千葉神社初詣2023の参拝時間や屋台は?混雑状況や駐車場は?
千葉神社公式サイトより引用

千葉市の妙見本宮 千葉神社の2023年の初詣について、参拝時間や方法、屋台の出店、混雑状況や穴場時間、駐車場等気になりますよね。ここでは、千葉神社の初詣の2023年参拝時間や方法、屋台(露店)の出店、混雑状況や回避法、アクセスや駐車場、特徴やご利益、年末年始の催しについて紹介します。

千葉神社の初詣の2023年参拝時間や方法は?

千葉神社は千葉県内で、おすすめ初詣スポットに上位ランクインし、またパワースポットとしても有名な神社です。

◇基本情報

妙見本宮千葉神社

《住所》

千葉県千葉市中央区院内1-16-1

《お問合せ》

TEL:043-224-2211 千葉神社

《公式ホームページ》

妙見本宮千葉神社

千葉神社の初詣の参拝時間は下記の通りです

千葉神社 2023年初詣

【境内開閉時間】

・12月31日 6:00~1月1日21:00

・1月2日 6:00~20:00

・1月3日 6:00~19:30

・1月4日 6:00~18:30

※12月31日は閉門しません

【お札・お守り授与窓口】

・12月31日 8:45~18:00

・1月1日 0:00~20:40

・1月2日 7:00~19:40

・1月3日 7:00~19:10

・1月4日 7:30~18:10

【祈祷受付】

・12月31日 8:45~15:45

・1月1日 8:00~18:15

・1月2日 8:15~18:00

・1月3日 8:15~18:00

・1月4日 8:00~17:15

※事前に千葉神社の公式ホームページを確認してからお出かけくださいね。

千葉神社の本殿は、日本でただ一つの2階建ての建造物で上下階にそれぞれ拝殿があります。

星の神様をお祀りしていることから、2階の拝殿で参拝をすると願いが届きやすいのだそうです。

千葉神社の初詣の2023年屋台(露店)の出店は?

千葉神社の初詣の屋台(露店)の出店ですが、コロナ禍の影響を受けた2021年を除いて、毎年約30~40店ほど出店しています。

出店の期間は三が日メインで、場所も境内ではなく神社の隣の通町公園に屋台やキッチンカーが並びます。

営業時間も参拝時間にあわせている屋台がほとんどです。

参拝行列に並びながらの飲食はNGです!

甘酒やたこ焼き・フランクフルト・りんご飴のほかにもたくさん種類があり、また昔ながらの射的やお面のお店も出店して、屋台の活気にますます気分も上がると思いますよ♪

お汁粉もあるようですよ♪

千葉神社の初詣の2023年混雑状況や穴場時間は?

千葉神社はアクセスが非常に良く公共交通機関の最寄り駅から歩いて行けることもあり、初詣の期間は大混雑となります。

例年の初詣の三が日の混雑状況について調べてみたところ、大混雑する時間帯は下記の通りと予想されます。

〇1月1日

0:00~2:00・9:00~17:00

〇1月2日

9:00~17:00

〇1月3日

9:00~17:00

12月31日は、年越しを千葉神社で迎えようと大勢の方で賑わい、混雑が続きます。

※元朝祈祷は休止となります

三が日のピーク時の参拝の待ち時間は1~2時間はざらです…。

三が日でなるべく混雑に巻き込まれるのを避けたい方の穴場時間をまとめてみると…。

◎1月1日

早朝・18:00~21:00

◎1月2日

早朝・16:00以降

◎1月3日

早朝・16:00以降

以上の通りになりました。

ただ、三が日を過ぎても、1月前半の土日祝日はまだ混雑していて、参拝するのにかなり待ったという声もありました。

2月3日の節分までは通常より人出は多いでしょう。

また、もう一つの混雑回避の方法として千葉神社では、12月中に前倒しで参拝する「幸先詣(さいさきもうで)」を推奨しています。

「前倒しで参拝に行って、新年のお守りや縁起物は手に入るの?」と思いますよね?

千葉神社では、新年のお守りや縁起物の頒布や新年のご祈祷も12月15日から始まっています。

ただ、御朱印などの対応は変更されているのでご注意ください。

詳細はこちら

↓過去の画像です

初詣に行きたいけれど、あの人混みがどうしても耐えられないという方は都合が合えば「幸先詣」をしてみるのもよいのでは…?

