桂浜初日の出2023の時間や場所・スポットは?駐車場やアクセスや渋滞は?
桂浜の初日の出

高知県の桂浜の2023年初日の出は人気ですが、日の出時間(時刻)、おすすめの場所・スポット、駐車場や車でのアクセス等気になりますよね。ここでは、桂浜の初日の出2023の時間(時刻)、おすすめの場所・スポット、駐車場、車での渋滞・アクセス、魅力や見どころについて紹介します!

桂浜の初日の出2023の時間(時刻)は?

幕末の志士坂本龍馬が最も愛した高知県高知市桂浜で、雄大な太平洋から昇る2023年の初日の出を眺めて、新年をスタートしましょう!

桂浜初日の出2023の時間(時刻)については、午前7時9分頃です。

桂浜の初日の出2023

日の出時間2023年 1月1日 7時9 分頃
所在地高知市 桂浜公園
高知県高知市浦戸
お問い合わせ先桂浜公園管理事務所
TEL: 088-841-4140
公式HPhttps://katsurahama-park.com/
桂浜公園 - 高知市公式ホームページ (city.kochi.kochi.jp)

桂浜の初日の出2023のおすすめの場所・スポットは?

桂浜の初日の出

桂浜の初日の出のおすすめの場所・穴場スポットといえば、高知民謡「よさこい」で歌詞の中に「月の名所の桂浜」に歌われている雄大な太平洋に面した「桂浜公園」です。

桂浜公園内の見どころは、昭和3年5月27日に地元の青年の募金活動で建てられた幕末の志士坂本龍馬の銅像!

この坂本龍馬の銅像の大きさは、本体は5メートル30センチ、台座を含めると13メートル48センチで日本最大級の銅像といわれています。

敷地内にある坂本龍馬記念館は、本館と新館に分かれています。

本館は、幕末の時代背景や龍馬の写真や映像、イラストを使用して坂本龍馬を学べる体験型展示となっていて、大きく突き出た2階の「海の見えるギャラリー」では、数ヶ月ごとに龍馬ゆかりの展示物が数ヶ月単位で行われています。

新館は、重要文化財や展示龍馬ゆかりの書物などが数多くの展示がされています。

そのほかには、子供連れに喜ばれる桂浜水族館、写真撮影をするには太平洋の素晴らしい写真が撮れると人気のある龍王岬などの観光施設があり、坂本龍馬と新年を迎えたいという方が全国から多く集まる人気スポットです。

また、桂浜付近で、美しい初日の出が見られると穴場スポットとして、「花街道」が近年人気です。

県道14号(春野赤岡線)の桂浜の西から宇佐方面に約2.7kmに、綺麗な花が植えられた花壇が続く「桂浜花街道」は、休憩所や台場がところどころにもうけてあり、多くの人で大混雑する「桂浜公園」をさけて、ゆったりと初日の出を見たい人に人気ですよ♪

桂浜の初日の出2023の駐車場は?

桂浜の初日の出は、大変人気があり、県外からも大型のキャンピングカー等で訪れる人も!

そのため、桂浜公園の500台駐車できる駐車場はすぐに満車となります。

桂浜公園で初日の出を見るため、駐車場の利用を予定している方は、大晦日のうちに駐車場に入ることをおすすめします!

〇桂浜駐車場

住所:高知県高知市浦戸桂浜

駐車台数 500台

料金 小型・軽自動車 400円

バス      800円

〇坂本龍馬記念館駐車場

住所:高知県高知市浦戸城山830番地

料金:無料

駐車場から桂浜公園まで遊歩道の「椿の小道」を歩きますが途中に急な階段や坂道などがあり、時間も10分以上かかりますので、歩きに自信のある方におすすめです!

駐車台数: 普通車 42台
      バス   4台

〇黒潮ライン無料駐車場

住所: 高知県高知市浦戸

駐車場から桂浜の中心まで10分かかり、途中坂もあるので、体力に自信のある人向けです。

駐車台数 20台

料金:無料

高知とはいえ、初日の出を待つ間、寒さや風に耐えられるよう、防寒対策をしっかりして、出来るだけ温かい服装で、お出かけくださいね。

大切なのは、吸湿発熱効果のあるインナーをしっかり着込むこと。

そして、スマホ対応の手袋をしっかりして、手元を温かくすることです♪

桂浜の初日の出2023の車のアクセスは?渋滞は?

桂浜公園へのアクセス方法についてご紹介します!

◎中国、近畿、髙松方面から桂浜公園に向かう方法

高知自動車道高知インターチェンジ出口料金所→2分岐の左車線(桂浜・伍台山)→県道44号線→県道376号線→高知新港前の信号を右折→黒潮ライン(14号)→浦戸大橋を渡り左折→桂浜公園

◎はりまや橋方面から桂浜公園に向かう方法

国道32号線 東方面→屑橋4丁目→高須新町1丁目右折→高知新港前の信号を右折→黒潮ライン(14号)→浦戸大橋を渡り左折→桂浜公園

桂浜の初日の出を見るために、例年、県外からも多くの観光客が訪れます。

例年、大晦日の夕方は、駐車場近くの道路もスムーズに流れていますが、年が明けて、元日1月1日の午前1時頃から駐車場は混み始め午前3時半頃には満車状態となります。

周辺の道路は、午前6時頃には車も動かないぐらいの大渋滞が予想されますので、大晦日から車中泊するか、高知市内のホテルで1泊して、混みあう前にホテルを出発するか、出来るだけ早め早めの行動がおススメです。

桂浜の初日の出2023の魅力や見どころは?

桂浜の初日の出の魅力といえば、雄大な太平洋に面した「桂浜公園」で、公園内にある日本の未来を考えて海の向こうを見ている坂本龍馬像と一緒に初日の出が見られるところです♪

2021年2月7日に、静岡県磐田市と高知市で見られた、太平洋の水平線からゆっくりと昇ってくる太陽が海面近くでくびれてまるでお餅が膨らんで見える「だるま朝日」を見ることが出来るか、期待したいところですね!

まとめ:桂浜初日の出2023の時間や場所・スポットは?駐車場やアクセスや渋滞は?

ここでは、桂浜の初日の出2023の時間(時刻)、おすすめの場所・スポット、駐車場、車での渋滞・アクセス、魅力や見どころについて紹介しました。

本龍馬の銅像があることで知られている、高知市の名勝地・桂浜で、水平線に昇る雄大な初日の出をのぞみましょう!

おすすめの記事