防府天満宮御神幸祭2022の日程・時間や場所は?裸防・神輿やアクセスや駐車場は?
たびたびほうふ公式サイトより引用

山口県の防府天満宮御神幸祭2022(裸坊祭)の日程・時間や場所、裸防や神輿練り歩き等見どころ、アクセスや駐車場等気になりますよね。ここでは、防府天満宮御神幸祭の日程・時間や場所、裸坊や神輿練り歩き等見どころ、歴史や特徴、アクセスや駐車場について紹介します。

防府天満宮御神幸祭2022の開催日程・時間や場所は?

たびたびほうふ公式サイトより引用

2022年の「防府天満宮御神幸祭」は、以下の要領で開催されます。

防府天満宮御神幸祭 2022

開催日時■ 

2022年11月26日(土)

18:00~ ご発輦(ごはつれん)

21:00頃 ご帰還    

場所■ 

防府天満宮 山口県防府市松崎町14-1

お問い合わせ先 ■ 

防府天満宮 0835-23-7700

営業時間 8:30~17:00

URL:http://www.hofutenmangu.com

防府天満宮御神幸祭2022の歴史や特徴は?

たびたびほうふ公式サイトより引用

菅原道真といえば、「学問の神様」で有名ですよね。

私も受験生の時は、京都にある菅原道真をおまつりする北野天満宮を、すがる思いで ! 参拝したものです。

文武両面で類まれなる才能の持ち主であり、政治の中心でも活躍した菅原道真が、政略による左遷など、その生涯は波乱万丈だったことをご存知でしょうか。

平安時代、時の権力者である藤原氏により無実の罪を着せられ太宰府に左遷された菅原道真公

衣食もままならぬ厳しい生活を強いられながら、国家の平安や自身の潔白を祈りながらも、延喜3年(903年)失意のうちに薨去(こうきょ)されました。

道真公の身の潔白がもたらされたのは、死後100年も経った寛弘元年(1004年)。

当時の一条天皇の勅使が、菅原道真公最後の寄港地、防府に遣わされ、御霊を慰める祭典「勅使降祭」が斎行され、「無実の罪」を初めて天皇から奏上されたのです。

防府天満宮御神幸祭の始まりはこの勅使降祭で、菅原道真公に「無実の知らせ」を伝えるお祭りとして受け継がれてきた、防府天満宮の、とても重要な神事なのです。

防府天満宮御神幸祭2022の見どころは?裸坊や神輿等練り歩きは?

たびたびほうふ公式サイトより引用

防府天満宮の御神幸祭(ごしんこうさい)は、太宰府より防府に留まられた菅原道真公のお御霊に、毎年毎年「無実の知らせ」をお伝えし御心を慰めるため、防府の勝間の浦(かつまのうら)まで渡御する壮大なお祭りです。

なぜ天満宮の御殿ではなく、勝間の浦まで行くかというと、勝間の浦は、菅原道真公が「無実の知らせ」が届くことを切に願い続けた場所なのです。

御神幸祭は創始以来、大行司・小行司や限られた家柄の者だけに奉仕が許されました。

しかし、江戸時代後期の天神信仰の高まりと共に、奉仕を熱望する者が一般民衆の間にも現れ始めます。

彼らは、佐波川の冷水で身を清め、身の潔白を証明しそのままの姿で祭りに参加し、奉仕しました。

その姿から裸坊(らぼう)と呼ばれるようになり、御神幸祭のことを裸坊祭とも称します。

午後6時、拝殿正面の扉が開かれると、数百人の裸坊がいっせいに拝殿になだれ込み、「兄弟ワッショイ」の掛声に加え、裸坊らの体温で、殿内は熱気をおびます。

先頭神輿、第一神輿と順に神輿が担ぎ出され、1,000人もの裸坊がそれらを囲みます。

そして地響を立てながら、重さなんと500㎏の御網代輿(おあじろこし)が拝殿の階段を下り、参拝者の見守るなか、天満宮正面の58段の大石段を滑り降りるのです!

