香嵐渓の紅葉の2022年見頃やライトアップは?渋滞状況やアクセスや駐車場は?
香嵐渓の紅葉

愛知県豊田市の香嵐渓は、紅葉の見頃時期、約4000本のイロハモミジやヤマモミジが巴川の水面に映り込む姿は圧巻で、香嵐渓もみじまつり期間ライトアップも人気で渋滞します。ここでは、香嵐渓の紅葉の見どころ、 香嵐渓もみじまつりのライトアップ、紅葉の見頃時期や2022年現在の状況、混雑・渋滞状況、アクセスや駐車場、香嵐渓のおすすめの紅葉ツアーを紹介します。

香嵐渓の紅葉の見どころは?2022年の香嵐渓もみじまつりやライトアップは?

香嵐渓の紅葉

愛知県豊田市にある「香嵐渓(こうらんけい)」は、豊田市のみならず、愛知県随一の紅葉の人気スポットで、東海地区を代表する紅葉の名所です。

香嵐渓の紅葉

香嵐渓のモミジは、約380年前、1634年(寛永11年)頃に、香積寺第11世住職三栄和尚が、般若心経を一巻読み上げるごとにモミジを一本ずつ植えたのが始まりと言われています。

長い間「香積寺のもみじ」と呼ばれていたこの場所を、昭和5年(1930)大阪毎日新聞の本山彦一社長が、香積寺の「香」、巴川をわたる爽涼とした嵐気の「嵐」から「香嵐渓」と名付けたそうです。

大正末期から昭和初期には、周辺住民のボランティアでモミジの大植樹が施され、現在では、香嵐渓全体でイロハモミジ、オオモミジなど約4000本のもみじと、巴川の澄んだ川とのコントラストが美しい、紅葉の絶景を見せてくれます。

香嵐渓の紅葉

香嵐渓の紅葉の見どころはいくつもありますが、まず、豊田市役所足助支所の近くにあり、渓谷の入り口とも言える巴橋は、飯盛山を一望できる絶景ポイントです。

鮮やかな赤、黄色、オレンジが重なり合うように色づき、針葉樹の緑とのコントラストが見事な飯盛山は、巴橋から見ると、まるでパッチワークのようで、いつまでも見ていたくなるような風景です。

また、第2駐車場の間の道を少し南に行くと、もみじのトンネルがあります。

周辺の紅葉した木々は背が高く、まるで紅葉のトンネルをくぐるような形で散策できます。

そのまま進むと、写真やポスターなどでよく見かける、朱色の欄干が美しい「待月橋(たいげつきょう)」があります。

香嵐渓の紅葉

香嵐渓は、紅葉する木々の種類が11種類と言われ、待月橋付近では、赤、オレンジ、黄、緑の微妙に異なる色に染まり、折り重なるような色合いの美しいグラデーションの紅葉を楽しめます。

巴川と待月橋が織りなす風景は、息を飲むほど美しく、巴川に映りこむ紅葉も楽しめる、巴橋から待月橋(たいげつきょう)までが香嵐渓の絶景ハイライトです。

香嵐渓では、紅葉の見頃時期に合わせ、「香嵐渓もみじまつり」が行われています。

2022年も「心の癒し~香嵐渓」をテーマに、第67回香嵐渓もみじまつりが行われ、期間中は、ライトアップも実施されます。

香嵐渓の紅葉のライトアップ

「第67回香嵐渓もみじまつり」

開催時期:2022年11月1日(火)~30日(水)

内容:

飯盛山ライトアップ:香嵐渓もみじまつり開催期間中毎日、日没~21時

・もみじまつり町並みパレード:11月6日(日)13:00~14:00頃 

場所:足助の町並み内

足助交流館前からJAあいちの鳥居まで行進します。大迫力の演奏と華やかなパレードが楽しめますよ。

・中京大学17代目晴地舞による「よさこい演舞」:10月30日(日)13:00~→新町~本町パレード、13:30~→陣屋跡広場で演舞

場所:足助陣屋跡広場(足助の古い町並み)

若者たちが全身全霊、元気いっぱいに踊ります。風情ある街並みと一緒にお楽しみください。

竹灯りの香積寺:11月5日(土)~11月27日(日)の土日 18時~20時45分 ※11月23日は実施なし

場所:香積寺山門内参道
荘厳で静寂な香積寺への参道に、竹灯り約1,000基が並びます。

願掛けろうそく:11月12日(土)~11月27日(日)の土日 18時~20時45分  ※11月23日は実施なし

場所:巴川右岸、西町第二駐車場下
ガラスに入った蝋燭が巴橋近くの河原に800個並び、ろうそくを購入し(500円)、河原に並べて願掛けできます。

・猿回し:ほぼ毎日実施 お猿さん次第で実施時間が決まります!

