びわ湖大津館イルミネーション2022の期間・時間やキッチンカーは?行き方や駐車場は?
びわ湖イルミネーション

滋賀県のびわ湖大津館イルミネーション2022-2023が開催され、期間や点灯時間、料金、キッチンカーの有無、行き方や駐車場等気になりますよね。ここでは、びわ湖大津館イルミネーション2022-2023の魅力や見どころ、開催期間やライトアップ時間、料金、キッチンカーの有無、魅力や見どころ、行き方(アクセス)や駐車場について紹介します。

びわ湖大津館イルミネーション2022の開催期間やライトアップ時間は?料金やキッチンカーの有無は?

びわ湖イルミネーション

びわ湖大津館2022イルミネーション「陸できらめく海の生き物たち」

びわ湖大津館イルミネーション2022の期間・時間・料金・キッチンカーの有無

開催期間:2022年12月1日~2023年2月14日 17:00~20:30 ※1月は1月1日~3日、土日祝のみ点灯

点灯時間:17:00~20:30 ※最終受付は20:00

料金:イングリッシュガーデン入園料:大人330円、小人160円

びわ湖大津館:入館無料

2021年はキッチンカーが出店していたようですが、2022年はキッチンカーの情報はなく、出店はないようです。

びわ湖大津館イルミネーションの行き方(アクセス)や駐車場は?

びわ湖イルミネーション

びわ湖大津館2022イルミネーション「陸できらめく海の生き物たち」

会場:びわ湖大津館 イングリッシュガーデン

住所:〒520-0022 滋賀県大津市柳が崎5番35号

電話:077-511-4187 (びわ湖大津館(9:00~19:30))

アクセス:

公共交通機関でのアクセス

JR大津京駅→徒歩15分。

京阪近江神宮前駅→徒歩15分。

R大津駅・京阪びわ湖浜大津駅→江若バス、バス停:柳が崎下車、徒歩3分

車でのアクセス

名神高速大津ICから県道558号経由6km10分

駐車場:170台 1時間220円 ※ガーデン入園の場合3時間まで無料

びわ湖大津館イルミネーションの魅力や見どころは?

びわ湖イルミネーション

滋賀県大津市の「びわ湖大津館」は、昭和の初期に誕生した国際観光ホテル「旧琵琶湖ホテル」本館として使用されていた建物で、多目的ホールや会議室、レストランなどを完備した文化施設として2002年に誕生しました。

旧琵琶湖ホテルは、昭和天皇や皇族も訪れた格式高いホテルであり、海外要人をもてなす迎賓館でもありました。

海外からは、西部劇の名俳優であるジョン・ウェインや、障がいを持つ人の教育に尽力したヘレン・ケラーなどが訪れ、また、小説家の川端康成もこのホテルの賓客の1人でした。

桃山様式を取り入れて建築された旧琵琶湖ホテル本館の建物は、和洋折衷のユニークなスタイルで、外観は和のスタイル、内装は洋風のスタイルという、独特の雰囲気があるのが特徴です。

旧琵琶湖ホテルが移転する際、大津市民の強い願いから、ホテルの建物は残され、耐震工事や修理をへて、新たに文化施設「びわ湖大津館」として生まれ変わったのです。

びわ湖大津館には、 約5900平方メートルの敷地をもつ、複数のゾーンにわかれたイングリッシュガーデンが隣接しています。

びわ湖大津館のイングリッシュガーデンには、バラの育成を専門に行うローズソムリエがいて、日本の品種だけでなく、海外の品種も多くそろえたありとあらゆる種類のバラが見られるスポットとしても知られています。

市民の憩いの場になっているびわ湖大津館は、通年、様々なイベントが行われますが、冬の風物詩が「びわ湖大津館イルミネーション」です。

2022年の「びわ湖大津館イルミネーション」は、「海の生き物」をテーマにした「陸できらめく海の生き物たち」です。

成安造形大学空間デザイン領域のプロジェクト授業の一つで、学生が制作を担当しています。

びわ湖大津館の共同管理者である琵琶湖汽船(大津市浜大津)と京阪園芸(大阪府枚方市)のコラボレーションで創り上げられる、15万球のイルミネーション!2022年はどんな仕上がりになっているのでしょうか♪

実際のイルミネーションの製作は、京阪園芸のアドバイスを元に、学生主体で作り上げました。

・グラベルガーデン 「アクアゲートで海の世界へ」

 サメが大きな口を開けており、飲み込まれていくところからスタートします。クラゲやイルカが、次のステージへと案内してくれます。

・ボーダーガーデン 「果てしない太平洋」

 広々とした空間が広がり、まさに大海原の太平洋を感じさせてくれます。クジラやカメが優雅に泳いでいますよ!

ノットガーデン 「深海の大ダコ」

 きれいに手入れされたバラのアーチを通り抜けて、最初に目に飛び込んでくるのは、大きな赤いタコです。あちこちからタコの足が飛び出ていますよ。

・ランドスケープガーデン 「熱帯海のパノラマ大水槽」

 たくさんの黄色い光が、にぎやかにイングリッシュガーデンを彩ります。小さい魚たちが集まって大きな魚を形作っており、元気と力強さを感じますね!

 池に映るリフレクションも見逃せないポイントです!

・ガゼボエリア 「神秘的なクラゲの館」

 イングリッシュガーデンの奥に、大きな白く輝くクラゲが待っています。写真撮影スポットとしてもいいかもしれませんね♪

ガーデン内の5つのゾーンごとに、それぞれのテーマが設けられ、海の生き物たちが陸の上で生き生きと光っています

大都会の洗練されたシャンパンカラーなどのイルミネーションも素敵ですが、趣あるクラシカルな旧琵琶湖ホテル本館に隣接されたイングリッシュガーデンを彩る幻想的でカラフルな光の森も、色々な想いを感じて感動的です。

夜は大変冷え込みますので、出来るだけ温かい服装で、ぜひお出かけくださいね!

注目は、軽量・薄手なのに、遠赤外線効果で、まるで岩盤浴みたいに、じんわりぽかぽかの蓄熱フェイクダウンのコート♪

お手頃価格で、シンプル、すっきり!

真冬にはインナーコートとしても使えるので、1枚持っていると、とっても便利ですよ♪

まとめ:びわ湖大津館イルミネーション2022の期間・時間やキッチンカーは?行き方や駐車場は?

ここでは、びわ湖大津館イルミネーション2022-2023の魅力や見どころ、2開催期間や点灯時間、料金、キッチンカーの有無、魅力や見どころ、行き方(アクセス)や駐車場について紹介しました。

イルミネーション期間中は、大津館建物もライトアップされ幻想的な光景が広がりますので、ぜひ訪れてみてください!

おすすめの記事