北海道神宮初詣2023の屋台や混雑状況は?参拝時間や駐車場やアクセスは?
北海道神宮の初詣

札幌市の北海道神宮の2023年初詣について、参拝時間や期間、屋台の出店有無、混雑状況や時間帯、駐車場やアクセス、ご利益等気になりますよね。ここでは、北海道神宮の初詣の2023年参拝時間や期間、屋台(露店)出店の有無、混雑状況や混雑時間や回避法、アクセスや駐車場、ご利益や特徴について紹介します。

北海道神宮の初詣の2023年参拝時間や期間は?ご祈祷受付時間は?

北海道神宮の初詣

北海道神宮は24時間参拝することはできず、参拝時間が決まっています。

北海道神宮の初詣の2023年参拝時間や期間・ご祈祷受付時間

北海道神宮正月期間の参拝時間

2022年12月31日(土) 7:00~16:00

2023年1月1日(日)  0:00~19:00

2023年1月2日(月祝)、3日(火) 6:00~18:00

2023年1月4日(水)~7日(土)   6:00~18:00

2023年1月8日(日)~ 31日(火) 7:00~16:00

手水舎は1月1日~4日まで閉鎖となります。

北海道神宮正月期間の祈祷時間

2022年12月31日(土) 9:00~閉門

2023年1月1日(日) 00:00~閉門 

2023年1月2日(月祝)、3日(火) 6:30~閉門

2023年4日(水)~7日(土) 7:00~閉門

元旦の場合は、午前0時に開門されて参拝可能になり、0時から新年祈祷(家内安全や厄払い)の受付が開始です。

開門から長い時間祈祷や参拝が可能なので、年越しを北海道神宮で過ごすという人も多くいますが、大晦日の31日は16時で閉門です。

北海道神宮の初詣の2022年屋台(露店)の出店の有無は?

屋台(露店)

例年、初詣のときはたくさんの屋台が出て賑わっていますが、2023年は屋台(露店)の出店はありません。

北海道神宮の初詣に関する特設サイトによれば、”露天商の出店を中止致します。”との記述がありました。

北海道神宮の初詣

例年、北海道神宮の初詣の屋台(露店)では、甘酒、おでん、お好み焼き、たこ焼き、イカ焼き、焼きそば、フランクフルトや豚まんなど色々楽しめていましたが、来年以降に期待しましょう!

少し寂しい気もしますが、初詣を安心して行うための苦渋の措置として、参拝する際にはご協力をお願いいたします。

状況により、内容の変更の可能性もありますのでご注意ください。

北海道神宮内には、北海道を代表する銘菓「六花亭」(12月31日~1月3日、9:00~17:00)があり、「判官さま」という名物のお菓子があり、大人気です。

北海道神宮の初詣

とても美味しいので、ぜひ試してみてください!

また、北海道神宮周辺の円山には、六花亭のカフェもあり、こちらもおすすめですよ♪

北海道神宮の初詣の2023年混雑状況や混雑時間は?回避法は?

北海道神宮の初詣

北海道神宮は北海道内で初詣で一番人が集まる神社で、例年一番混雑するのが、年越直後です。

毎年約80万人もの初詣客がくる北海道神宮ですが、一番混むときはやはり元旦で、元日開門の時間間近となると長蛇の列となります。

北海道神宮では大晦日の12月31日に閉門して、元日の1月1日の0時まで閉門しているため0時に入れるように多くの人が並んでいます。

そのためしっかりと防寒対策が必要になります。

元旦1日は0時から19時まで開門しているので、年越直後の参拝が落ち着いた早朝や閉門の1時間くらい前が比較的スムーズに参拝することができます。

1月2日、1月3日も元日よりは混雑は緩和されますが、午前10時以降は込み合い、午前11時~午後3時に混雑はピークとなるでしょう。

4日以降は参拝者が少なくなる可能性がありますが、お昼前後は混雑することが多いので意識しておきましょう。

平日の方が混み具合は少ないので平日に行くのがおすすめですが、週末の土日に初詣に行く場合は、可能な限り早い時間に行くのことをおすすめします。

混雑を避けたい時は、成人の日以降の10日以降か、朝の開門の時間帯と閉門時間間際の時間がおすすめです。

2023年は、北海道神宮では三が日に拘らず1月中の参拝、分散参拝を推奨しています。

また、北海道の寒さはかなり厳しいので、天候に左右されることも多いです。

北海道神宮の初詣2023のアクセスは?