この時期は終日、極寒と言われるほど寒さが厳しいと思うので、マフラーや手袋も忘れずに暖かい服装でお出かけくださいね。

千葉神社初詣2023のアクセスは?

それでは次に、千葉神社のアクセス・駐車場についてご案内しますね。

《電車を利用の方》

JR「東千葉駅」より徒歩約8分

JR「千葉駅」より徒歩約12分

京成電鉄「千葉中央駅」「千葉駅」より徒歩約10分

千葉都市モノレール1号線「葭川公園駅」より徒歩約6分

《車を利用の方》

京葉道路穴川ICより約4.5キロ(約10分)

千葉神社初詣2023の駐車場は?

《駐車場》

専用無料駐車場はなし

近隣に有料駐車場あり

千葉神社の徒歩圏内に約500台、徒歩10分圏内に約1000台

できるだけ車で行きたい!どうしても車で行く必要がある!という方にとっては、出来るだけ便利な場所で、安く停められる駐車場を探したいですよね!

イベント開始の時間がせまっているのに、渋滞や混雑で、なかなか駐車場がみつからない!

せっかく駐車場をみつけたのに、既に満車で停められない!

なんていうこと、よくありますよね。

みんな考えることは一緒、、、、なんて落ち込んだり、イライラしたりしないように、あらかじめ、近くの駐車場を予約しておく方法があります。

もう満車、満車で、うろうろ駐車場を探さなくても良いように、予約で確実に駐車しちゃいましょう。

【akippa(あきっぱ!)】や、パーキング予約なら特P(とくぴー)といった簡単に駐車場の予約ができちゃうサービスを使えば、空いている月極駐車場や、個人宅の駐車場などを格安で借りることができるんです。

周辺のコインパーキングの「相場の半額以下の駐車場」が見つけられたり、「スマホからカンタンに駐車場の予約」もできるので、お出かけ前に、是非チェックしてみてくださいね!

\スマホで簡単予約!/

\相場の半額以下の駐車場も一杯!/

千葉神社初詣2023の特徴やご利益は?年末年始催しは?

千葉神社は星の神様「妙見様」をお祀りし、厄除け・開運・八方除け学業合格祈願にご利益があると言われています。

「妙見様」は人の星(運命)・方位を司る神様として信仰され、道教・陰陽道・易学・九星気学・風水学ですべての守護能力を発揮すると伝えられています。

星の導きによるパワースポットとも言われているのですよ。

源頼朝や日蓮聖人にも崇拝されていました。

また、千葉神社では年末の神事として12月28日に焼納神事である「納めの妙見」が行われます。(17:00より)

忌火に向かい、参列者全員で一年間の罪・けがれを祓い除け、心身息災を願うもので、最後に焚き上げの残り火でお清めをします。

どなたでも参列ができます。

さらに、12月31日には「年越大祓式」が行われます。

一般参列は可能で、大祓詞は神職の方のみで奏上します。

※例年、1月3日に行われている千葉市鳶伝統文化保存会による「はしご乗り」休止となりました。

旅の予約は「楽天トラベル」がおススメ!超お得なクーポンやポイントがざくざく♪

旅・ホテルの予約は、やっぱり楽天トラベルがおススメです!

楽天トラベルを利用すると、楽天市場でお買い物する際にも、また、様々な実店舗でも使える「楽天ポイント」をざくざく貯められちゃいますよ。

旅行サイトは色々ありますが、楽天トラベルは、やっぱり安定の信頼感!

旅行するほど、お買い物するほどにお得なクーポンが貰えて、ポイントもざくざく貯まる楽天トラベル絶対のおススメです♪

まとめ:千葉神社初詣2023の参拝時間や屋台は?混雑状況や駐車場は?

ここでは、千葉神社の初詣の2023年参拝時間や方法、屋台(露店)の出店、混雑状況や回避法、アクセスや駐車場、特徴やご利益、年末年始の催しについて紹介しました。

毎年三が日に約70万人の方々が関東一円より参詣する千葉神社で、2023年のご利益を祈願しましょう! 

おすすめの記事