコラボレーションは一見の価値ありです。

絶好のビューポイントは、滝を背に20分ほど斜面を登った「双瀑台」で、不動岩の左右を流れる二つの滝を一度に見ることができます。

「流星の滝」 と「流星の滝」は、大型の観光バスがたくさん訪れる紅葉の名所なので、混雑を避け、ゆっくり紅葉を楽しみ、よい角度で満足いく写真を撮るために、出来るだけ平日に訪れることをおススメします。

見頃のシーズンの週末に行く場合には、出来るだけ早い時間か、15時以降に行くのが良いでしょう。

層雲峡温泉街は、渓谷の中央にあるので、秋には、どこを見ても、一面の紅葉に覆われます。

層雲峡の紅葉

温泉街を歩けば、どこからでも紅葉が楽しめますが、よりインスタ映えの写真を撮るなら、視界が開けた川沿いから紅葉を狙うのがおススメです。

「紅葉谷」は、層雲峡温泉街の東側へ歩いて5分の入口から、所要1時間ほどの散策路があります。

層雲峡全体では、黄色系の紅葉が多いのですが、紅葉谷の周辺は、真っ赤に色づいたカエデなどが多く、黄金色と真っ赤な紅葉の絶景が、そこここで鑑賞できます。

美しい秋の自然を堪能しながら「クマゲラ広場」や「オンコ岩」などの名所を巡り、ルートの終点では、美しい峡谷を流れる「紅葉滝」で、鮮やかな紅葉に彩られた、迫力のある柱状節理の岩壁と激しく流れる滝を楽しめます。

紅葉谷では、夜になると、ライトアップイベントが行われますが、ライトアップが始まる18時前に行き、ライトアップされていない生の紅葉の美しさと両方楽しむことをおススメします!

層雲峡の紅葉の2022年見頃時期や現在は?

層雲峡の紅葉

層雲峡の紅葉の見頃は、場所によって異なりますが、例年、9月上旬から10月中旬が見頃のピークです。

層雲峡の紅葉

銀泉台の見頃は、9月中旬~9月下旬ごろです。

流星の滝・銀河の滝の見頃は、10月上旬~10月中旬ごろです。

そして、紅葉谷の見頃は、10月上旬~10月中旬頃です。

2022年9月8日現在、黒岳は大分色ずきが進んでおり、見ごろを迎えているといってもいいかもしれません。銀泉台から赤岳山頂にかけての斜面は、一斉に見ごろを迎えています。

層雲峡の紅葉谷の2022年のライトアップは?奇跡のイルミネートの実施や期間は?

層雲峡の紅葉のライトアップ(奇跡のイルミネート)

紅葉谷は、層雲峡温泉を代表する紅葉名所です。

層雲峡の紅葉は、全体的に黄色や黄金色の紅葉ですが、その中では珍しく、真っ赤な紅葉が多い「紅葉谷」は、見逃せない紅葉スポットです。

その紅葉谷では、紅葉のライトアップイベントが行われています。

層雲峡の紅葉のライトアップ(奇跡のイルミネート)

それまで、大雪山国立公園内でのライトアップイベントは前例がなく、日本一早い紅葉を夜でも楽しめるイベントとして2018年に初開催されてから、パワーアップしながら、毎年続いています。

「奇跡のイルミネート

開催日程:2022年9月17日(土)~10月16日(日)

開催時間:18:00〜21:00

紅葉谷で行われる、2019年から始まったインタラクティブプログラム「もりのおとしもの」は、自分の動きと合わせて紅葉が散っていくようなプロジェクションマッピングです。

人と自然が融合したインタラクティブな演出が大好評で、興味を持つお子様たちも見られます。

2021年に行われた「奇跡のイルミネートⅣ」 では、商店街の夜散歩も楽しみながら、人の動きに合わせて照明が変化する インタラクティブプログラム「もりのおとしもの」 が行われました。

2022年は、「もりのおとしもの」開催の情報は公開されていません。

2023年は例年のように開催されるよう、感染対策をしっかり行って、今年のイベントを存分に堪能しましょう!

層雲峡温泉の場所やアクセスは?

層雲峡の紅葉

層雲峡温泉

場所:北海道上川郡上川町層雲峡

アクセス

最寄りの空港:旭川空港

東京 - 旭川 JAL、ANA、AIR DO 約95分
名古屋 - 旭川 ANA 約105分
大阪 - 旭川 JAL(季節運航)、ANA(季節運航)約130分

車でのアクセス

札幌 - 層雲峡 札幌-(道央自動車道)-比布JCT -(旭川紋別自動車道)-上川層雲峡IC - (国道39号) - 層雲峡 205Km
旭川 - 層雲峡 旭川 - (国道39号)- 層雲峡 66Km
上川 - 層雲峡 上川 - (国道39号)- 層雲峡 25Km
北見 - 層雲峡 北見 - (国道39号) - 層雲峡 90Km
帯広 - 層雲峡 帯広 - (国道273号) - 層雲峡 122Km
釧路 - 層雲峡 釧路 - (国道273号) - 帯広 - (国道38号) - 層雲峡 242Km

公共交通機関でのアクセス

札幌 - 旭川 - 上川 札幌(特急1時間20分) - 旭川(特急45分) - 上川

JR上川駅から道北バス「層雲峡」行きで35分、終点「層雲峡」下車

JR旭川駅から 道北バス「層雲峡」行きで110分、終点「層雲峡」下車

銀泉台から道北バス「層雲峡」行きで約60分、 終点「層雲峡」下車

クラブツーリズムでは、北海道エリアの紅葉名所スポットを詳細に説明した動画などを公開しています。

北海道の紅葉を効率よく回れるツアーは、出発地もバリエーションたっぷり。

列車、飛行機、そしてバスでまわるツアーは、クラブツーリズムのツアーページで検索してみてくださいね!

まとめ:層雲峡・紅葉谷の2022年見頃時期やライトアップは?場所やアクセスは?

ここでは、層雲峡の紅葉の魅力や見どころ、2022年見頃時期や現在の状況、紅葉谷のライトアップ(奇跡のイルミネート2022の実施や期間)、層雲峡温泉のアクセスや駐車場について紹介しました。

昼は層雲峡の峡谷や滝を彩る紅葉を堪能し、夜には「奇跡のイルミネート」で紅葉谷らのライトアップに感動しした後は、ゆっくりと層雲峡温泉の名湯で癒されてください!

おすすめの記事