筥崎宮初詣2023の時間や屋台・出店は?混雑状況や駐車場は?
筥崎宮の初詣

福岡の筥崎宮初詣の2023年初詣について、参拝日程・時間、分散参拝、屋台の出店、混雑状況、駐車場等気になりますよね。ここでは、筥崎宮の初詣の2023年参拝日程・時間、分散参拝、屋台(露店)の出店、混雑状況や回避法、アクセスや駐車場、特徴やご利益について紹介します。

筥崎宮の初詣の2023年参拝日程や時間は?分散参拝は?

福岡県福岡市にある「筥崎宮(はこざきぐう)」は、例年、50万人もの参拝者が訪れる人気の初詣スポット

まずは気になる2023年の参拝日程や分散参拝の情報から紹介していきますね。

〈2023年初詣参拝日程と参拝時間〉

1月1日(土) 0:00~1月2日(日)21:00

1月3日(月) 6:00~21:00

1月4日(火)以降 6:00~19:00

〈分散参拝情報〉

お正月の1月1日~3日の間は、密を避けるために、分散参拝のお願いが出ております。

予定されている方は、分散参拝とマスク着用、咳エチケットを守り、参拝お願いします。

〈御守・御札・縁起物等授与時間〉

12月31日(金) 8:30~17:00

1月1日(土) 0:00~1月2日(日)20:30

1月3日(月) 8:30~20:30

1月4日(火)以降 8:30~17:30

〈年頭祈願祭時間〉

1月1日(土) 0:00~17:30

1月2日(日)~6日(木) 7:00~17:30

1月7日(金)以降 8:30~16:30

元旦当日には、0:00よりとても多くの参拝者が初詣に訪れます。

参拝に行かれる方は是非暖かい服装で、素敵な2023年のはじまりを迎えて下さいね。

注目は、軽量・薄手なのに、遠赤外線効果で、まるで岩盤浴みたいに、じんわりぽかぽかの蓄熱フェイクダウンのコート♪

お手頃価格で、シンプル、すっきり!

真冬にはインナーコートとしても使えるので、1枚持っていると、とっても便利です♪

筥崎宮の初詣の2023年屋台(露店)の出店は?

初詣の楽しみの1つでもある屋台ですが、2023年度の出店状況を紹介します。

小さなお子さんから大人まで良い香りのする屋台につられて、ついつい足が止まっちゃいますね。

まず日程ですが、筥崎宮では12月31日(金)の大晦日23:00から、1月7日(金)まで屋台の出店が予定。

特に大晦日には、元旦にかけて一晩中屋台を楽しむことができます。

屋台の数は、例年、約120店舗!!

多くのお店が参道に並ぶので、食べ物や飲み物などほとんどの種類のお店はありそうです。

ただこれだけはおすすめしたい、筥崎宮名物が「社日餅(やきもち)」

お店には「筥崎さんちのやきもち」と記載してあるのでわかりやすいですよ。

「社日餅」は2種類で、白餅とよもぎ餅の2種類で中身は粒あんです。

商品は温かいのでひと口食べれば、体も温まりますね。

他にも「モツ焼き」や「トウモロコシ」に「とんこつラーメン」などで、屋台で食べれば雰囲気も出てより楽しめますね。

食べ物以外にも「くじびき」や「射的」など、大人も童心に帰ってしまいます。

ただし1月1日から3日までは特に大勢の人で、人気店などは長蛇の列が。

ゆっくり楽しみたいかたは、1月4日以降の方が、少しは参拝客も落ち着いてくるようですよ。

筥崎宮の初詣の2023年混雑状況や回避法は?

「初詣に行きたいけど混雑はちょっと」という方も多いのでは。

そこで、続いては、筥崎宮初詣の混雑状況と回避法を紹介します!

