川崎大師初詣2023の混雑状況や屋台は?参拝時間や駐車場やアクセスは?
川崎大師の初詣

神奈川県の川崎大師の2023年初詣について、参拝時間、混雑状況や時間帯、屋台(露店)の出店、駐車場や各セス、ご利益等気になりますよね。ここでは、川崎大師の初詣の2023年参拝時間や期間、混雑状況や混雑時間や回避法、屋台(露店)の出店、駐車場やアクセス、ご利益や特徴について紹介します。

川崎大師の初詣の2023年混雑状況や混雑時間は?回避法は?

川崎大師の初詣

川崎大師は、初詣ランキング全国第3位という参拝客が訪れるお寺で、特に、大晦日のカウントダウンをはじめ、お正月三が日には、約300万人もの人がお参りに訪れます。

そのため、三が日に川崎大師を訪れる場合、混雑を回避するのはとても難しく、時には、お参りするのに2時間以上待つこともありえます。

確実に混雑を回避する方法は難しいのですが、例年の状況から、混雑のピークは大体わかるので、その時間をはずすだけで多少は待ち時間を少なくできるでしょう。

まず、一番の混雑のピークは、大晦日12月31日23:00~1月1日03:00頃までです。

元日の午前3時~8時頃までは少し人出は減りますが、その後再び次の混雑ピークとなり、元日は終日混雑すると予想されます。

この混雑のピークにあたると、表参道より大山門を通って大本堂で参拝するまでの平均的な所要時間は、だいたい2時間と覚悟しましょう。

1月2日と3日のピーク時間は、午前8時~午後3時頃までで、特に午前11時~午後1時頃の時間帯が一番混雑するでしょう。

元日よりは少し人出は減りますが、それでもピーク時の待ち時間は、30分~1時間はかかりそうです。

1月4日以降になると、参拝客はぐんと減り、一番混みあう午前11時~午後1時頃を外せば、例年、ほぼ待ち時間なしで参拝できます。

本当に混雑を避けたい場合は、1月11日(水)以降がおすすめです。

待ち時間が長くても、やっぱり大晦日からのカウントダウンや、元日の高揚した雰囲気のなかでの初詣も楽しいですよね!

防寒対策をしっかりし、出来るだけ温かい服装で出かけ、素晴らしい新年の幕開けをお迎えください!

川崎大師の初詣の2023年屋台(露店)の出店は?

川崎大師の初詣

川崎大使では例年、仲見世通り、表参道、境内と、 たこ焼き、お好み焼き、もつ煮込み、じゃがバター、唐揚げ、フランクフルト、イカ焼きなど、多数の飲食の出店でにぎわいます。

2023年も例年通り出店されると思われます!

基本的には、営業時間は10:00頃から20:00頃までで、一部の屋台は深夜まで営業されます。

屋台のほかにも、仲見世通りは、12月31日の23時頃から営業する店舗が多いです。

href="https://

また、1月2日以降も10:00頃より22:00頃まで営業しているお店が多いのが特徴です。

一部のお店は早朝参拝客のために朝早くから甘酒やおでん、お土産を販売しているお店もあります。

おすすめは、痰切り飴という咳止めの飴です。

トントントンとリズミカルで小気味良い包丁の音を立てながら、手早く飴を切っていく店頭販売は、川崎大師の名物ともいえるものです。

ほかにもあんず飴やベッコウ飴、おみくじ飴、長寿飴、人形飴などたくさんの種類の飴がありますよ。

2023年の露店の出店、仲見世通りの営業については、例年より少なかったり、時間が短縮されたり、中止になる可能性もありますので、ご注意くださいね。

また、川崎大師近くのまんぢう専門店「みかど」の揚げまんは絶品ですよ♪

川崎大師の初詣の2023年参拝時間や期間は?

川崎大師の初詣

川崎大師の初詣の2023年参拝時間や期間は、以下の通りです。

川崎大師の初詣の2023年参拝時間や期間

参拝時間:大本堂開扉時間

参拝は24時間可能ですが、大本堂の開門時間は決まっています。

12月31日(大晦日):6:00~終日開門

1月1日:~20:30

1月2日、3日:6:00~19:00

1月4日~7日:6:00~18:30

元朝大護摩供(がんちょうおおごまく)時間

1月1日:0:00、2:30、4:00、5:30、7:00、8:30、10:00、11:00、12時~18時の間1時間毎

1月2日、3日:6:30、8:30、10:00、11:00、12時~18時の間の1時間毎

※1年間お世話になったお札・お守りのお納めは郵送でも受け付けています。

※お護摩札や自動車交通安全祈祷札は、郵送でも受け付けています。

詳細は、公式サイトよりご確認ください!

