豊川稲荷初詣2023の時間や屋台・出店は?混雑状況や駐車場は?
豊川稲荷の初詣

愛知県の豊川稲荷の2023年初詣について、参拝期間や時間、屋台の出店、混雑状況や回避法、アクセスや駐車場、ご利益等気になりますよね。ここでは、豊川稲荷の初詣の2023年参拝期間や時間、屋台(露店)の出店の場所や内容、混雑状況や回避法、アクセスや駐車場、特徴やご利益について紹介します。

豊川稲荷の初詣の2023年参拝期間や時間は?

豊川稲荷の初詣

愛知県豊川市にある「豊川稲荷」2023年の初詣の開門時間と閉門時間は、下記の通りです。

豊川稲荷 2023年初詣 参拝時間

12月31日  6:30~20:00 23:45~

1月1日~5日 ~21:00

1月6日7日  5:00~21:00

1月8日~   5:00~21:00

元日以外は深夜参拝できないようになっているのでご注意ください。

参拝時間には変更があるかもしれないので、お出掛け前に再度豊川稲荷の公式サイトにて再度ご確認くださいね。

最近では、三が日を三カ月として参拝する分散参拝も呼びかけられています。

豊川稲荷の初詣の2023年屋台(露店)の出店は?場所や内容は?

屋台(露店)

例年、豊川稲荷の初詣時期には、境内参道に140店舗にものぼる屋台が出店されます。

また参道の屋台だけでなく、正門までの商店街通りも賑わっています。

しかし新型コロナウィルス感染症対策として、ここ2年は、境内ではなく、大駐車場と臨時駐車場に出店されていました。

また境内での飲食は禁止、原則持ち帰りとなっていました。

とは言え、140店舗の屋台!!どんな屋台があるか楽しみですね♪

イカ焼きやフランクフルト、りんご飴やチョコバナナなど、定番の屋台グルメが数多く並びます。

豊川稲荷ならではのメニューとして、三色いなりやいなりバーガー、しあわせ大福などもあるようです。

屋台の出店時間は公式発表されていませんが、例年、大晦日から1月10日あたりまでは出店しています。

他のお寺や神社の初詣で出店している屋台よりも長い期間出店しているのも嬉しいですね♪

今年の詳しい出店場所は分かりません、ぜひ初詣と一緒に屋台も楽しんでみてください。

豊川稲荷の初詣の2023年混雑状況や時間は?回避法は?

豊川稲荷の初詣

豊川稲荷では、正月の三が日だけで約150万人もの参拝客が訪れます。

そのため元日~5日までは、豊川稲荷周辺と門前通りが歩行者天国になるほどです。

混雑状況としては、例年総門が再び開門される23:45~3:00までが最も混みあいます。

この時間帯は前に進むのもやっとなほどです。

元日は早朝にかけては少し混雑も緩和されますが、その後、9:00~は1日中大混雑です。

また三が日はお参りをするのにも1時間待ちも予想されるため、暖かい格好でお出掛けください。

少しでも混雑を避けたい方は、早朝もしくは18:00以降の行かれることをおすすめします。

「朝早いのはキツイ~」と思われる方もいるかもしれませんが、冬の朝の空気はピンと張りつめており、普段とは違った雰囲気の中での参拝も気持ちがいいかもしれませんね。

防寒対策をしっかりして、必ず温かい服装でお出かけくださいね。

手元、首元を温めると、風邪を引きづらいと言われていますので、おススメは、スマホ対応の手袋です♪

豊川稲荷の初詣2023のアクセスは?

豊川稲荷の初詣

豊川稲荷へのアクセス方法は下記の通りです。

JR東海道新幹線・東海道本線 豊橋駅下車後、JR飯田線に乗り換え、豊川駅より徒歩約5分です。

もしくは名鉄本線 名古屋駅より国府駅乗り換え、名鉄豊川線 豊川稲荷駅より徒歩約5分です。

車の場合東名高速道路 豊川ICより約10分です。

豊川ICより大渋滞に巻き込まれる可能性もあるので、時間には余裕を持ってお出かけされることをおすすめします。

豊川稲荷の初詣2023の駐車場は?

豊川稲荷では初詣の参拝客のため、大駐車場と臨時駐車が準備され、約600台の駐車が可能です。

利用料金は普通自動車1台につき600円です。

臨時駐車場も豊川稲荷より近い、徒歩約2分の場所にあるのも嬉しいですね。

なお大晦日から1月9日にかけて、大規模な交通規制がかかります。

規制時間は全般交通規制では12月31日21:00~1月1日5:00、1月1日~1月3日9:00~18:00です。

一部交通規制では、豊川稲荷総門前が1月7日~1月9日10:00~17:00でかかりますので、案内には十分注意してください。

詳しい交通規制については、豊川稲荷の公式サイトをご確認ください。

できるだけ車で行きたい!どうしても車で行く必要がある!という方にとっては、出来るだけ便利な場所で、安く停められる駐車場を探したいですよね!

イベント開始の時間がせまっているのに、渋滞や混雑で、なかなか駐車場がみつからない!

せっかく駐車場をみつけたのに、既に満車で停められない!

なんていうこと、よくありますよね。

みんな考えることは一緒、、、、なんて落ち込んだり、イライラしたりしないように、あらかじめ、近くの駐車場を予約しておく方法があります。

もう満車、満車で、うろうろ駐車場を探さなくても良いように、予約で確実に駐車しちゃいましょう。

【akippa(あきっぱ!)】や、パーキング予約なら特P(とくぴー)といった簡単に駐車場の予約ができちゃうサービスを使えば、空いている月極駐車場や、個人宅の駐車場などを格安で借りることができるんです。

周辺のコインパーキングの「相場の半額以下の駐車場」が見つけられたり、「スマホからカンタンに駐車場の予約」もできるので、お出かけ前に、是非チェックしてみてくださいね!

\スマホで簡単予約!/

\相場の半額以下の駐車場も一杯!/

豊川稲荷の初詣の特徴やご利益は?

豊川稲荷の初詣

愛知県豊川市にある豊川稲荷は、室町時代に創建された曹洞宗のお寺で、正式名称は妙厳寺です。

豊川稲荷という通称は、お寺の鎮守として祀られている豊川吒枳尼真天(だきにしんてん)という天女様が、白い狐に乗って稲穂を担いでいる姿からそう呼ばれるようになったそうです。

そのため豊川稲荷は、狛犬ではなく、狛狐が鳥居の前に立っています。

霊狐塚と呼ばれる「願いを叶えた人」が奉納していった1,000体以上にも及ぶ狐像は、パワースポットとしても人気を集めています。

豊川稲荷商売繁盛・家内安全・交通安全などのご利益があり、日本三大稲荷の一つとしても有名です。

また金運や子宝など色々などのご利益があり、幅広い方が参拝しやすいお寺となっています。

まとめ:豊川稲荷初詣2023の時間や屋台・出店は?混雑状況や駐車場は?

ここでは、豊川稲荷の初詣の2023年参拝期間や時間、屋台(露店)の出店の場所や内容、混雑状況や回避法、アクセスや駐車場、特徴やご利益について紹介しました。

商売繁盛のご利益で全国的に知られる豊川稲荷で、2023年がすばらしい年になることを祈願しましょう!

おすすめの記事