・昔懐かしチンドンパレード:11月20日(日)→豊田娯楽部 絆 11月19日(土)→豊田殿姫チンドン 11月27日(日)→ちんどん屋 嵐

場所:足助の古い町並み~香嵐渓(山側)~香嵐渓広場 ※密防止のため、流しのみの実施となります。

・足助の町並みイベント「足助の結婚式」展:10月21日(金)~12月7日(水) 9:00~17:00

場所:足助中馬館(足助の重伝建の町並み)と西町~田町の店舗10店

※10月27日、12月1日は休館。11月中は毎日開館しています。

他にも、「重要文化財旧鈴木家住宅の修理現場特別公開」も行われます。事前予約制なのでお早めに申し込みをお願いいたします。来年度の主屋部分公開を控えた保存修理の最前線です。今しか見ることが出来ない貴重な状態のようですよ。

香嵐渓の紅葉は、巴川の水面に映り込む紅葉や、落ち葉でできた紅葉絨毯もとても美しく、明るい時間帯の紅葉が素晴らしいのはもとより、ライトアップによる黄金色の紅葉も、とても艶やかで、見ごたえがあります。

香嵐渓の紅葉

川沿いということもあり、香嵐渓の紅葉の見頃時期には、夜間はかなり冷え込みます。

防寒対策をしっかりし、温かい服装でお出かけくださいね!

香嵐渓の紅葉の見頃時期や2022年現在の状況は?

香嵐渓の紅葉

香嵐渓の紅葉の見頃は、例年、11月中旬~11月下旬です。

2022年の香嵐渓の紅葉は、平年より少し遅れているようで、2022年10月25日現在、目立った色づきも見られず、見頃はまだこれからです。

これから冷え込むごとに、どんどん色づきが進みます。

2022年の香嵐渓の紅葉の見頃は、11月下旬~12月上旬頃まで、まだまだ長く楽しめそうです!

一休高級ホテル・旅館が最大60%OFF!

香嵐渓のアクセスや駐車場は?

香嵐渓の紅葉

香嵐渓

住所:〒444-2424 愛知県豊田市足助町飯盛

電話:0565-62-1272 (豊田市足助観光協会)

アクセス:

車でのアクセス

東海環状自動車道「豊田勘八IC」より国道153号を足助方面へ約13km約25分、

猿投グリーンロード「力石IC」より国道153号経由で約9km約15分

公共交通機関でのアクセス

名鉄名古屋本線「東岡崎駅」から名鉄バス「足助」行きで「香嵐渓」下車(約70分)

名鉄三河線「豊田市駅」より名鉄バスで「香嵐渓」下車後すぐ

愛知県環状鉄道「八草駅」〜「香嵐渓」直行バス ※11月13日~30日期間限定

駐車場:670台(500円/1日)

11/1〜11/30の紅葉時期は、約1600台 (普通車1000円/1日、大型車3000円/1日)

香嵐渓の紅葉の混雑・渋滞状況は?混雑回避法は?

香嵐渓の紅葉

香嵐渓は東海地区を代表する紅葉の名所で、愛知県全体でも随一の紅葉の人気スポットです。

紅葉の見頃シーズンには、愛知県内外から約47万人もの人が紅葉狩りに訪れるので、紅葉の季節にはかなりの渋滞になることでも有名です。

週末だけでなく、平日でも、帰りは駐車場から香嵐渓を出るまでに約1時間かかるほどの渋滞になることが多いので、多くの人が出かけやすいお昼時やライトアップの開始や終了後はかなりの混雑が予想されます。

少しでも渋滞を避けるためには、出来るだけ朝早い時間に現地到着するか、ライトアップの終了時間よりも早く帰路につくことをおすすめします。

また、特に土日祝日は、国道153号が大渋滞となりほぼ動かない状態になるので、国道344号などの迂回路を使うことをおススメします。

おすすめの香嵐渓の紅葉ツアーは?

香嵐渓の紅葉

「クラブツーリズム」は、豊富な海外旅行・国内旅行・バスツアー・テーマ旅行を用意している、とても人気の旅行申込プログラムです。

定番ツアー、おすすめツアー、人気の ツアーをわかりやすく紹介していて、ツアーの検索や予約も簡単にできます。

個人では行きづらい場所も効率よく回ってくれるツアー、しっかりサポートしてくれる添乗員付きツアー、そして自由気ままなフリープランなどプランが豊富に用意されています。

近距離からのバスツアーも、飛行機や新幹線を使っての国内ツアーもたくさんあります。

出発地もバリエーション様々なので、自分にぴったりのツアーがきっとみつかりますよ!

↓ぜひ「クラブツーリズム」のツアーをチェックして、ぴったりの香嵐渓の紅葉ツアーをみつけてくださいね↓

まとめ:香嵐渓の紅葉の2022年見頃やライトアップは?渋滞状況やアクセスや駐車場は?

ここでは、香嵐渓の紅葉の見どころ、 香嵐渓もみじまつりのライトアップ、紅葉の見頃時期や2022年現在の状況、混雑・渋滞状況、アクセスや駐車場、香嵐渓のおすすめの紅葉ツアーを紹介しました。

香嵐渓の山肌が一斉に色づく姿が水面を紅く染める絶景をぜひお楽しみください!

おすすめの記事