川崎大師の初詣2023の駐車場は?

駐車場(川崎大使平間寺):普通乗用車 100台 無料

駐車場(自動車交通安全祈願祷殿ご信徒専用):普通乗用車 700台 無料

   利用時間:8:00~17:00

     ※ 12/31:終日
     ※ 1/1:~19:30
     ※ 1/2と1/3:5:00~19:30
     ※ 1/4~1/9:5:30~18:00
     ※ 1/14~2/12までの土曜・日曜:7:00~18:00
     ※ 1/20:8:00~20:00
     ※ 1/21と2/3:5:00~18:00

川崎大師の初詣2023のアクセスは?

川崎大師の初詣

大本山川崎大師平間寺

住所:〒210-8521 川崎市川崎区大師町4-48

電話:044-266-3420 (午前9時~午後4時)

アクセス:

公共交通機関でのアクセス

京急川崎駅より大師線に乗り換え、川崎大師駅下車、徒歩8分

JR川崎駅東口バス乗り場7番・川崎鶴見臨港バス[川23系統]大師行き=>大師バス停下車、徒歩8分

車でのアクセス

12月31日から1月3日にかけて、川崎大使駅前や川崎大使平間寺周囲等、交通規制や歩行者専用道路となる等の規制が行われます。出来るだけ、公共交通機関のご利用をお願いいたします。

首都高速・横羽線、大師出口から約5分(大師出口下りてすぐの「大師河原」交差点を右折)

首都高速・横羽線・川崎線、大師出口から約1分(大師出口下りてすぐの信号を右折)

川崎大師の初詣のご利益や特徴は?

川崎大師の初詣

「厄除けのお大師さま」として古くから親しまれている、神奈川県川崎市にある「川崎大師」の正式名称は「金剛山 金乗院 平間寺(こんごうさん きんじょういん へいけんじ)」です。

川崎大師は、真言宗の智山派三大本山のひとつで、大治3年(1128)に開創され、もろもろの災厄をことごとく取り除く厄除弘法大師をご本尊としていることから、関東で厄除けと言えば、川崎大師を思い浮かべる人は多いのではないでしょうか。

川崎大師は、初詣ランキングで、明治神宮、成田山新勝寺についで全国第3位、神奈川県では第1位の参拝客数がある大人気のお寺です。

「明治神宮初詣2023の混雑状況や屋台は?参拝時間や駐車場や交通規制は?」

「成田山新勝寺初詣2023の混雑状況や時間は?駐車場やアクセスは?

最寄りの京急・川崎大師駅から表参道、仲見世を通り抜けると、大山門が見え、川崎大師に到着します。

境内には荘厳な造りの大本堂や、高さ31.5mの八角五重塔があります。

川崎大師の初詣

日本国内でも屋根が八角系に重なる五重塔はとても珍しく、希少な歴史的建造物です。

朱色に輝く八角五重塔は高く美しく、素敵な写真が撮れるフォトスポットでもありますので、川崎大師の初詣では、ぜひ「八角五重塔」を見逃さないでくださいね!

大本堂で行われる毎日のお護摩修行は、厄除け・家内安全などの祈祷を受ける人が大勢訪れ、日ごろから賑わいます。

川崎大師は、厄除けで知られていますが、そのほかにもご利益は、商売繁昌、交通安全、家内安全、健康長寿、無病息災など多岐にわたっています。

女性に特に人気なのが、境内にある「しょうづかの婆」の像です。

三途の川の死者の衣服をはぎ取る奪衣婆の像で、お参りをすると容姿や心を美しくしてくれると言われています。

また、川崎大師には「大本堂(だいほんどう)」「不動堂(ふどうどう)」「薬師殿(やくしでん)」「自動車交通安全祈祷殿(じどうしゃこうつうあんぜんきとうでん)」4つの御堂で、それぞれ違った4種類の御朱印をいただくことができます。

御朱印好きの方は、ぜひチェックしてみてくださいね!

まとめ:川崎大師初詣2023の混雑状況や屋台は?参拝時間や駐車場やアクセスは?

ここでは、川崎大師の初詣の2023年参拝時間や期間、屋台(露店)の出店、混雑状況や混雑時間や回避法、アクセスや駐車場、ご利益や特徴について紹介しました。

川崎大師の初詣で、厄払いや癒し、願望成就なども祈願し、2023年をすばらしい年にしましょう!

おすすめの記事