北野天満宮の紅葉2022ライトアップや見頃時期は?現在の状況やアクセスは?
北野天満宮の紅葉

京都の北野天満宮は、 紅葉の見頃時期、「史跡御土居のもみじ苑」が赤や黄色に色づき、紙屋川水面に紅葉が映えて、朱塗りの太鼓橋「鶯橋」と紅葉のコントラストも見事です。ここでは、北野天満宮の紅葉の魅力や見どころ、2022年ライトアップ、見頃時期や2022年現在の状況、アクセスや駐車場、北野天満宮のおすすめ紅葉ツアーについて紹介します。

北野天満宮の紅葉の魅力や見どころは?

北野天満宮の紅葉のライトアップ

京都「北野天満宮」は、全国に12000社以上あるとされる天満宮・天神信仰(御祭神・菅原道真)の総本社の一つです。

北野天満宮の紅葉

桃山時代に、豊臣秀吉は洛中洛外の境界に、水防のための土塁「御土居(おどい)」を作りました。

この史跡「御土居」には、 昔からの自然林が残り、四季折々の美しい風景があります。

特に、中には樹齢350年から400年の古木もある約350本ものもみじが、秋になると色づき、鮮やかな赤や黄色オレンジが重なり合うように輝きます。

北野天満宮の紅葉

御土居に沿って流れる紙屋川の水面には、赤や黄色に染まった木々が映え、時空を超えた錦絵の風景です。

北野天満宮の御土居一体は「もみじ苑」とも呼ばれ、秋の紅葉シーズン&初夏の青もみじシーズン公開され、日没後には、ライトアップされています。

北野天満宮の紅葉

太陽の光を浴びて輝く紅葉も美しいですが、下からライトアップされて浮かび上がるもみじは、また別の神秘的な光景です。

もみじ苑の見どころはいくつもありますが、見逃せないスポットをご紹介しますね!

「御土居の入り口前にある樹齢600年の大ケヤキ周辺の紅葉」

今から600年前、豊臣秀吉が御土居を築いた当時から存在していたケヤキで、この大ケヤキと周辺のもみじの競演が素晴らしい光景を作り出しています。

「展望所から望む国宝の本殿と紅葉」

北野天満宮の紅葉

御土居展望所から見える、紅葉に彩られた八棟造りの壮大な国宝御本殿は、まさに日本の美です。

特にライトアップの光に浮かび上がる国宝御本殿と紅葉のコラボレーションの風景は贅沢な眺めです。

「 朱塗りの太鼓橋「鶯(うぐいす)橋」 」

北野天満宮の紅葉

鮮やかに色づいたたくさんのもみじに浮かび上がる朱塗りの太鼓橋である鶯橋は、絶好の撮影スポットです。

多くの人がシャッターチャンスを狙っているので、人影が入らない写真を撮影するのは至難の業かも。

「樹齢400年を越えると伝わる「三叉の紅葉」」

その名の通り、幹が3つに分かれた、樹齢400年を超えると言われるもみじの大木は、圧巻の存在感です。

「竹林と紅葉」

北野天満宮の紅葉

三又の紅葉の先には竹林があり、その竹林の隣にあるもみじと竹の緑のコントラストがとても美しく、おとぎ話のような風景です。

北野天満宮のもみじ苑は、紅葉の名所でありながら、比較的、他の有名な紅葉スポットと比較して混雑しにくいのも魅力です。

ライトアップ入替制ではないので、日没前から足を運び、昼と夜、2つの秋景色をゆっくり楽しめます。

最も混雑するのはライトアップする日没時間なので、日没前の16時30分頃もみじ苑へ入場し、のんびりとライトアップを待つのをおススメします。

もみじ苑は、歩きやすく整備されていて、のんびり歩いても、30~50分ほどで散策できます。

また、もみじ苑は、入場料に茶菓子が含まれており、苑内の茶店で茶菓子が味わえるのも魅力的です。

北野天満宮の2022年のライトアップ期間や時間は?

北野天満宮の紅葉

北野天満宮では、秋のもみじ苑公開時期には、ライトアップが実施されます。

早めに入って、日中の紅葉と夜間のライトアップをぜひお楽しみくださいね!

「2022年 もみじ苑公開 」

公開:10月下旬~12月上旬

入苑時間

9時~16時(受付終了15時40分)

ライトアップは日没~20時(受付終了19時40分)

開閉門時間:6:30~20:00 (もみじ苑ライトアップ期間)

入苑料:大人1000円・こども500円

※茶菓子付き(利休居士が考案したと伝わる麩の焼を再現したお菓子)

紅葉シーズンともなると、京都は、特に日没後、急激に気温が下がります。

午前中や、夕方以降に紅葉を見に行く場合には、必ず温かい服装でお出かけくださいね!

北野天満宮の紅葉の見頃時期や2022年現在の状況は?

北野天満宮の紅葉

北野天満宮の紅葉の見頃は、例年11月中旬〜12月上旬です。

2021年の北野天満宮の紅葉の見頃は平年並みと予測されています。

2022年11月10日現在北野天満宮の紅葉は、色づき始めです・

今年も、北野天満宮の紅葉は、12月上旬までは楽しめそうです!

日中の太陽の光を浴びた紅葉も素晴らしいですが、ライトアップも見逃せない北野天満宮もみじ苑は、出来るだけ温かい服装でお出かけくださいね!

一休限定プラン『タイムセール』随時実施中!

北野天満宮のアクセスや駐車場は?

北野天満宮の紅葉

北野天満宮

住所:〒602-8386 京都市上京区馬喰町 北野天満宮社務所

電話: 075-461-0005

開閉門時間:午前6時半〜午後8時 (2021年11月13日より)

北野天満宮のアクセスは?

車でのアクセス

名神高速道路南インター又は東インターより約30分

公共交通機関でのアクセス ※いずれも北野天満宮前下車すぐ

JR京都駅より市バス50・101系統

JR・地下鉄二条駅より市バス55系統

JR円町駅より203系統

地下鉄今出川駅より市バス51・102・203系統

京阪出町柳駅より市バス102・203系統

京阪三条駅より市バス10系統

阪急大宮駅より市バス55系統

阪急西院駅より市バス203系統

京福電車白梅町駅より徒歩5分

北野天満宮の駐車場は?

駐車場:

北野天満宮第一駐車場 300台 無料 ※毎月25日は駐車不可

北野天満宮第二駐車場 40台 無料

駐車場 6:30~19:30(閉鎖)

北野天満宮のおすすめの紅葉ツアーは?

北野天満宮の紅葉のライトアップ

「読売旅行」では、登山・ハイキング、ひとり旅、島旅など 様々な趣味に関連した「テーマ旅」などがたくさん用意されています。

また観光の力で、地方を元気に!をテーマに、地方復興、助成金などを利用した「お得なツアー」も豊富です♪

以下をクリックして、読売旅行の公式サイトの右上の検索窓に「北野天満宮」を入力して、お好みのツアーを探してみてくださいね!

今なら「Web割」もあり、とってもお得です♪

\読売旅行でお得に紅葉ツアーへ/

まとめ:北野天満宮の紅葉2022ライトアップや見頃時期は?現在の状況やアクセスは?

ここでは、北野天満宮の紅葉の魅力や見どころ、2022年のライトアップ、紅葉の見頃時期や2022年現在の状況、アクセスや駐車場、北野天満宮のおすすめ紅葉ツアーについて紹介しました。

紙屋川にかかる 朱塗りの太鼓橋「鶯橋」 や茶室の梅交軒に設けた舞台からの眺めは絶景ですので、ぜひ秋の北野天満宮を訪れてみてください!

おすすめの記事