根津神社例大祭2022の日程や屋台は?スケジュールや歴史や見どころは?
文京区公式サイトより引用

東京の根津神社例大祭、4年に一度の神幸祭も2022年開催予定で、日程やスケジュール、屋台(露店)の出店等気になりますよね。ここでは、根津神社例大祭の歴史や神幸祭等の見どころ、2022年開催日程やスケジュール、屋台(露店)の出店、アクセスや駐車場について紹介します。

根津神社例大祭の歴史や見どころは?

文京区観光協会ホームページより

東京都文京区にある「根津神社」

春には、約3000株ものつつじが咲きほこる、つつじの名所としても知られています。

江戸時代に、五代将軍・徳川綱吉によって造営された社殿には、本殿、拝殿、幣殿、楼門、唐門、透塀の全てが当時のまま今も残っており、国の重要文化財にも指定されています。

また、六代将軍・徳川家宣が生まれたゆかりのある場所でもあるんですよ。

この根津神社で、2022年秋に開催されるのが「根津神社例大祭」です。

このお祭りは、神田祭、山王祭と並んで江戸三大祭りの一つにも数えられています

あれ?と思った方もいらっしゃるかもしれませんね。

一般的に「江戸三大祭り」というと、神田祭、山王祭、深川八幡祭です。

なぜこのお祭りもなのか、その答えは、祭りの歴史と深く関係しています。

根津神社例大祭の歴史の始まりは、江戸時代の正徳4年。

六代将軍・徳川家宣が幕制によって根津神社の祭礼を定めたことが始まりといわれています。

当時は、江戸の全街から山車(だし)を出すほどの大祭礼で、天下一の祭「天下祭」と呼ばれるほどでした。

この「天下祭」、正徳2年徳川家宣によって根津神社例大祭、神田祭、山王祭の3つが定められたものです。

しかし、その後の享保3年に、根津神社例大祭は、天下祭から外れました。

この由緒から、根津神社では根津神社例大祭、神田祭、山王祭を江戸三大祭りと称しているんですね。

根津神社例大祭では、式典のほか、浦安の舞や神楽、太鼓などが奉納されます。

「浦安の舞」は、「心中の平穏」を意味する「うらやす」の名の通り、ゆったりとした奏にあわせ扇が舞い、鈴の音が夜の神楽殿で鳴り響きます。

浦安の舞経験者の私としては、とても綺麗で鈴の音にも心癒される素敵な舞です。

中でも見どころは社伝の神楽「三座ノ舞」

歴史と伝統の香り漂うこの神楽「三座ノ舞」は、文京区指定無形文化財にも指定されており、この根津神社でしか観ることができません。

また、4年に一度この例大祭で行われる「神幸祭」も見どころの一つ。

神幸祭では、徳川家宣公が奉納したといわれる神輿3基のうち、1基の大神輿が登場し、街を練り歩きます。歴史あるこの神輿は、文京区指定有形文化財にもなっているんですよ。

歴史ある神社での、歴史ある祭。

歴史ある舞や神輿を観ることができる根津神社例大祭に、ぜひこの秋に訪れてみてくださいね!

根津神社例大祭の2022年開催日程やスケジュールは?

根津神社

2022年の根津神社例大祭は、次のとおり開催されます。

2022年 根津神社例大祭

開催日:2022年9月17日(土)・18日(日) ※例祭式は9月21日(水)

≪開催スケジュール≫ 

17日 11:00~ 権現太鼓

   19:00~ 浦安の舞 ※三座ノ舞は中止

18日 神幸祭 神輿 9:00神社出御 → 16:00神社還御 ※少雨決行

18日の「神幸祭」は4年に一度開催されるものですが、ちょうど2022年が開催年となります。

今年、例大祭に行ってみようと思っていた方はラッキー!

なお、見どころの一つである「三座ノ舞」は今年は中止となっています。

神楽がないなんて残念です(泣)

でも、4年に一度しか目にできない神輿渡御ですので、ぜひ今回はそちらを楽しみに足を運んでくださいね。

根津神社例大祭の屋台(露店)の出店は?

根津神社

神社のお祭りというと、祭典はもちろんのこと、神輿や境内の中にずらりと並ぶ露店の明かりといったにぎやかな景色をイメージしますよね。

真夏の花火大会で路上に並ぶ沢山の屋台の景色とは違って、神社の祭礼、特に秋まつりというと、ちょっとノスタルジックな雰囲気を感じます。

2022年の根津神社例大祭、開催期間中は2日間ともに多くの露店が出店されるようです!

根津神社例大祭では、例年広い境内に、沢山の露店が出店され、賑やかな雰囲気を楽しむことができます。

神社のお祭りでしかない、「境内に露店」という昔ながらの雰囲気を今年も味わえるなんて、今から楽しみですね♪

根津神社例大祭2022のアクセスや駐車場は?

根津神社の屋台

根津神社例大祭2022のアクセスは?

最後に、根津神社へのアクセスをご紹介しますね。

【電車を利用の方】

  • 東京メトロ千代田線「根津駅」または「千駄木駅」より 徒歩5分
  • 東京メトロ南北線「東大前駅」より 徒歩5分
  • 都営三田線白山駅より 徒歩10分

【バスを利用の方】

  • 都バス上58「根津神社入口」より 徒歩1分
  • 都バス草63「団子坂下」より 徒歩5分
  • 都バス加味60、上26「根津駅前」より 徒歩5分
  • 都バス東43、茶51「向丘一丁目」より 徒歩5分

【車を利用の方】

首都高速5号線「飯田橋IC」より 都道434号線を後楽園駅方面へ

根津神社例大祭2022の駐車場は?

駐車場は、根津神社の境内に専用駐車場があります。

しかし、祭で来場者も多いためすぐに満車になり、一般の参拝者の方も利用されるので、近くのコインパーキングを利用したほうが良いかと思います。

また、当日は神輿の出御もあり周辺道路は混み合う可能性が高いため、公共交通機関を利用するのがおすすめですよ。

できるだけ車で行きたい!という方にとっては、出来るだけ便利な場所で、安く停められる駐車場を探したいですよね!

イベント開始の時間がせまっているのに、渋滞や混雑で、なかなか駐車場がみつからない!

せっかく駐車場をみつけたのに、既に満車で停められない!

なんていうこと、よくありますよね。

みんな考えることは一緒、、、、なんて落ち込んだり、イライラしたりしないように、あらかじめ、近くの駐車場を予約しておく方法があります。

もう満車、満車で、うろうろ駐車場を探さなくても良いように、予約で確実に駐車しちゃいましょう。

【akippa(あきっぱ!)】や、パーキング予約なら特P(とくぴー)といった簡単に駐車場の予約ができちゃうサービスを使えば、空いている月極駐車場や、個人宅の駐車場などを格安で借りることができるんです。

周辺のコインパーキングの「相場の半額以下の駐車場」が見つけられたり、「スマホからカンタンに駐車場の予約」もできるので、お出かけ前に、是非チェックしてみてくださいね!

\スマホで簡単予約!/

\相場の半額以下の駐車場も一杯!/

まとめ:根津神社例大祭2022の日程や屋台は?スケジュールや歴史や見どころは?

ここでは、根津神社例大祭の歴史や神幸祭等の見どころ、2022年開催日程やスケジュール、屋台(露店)の出店、アクセスや駐車場について紹介しました。

4年に一度の神幸祭も開催され、屋台もたくさん出ますので、熱気に包まれる秋のひとときを満喫しましょう。

おすすめの記事