石岡のおまつり2022の日程や屋台は?場所や年番や見どころは?
石岡市観光協会公式サイトより引用

2020年、21年の茨城・石岡のおまつりは中止内容もあり、2022年久々の通常開催となり、開催日程や場所、屋台の出店、年番や見どころ等気になりますよね。ここでは、石岡のおまつりの歴史や神輿渡御・幌獅子・山車等の見どころ、2022年の開催日程や場所、年番制度、屋台の出店、アクセスや駐車場について紹介します。

石岡のおまつりの歴史や魅力は?神輿渡御・幌獅子・山車等見どころは?

引用:石岡市観光協会

石岡のおまつりの歴史は?

関東三大祭の一つといわれている「石岡のおまつり」は、正式には「常陸國總社宮例大祭」といい、創建千年を誇る古社・常陸國總社宮の最も重要なおまつりです。

1744~47年頃から奉納相撲が始まり、明治時代の前半には、当時としては豪華な出し物が街なかを練り歩くというスタイルの、現在の基礎が固まりました。

石岡のおまつりは、この地域の出身者にとっては、お盆やお正月には帰省しなくて、石岡のおまつりには帰ると言われるほど思い入れのあるお祭りです。

石岡市民にとって、1年間でもっとも熱くなる日といっても過言ではない、地域をあげて祝う、とても大切なおまつりなのです。

石岡のおまつりの見どころは?

石岡のおまつりの見どころは、なんと言っても大迫力の御神輿山車の運行と、それに連なって練り歩く出し物(獅子や供奉行列)です。

「常陸國總社宮例大祭」通称「石岡のおまつり」独特の幌獅子(ほろじし)は、獅子頭から延びる胴体に獅子小屋と台が付いていて、その周囲を幌が覆うというものです。

お囃子(はやし)とともに、獅子が進むさまは、まさにド迫力で圧巻!

町内ごとに色や表情が違うので、観ていても、その都度違う表情が味わえて飽きません。

2019年には、期間中、約50万超の見物客が訪れ、街中が熱気に包まれました。

多くの方が待ち望んだ、3年ぶりの開催となる「石岡のおまつり」

年々趣向を凝らし、素晴らしい発展を続けてきた、歴史あるお祭りを、是非実際に訪れてみてくださいね!

石岡のおまつりの2022年開催日程やスケジュールは?場所は?

石岡市観光協会公式サイトより引用

毎年9月15日と、敬老の日を最終日とする3日間で行われる石岡のおまつり(常陸國總社宮例大祭)ですが2022年は、9月15日の例祭から始まり、9月17日(土)~19日(月・祝)まで開催されます。

2022年 常陸國總社宮例大祭(石岡のおまつり)

開催日程:

2022年9月15日(木) 例祭

神社で中心となる神事を開催します。

2022年9月17日(土) 神幸祭

13:45~ 幌獅子總揃え 30数台にも及ぶ幌獅子が一同に集結

14:00~ 大神輿出御 花火を合図に、總社宮から年番町の御仮殿へ大神輿が出御

16:00~ 大神輿着御 年番町の御仮殿へ到着し、最終日の還幸祭まで鎮座

神幸祭は、常陸國總社宮の御神体が神輿で、年番町(2022年は中町)の御仮殿(おかりでん)へ渡御するお祭りです。

渡御中は、大神輿が見れるだけでなく、各町内から繰り出す2000人を超える獅子舞い・山車・供奉行列がお囃子に合わせて進む大行列が見られます。

2022年9月18日(日) 奉祝祭

10:30~12:00  茨城県高等学校相撲選手権大会が開催(奉納相撲境内の土俵)

13:00~19:00  明神神輿渡御
(總社宮~市中~總社宮) 明神神輿が、各町の会所に挨拶回りとして歩き回ります。

13:00~15:00  浦安の舞
(總社宮) 巫女による「浦安の舞」や 指定無形文化財「染谷十二座神楽」が奉納

15:00~  幌獅子大行列
(御幸通り) 明神神輿と幌獅子が合流して、石岡駅から大行列

18:45~  山車大行列
(御幸通り) 各町の山車が御幸通りに集まり、パレードが行われます。

2022年9月19日(月・祝) 還幸祭

14:00~16:00 大神輿出後
(御仮殿) 御仮殿から大神輿が出発
(御仮殿~總社宮) 1日目の神幸祭と同じ供奉行列で總社宮まで還御

16:00~  大神輿還御
(常陸國總社宮) 来年の年番町の引き継ぎ式が行われ、氏子会から功労者が表彰

2022年9月19日の夕方にはお祭りの終演として、各町内の獅子や山車が再度競演を行います。

石岡のおまつりの年番制度とは?2022年年番町は?