喚声と怒号、約5,000人の裸坊が乱舞する様はまさに壮絶!

熱気あふれるこのご発輦(ごはつれん)は、もう圧倒されるばかりです。

その後、御網代輿は台車に載せられ、御神幸の行列に加わり、防府天満宮より約2,5㎞はなれた勝間の浦のお旅所(浜殿)に到着。

浜殿神事において「無実の罪」を奏上し、道真公の御霊を慰めます

浜殿神事終了後、行列は防府市内を練り歩き、再び防府天満宮に戻るのですが、これがまたすごい。

最後の見どころです!

下から上まで全部で96段ある階段を、御網代輿500kgに台車500kg、合わせてなんと1トン!御網代輿台車裸坊の人力だけで押し上げ、一気に駆け上がります

想像がつかない重さですが、よいしょこらしょ、ではありません。

スピード感ある速さで駆け上がるのです。

これは圧巻…裸坊らの熱量には感服します。

午後9時過ぎにご帰還され、瑞々しく若返った道真公のお神霊を御神座にお遷し、御神幸祭は終了となります。

2022年で1019回続く御神幸祭 (裸坊祭)

歴史の中で、飢饉や悪天候もあったのではないでしょうか。

現在は、コロナ禍とあっても形をかえ途絶えることなく、祭りが継承されてきました。

菅原道真の御霊に「無実の知らせ」を伝えて心を鎮めるためとはいえ、平安から現代にまで続くこの神事。

私は、菅原道真の圧倒的な存在感と、裸坊らの湧き上がる情熱を感じずにはいられません。

Youtube配信も行われるそうですよ♪

こんな大迫力の裸坊や神輿等練り歩きの撮影には、スマホでも、広角・マクロレンズを装着すると、スマホだけより、もっともっと映える写真が撮れるんです♪

被写体にぐいっと近づいて臨場感あふれる写真を撮ったり、広がりのある風景写真を撮ったり。。。

スマホに簡単早着するだけで、1段レベルアップした写真を撮れること間違いなし♪

\今すぐスマホレンズをGETして、簡単・手軽に今より最高の写真を撮る/

防府天満宮御神幸祭2022のアクセスや駐車場は?

たびたびほうふ公式サイトより引用

防府天満宮

所在地:山口県防府市松崎町14-1

交通アクセス

◎電車の場合・・JR防府駅から徒歩約15分

バスの場合・・防府駅 天神口(北側)2番乗り場より
<阿弥陀寺>行バスにて防府天満宮下車(所要時間約5分)、徒歩3分

◎車の場合・・・高速道路(山陽自動車道)
広島方面⇨防府東インターチェンジから約10分
福岡方面⇨防府西インターチェンジから約10分

駐車場: 天神山公園駐車場500台(大型バスも駐車できます

駐車料金:無料

旅の予約は「楽天トラベル」がおススメ!超お得なクーポンやポイントがざくざく♪

旅・ホテルの予約は、やっぱり楽天トラベルがおススメです!

楽天トラベルを利用すると、楽天市場でお買い物する際にも、また、様々な実店舗でも使える「楽天ポイント」をざくざく貯められちゃいますよ。

旅行サイトは色々ありますが、楽天トラベルは、やっぱり安定の信頼感!

旅行するほど、お買い物するほどにお得なクーポンが貰えて、ポイントもざくざく貯まる楽天トラベル絶対のおススメです♪

まとめ:防府天満宮御神幸祭2022の日程・時間や場所は?裸防・神輿やアクセスや駐車場は?

ここでは、防府天満宮御神幸祭の日程・時間や場所、裸坊や神輿練り歩き等見どころ、歴史や特徴、アクセスや駐車場について紹介しました。

独特の雰囲気をもつ、防府天満宮御神幸祭の熱気に包まれてみてください!

おすすめの記事