例年の混雑状況からみると、一番混雑が予想されるのがまず「12月31日の23:00ごろから1月1日の3:00ごろ」まで。

この時間帯は他の神社と同じで、新年を神社で迎えたい方で混雑しています。

また元日は、お昼過ぎから訪れる方も多く、午後も混みあいそう。

次に多くの人が訪れるのが1月3日

これは、筥崎宮特有でこの日は「玉取祭(玉せせり)」が行われ、約5万人ほどの参拝客が予想されます。

まとめると、特に混雑が予想されるのが、「12月31日の23:00ごろから1月1日の3:00ごろ」と「1月1日の午後」に「玉取祭が行われる1月3日の午後」。人ごみが苦手な方はこの時間帯は避けたいですね。

筥崎宮 2023年初詣混雑予想

1.12月31日の23:00ごろから1月1日の3:00ごろ

2.1月1日の午後

3.玉取祭が行われる1月3日の午後

次に回避法と呼べるかは分かりませんが、少しは人出が落ち着いている時間帯です。

これは先ほどの混雑予想の空いた時間で「1月1日の早朝と夕方」「1月2日」「1月3日の早朝と夕方」

特に1月2日は穴場で、混雑日と比べると落ち着いて参拝できそうです。

参拝に行かれる方は早めの移動はもちろんですが、事前にSNSなどで情報確認するのもおすすめ。

また多くの人で混雑が予想されますので、特に小さいお子さんのいる家庭などお怪我のないよう、安全に幸せに新年を迎えて下さいね!

筥崎宮の初詣2023のアクセスは?

ここでは筥崎宮のアクセスと駐車場情報を紹介しますね。

〈アクセス〉 筥崎宮

       福岡市東区箱崎1-22-1

〈電車の方〉

JR鹿児島本線「箱崎駅」下車後、徒歩約8分

福岡市営地下鉄「箱崎宮前駅」下車後、1番出口より徒歩約3分

〈バスの方〉

西鉄バス「箱崎」下車後、徒歩約3分

JR九州バス「箱崎1丁目」下車後、徒歩約2分

筥崎宮の初詣2023の駐車場は?

〈駐車場〉

お正月の期間中は「宮前駐車場」「外苑駐車場」以外にも「特別駐車場」が準備されます。

ただし期間中は交通規制も行われるので、参拝に行かれる方は十分注意をお願いしますね。

交通規制の詳細はこちら、公式ホームページよりどうぞ。

筥崎宮公式サイトより引用

筥崎宮の初詣2023の特徴やご利益は?

福岡県福岡市にある筥崎宮(はこざきぐう)「筥崎八幡宮」とも称し、「大分の宇佐神宮」「京都の石清水八幡宮」とならんで日本三大八幡宮に数えられる由緒ある神社です。

御祭神には「応神天皇(第十五代天皇)」を主祭神として、「神功皇后」「玉依姫命」が、お祀りされています。

創建の時期も古く、正確にはわかっていませんが、おそらく平安時代中頃ではないかといわれています。

筥崎宮には「勝運」の御利益があるといわれ数々の武将が参拝に訪れ、現在はスポーツ選手などが御利益を願っています。

また筥崎宮は一年を通してお花を楽しめることで有名。

春は「春ぼたん」や「シャクヤク」、夏には「あじさい」や「ユリ」、秋は「紅葉」、そして冬には「冬ぼたん」など季節を彩っています。

年中多くの参拝客が訪れていますが、特にお正月の1月3日に行われる「玉取祭(玉せせり)」にはおよそ5万人もの参拝客が。

触れれば幸運を授かるといわれる木製の玉をめぐり、競り子達が激しい争奪戦を繰り広げます。

初詣を筥崎宮で予定されている方は、是非「玉取祭(玉せせり)」の迫力を肌で感じてほしいです。そして「勝運」の御利益を願い、最高の2023年をスタートしたいですね。

まとめ:筥崎宮初詣2023の時間や屋台・出店は?混雑状況や駐車場は?

ここでは、筥崎宮の初詣の2023年参拝日程・時間、分散参拝、屋台(露店)の出店、混雑状況や回避法、アクセスや駐車場、特徴やご利益について紹介しました。

厄除けや勝負事の神様としてとても有名な筥崎宮で、2023年のご利益を祈願しましょう!

おすすめの記事