石岡市観光協会公式サイトより引用

石岡のおまつりは、毎年交代で務める「年番町」を中心に行われます。

年番は、15年に一度の輪番制で、年番町にあたる町は、おまつり最終日に前年番町から引継ぎを行い、翌年のお祭り最終日に次の年番町に引き継ぐまで、1年間、町ぐるみで神社への奉仕活動を務めます。

明治20年に、4組の年番制が導入され、明治35年には現在まで続く年番制度が確立しました。

交代で、その年のおまつりをつかさどる当番となるのは、現在の中心市街地にあたり、当時の石岡町を構成した森木町、大小路町、土橋町、金丸町、守横町、冨田町、仲之内町、宮下町、青木町、幸町、國分町、中町、若松町、泉町、香丸町、木之地町の16町でした。

木之地は、1952年(昭和27年)に年番を辞退したため、現在の年番町は15町内です。

「おまつり」期間中は、年番の町内に「仮殿」(地元では「おかりや」と呼ばれる仮設のおやしろです)を設けて、初日の「神幸祭」で総社宮から大神輿が渡御します。

最終日の「還幸祭」で大神輿が還御するまで、御分霊(常陸國總社宮の祭神の分身)の2泊3日の市中滞在拠点となり、その年のおまつりの中心的な役割を果たすのです。

神輿をかつぐのも年番町の若者の役割です。  

例大祭に参加する常陸國總社宮の氏子町内には「相町」と呼ばれる、特に関係が深い町内が存在します。

年番の際に協力し合い(相互扶助)、まつりの成功に努めるのをはじめ、 年番以外でもお互いの町内を訪問し合い、関係を深めます。

各町の山車や獅子に飾る提灯列の中に、1~2つ、相町の提灯を掲げるのが習わしです。

2022年の年番町は、「中町」です。

石岡のおまつり2022の屋台(露店)の出店は?

屋台(露店)

おまつりと言えばやはり屋台が欠かせませんよね。

石岡のおまつりでは例年ですと、石岡駅周辺と、香丸通りと中町通りに屋台が多く出店されます。

2022年の出店の詳細は明らかにはなっておりませんが、例年、石岡のおまつりには、書ききれないほどのグルメが出店されております。

2022年の石岡のおまつりは、3年ぶりの通常開催なので、きっと、屋台や露店も、例年通りの規模で開催されるのではないでしょうか。

通常だと、お祭り限定のお酒などの販売もされるので、是非楽しみにしましょう♪

引用:木内酒造 おしらせ(詳細情報:https://kodawari.cc/news/20220907.html)

石岡のおまつり2022のアクセスや駐車場は?

石岡のおまつりは、石岡駅西口を出てすぐのところがお祭り会場という素晴らしい立地です!

電車の場合は、非常に便が良いですね。

引用:石岡駅

●車でのアクセス
常磐自動車道「千代田石岡IC」から国道6号経由で5km(約10分)
常磐自動車道「石岡小美玉スマートIC」から国道6号経由で5km(約10分)
最寄りのインターからも近いのでアクセスしやすい位置ではありますが、石岡のお祭り期間中は石岡駅西口側の広い範囲で交通規制が行われます。

おすすめの駐車場

石岡のお祭りが開催される期間中は、広い範囲で臨時駐車場が用意されます。

ここでは3つほど紹介していきます。

スポーツプラザ山新石岡

収容台数 :普通車300台 料金 無料
住所: 茨城県石岡市石岡2-21-2
会場までの時間: 石岡駅まで徒歩6分
         常陸国総社宮まで徒歩18分

石岡イベント広場

収容台数 :普通車500台 料金 無料
住所 :茨城県石岡市若宮3-1-1
会場までの時間: 石岡駅まで徒歩12分
         常陸国総社宮まで徒歩18分

◎石岡市役所

収容台数: 普通車100台 料金 無料
住所 :茨城県石岡市石岡1-1-1
会場までの時間: 石岡駅まで徒歩10分
         常陸国総社宮まで徒歩28分

●石岡のおまつりの交通規制

石岡のおまつりでは毎年交通規制があります。

2022年の石岡のおまつりでも、以下の通り交通規制が予定されています。

特に車でお出かけの方は、事前によく確認し、早め早めの行動をおススメします。

公式サイトより引用

できるだけ車で行きたい!という方にとっては、出来るだけ便利な場所で、安く停められる駐車場を探したいですよね!

イベント開始の時間がせまっているのに、渋滞や混雑で、なかなか駐車場がみつからない!

せっかく駐車場をみつけたのに、既に満車で停められない!

なんていうこと、よくありますよね。

みんな考えることは一緒、、、、なんて落ち込んだり、イライラしたりしないように、あらかじめ、近くの駐車場を予約しておく方法があります。

もう満車、満車で、うろうろ駐車場を探さなくても良いように、予約で確実に駐車しちゃいましょう。

【akippa(あきっぱ!)】や、パーキング予約なら特P(とくぴー)といった簡単に駐車場の予約ができちゃうサービスを使えば、空いている月極駐車場や、個人宅の駐車場などを格安で借りることができるんです。

周辺のコインパーキングの「相場の半額以下の駐車場」が見つけられたり、「スマホからカンタンに駐車場の予約」もできるので、お出かけ前に、是非チェックしてみてくださいね!

\スマホで簡単予約!/

\相場の半額以下の駐車場も一杯!/

まとめ:石岡のおまつり2022の日程や屋台は?場所や年番や見どころは?

ここでは、石岡のおまつりの歴史や神輿渡御・幌獅子・山車等の見どころ、2022年の開催日程や場所、年番制度、屋台の出店、アクセスや駐車場について紹介しました。

関東三大祭りの一つ【石岡のおまつり】の迫力や熱気を体感してください!

おすすめの記事