北海道神宮の初詣

住所: 北海道札幌市中央区宮ケ丘474

アクセス:

地下鉄・バスでのアクセス

地下鉄東西線「円山公園」下車、徒歩15分です。

地下鉄東西線「円山公園」から、JR北海道バス(西14・西15)で「神宮前停留所」下車、徒歩1分です。

タクシーでのアクセス

札幌駅から北海道神宮までは、タクシーで15~20分程度です

お正月期間(12月31日~1月9日)は『タクシー臨時乗降場』が、境内にある「北1条駐車場」に用意されています。

車でのアクセス

札樽自動車道新川ICから国道5号・道道452号・89号を経由し、道道128号を円山公園方面へ車で8kmです

北海道神宮の初詣2023の駐車場は?

駐車場

駐車場あり(230台)。

駐車料金は12/31の18時から1/7の18時まで、2時間まで500円。その後1時間につき500円。

御祈祷を受ける方は駐車券を持参で2時間無料で駐車場を利用することができます。

※御祈祷(昇殿参拝)をお受けの方は受付の際、駐車券をお持ちの上、認証をお受け下さい。一般のご参拝につきましては認証は不要です。

※料金の支払いの際は機械での清算となります。硬貨(1円、5円、記念硬貨は除く)並びに1,000円札以外はご使用いただけませんのでご注意下さい。

北海道神宮では、例年大晦日の23時頃から元旦の18時までは交通規制が一定の場所で行われます

毎年近くなると、北海道神宮の公式HPで公表されるので、車で向かう人は必ず確認しておきましょう。

地下鉄円山公園駅周辺は車両通行止めになっているので注意が必要です。

北1条通りは、車両通行止めはありませんが駐停車禁止が禁止になっているので注意しましょう。

案内はあるので、そこまで気にするほどでもないですが、交通規制があることは覚えておきましょう。

北海道神宮には専用の駐車場があり、車でアクセスすることもできます。

2023年は、市営地下鉄の年越し運転は中止です。

北海道神宮の初詣のご利益や特徴は?

北海道神宮の初詣

北海道神宮は北海道の中で一番大きく伝統のある神社で、明治2(1869)年、蝦夷地開拓の決定に際して東京で行われた「北海道鎮座神祭」を創祀とし、明治4(1871)年に現在地に鎮座されました。

北海道開拓を決めた明治天皇と、大国魂神(おおくにたまのかみ)、大那牟遅神(おおなむちのかみ)、少彦名神(すくなひこなのかみ)の四柱を祀っています。

北海道神宮は、開拓の神様が祀られており、ご利益は金運上昇、商売繁盛、厄除け、子孫繁栄、安産祈願や縁結び等です。

北海道神宮境内にある道内屈指の桜並木も有名で、夏は市民の憩いの場として静寂と涼を求めなど、道内一の人気スポットとあり、正月三が日には、多くの初詣参拝客で賑わいます。

祈祷に必要な初穂料は5,000円からお気持ちとなり、10,000円以上納めた場合は神棚に願意と氏名を記入できます。

2023年1月1日には歳旦祭、1月3日には元始祭、1月14日にはどんど焼が予定されています。

歳旦祭とは、年が始まったことを祝い、国民の幸せを祈るものです。

北海道神宮は、三が日にこだわらず1月中の参拝をと、2023年も分散参拝を呼び掛けています。

感染症対策の為、各所に消毒液を置いたり、状況に応じて神門内への入場制限を行ったりと、様々な対応しています。

神酒拝戴の中止や、手水舎の閉鎖(元旦~1/14の期間)、御朱印長への書入れの一定期間の中止(12月26日~1月10日)等の感染症対策が行われています。

屋台(露店)の出店も中止となっています。

正月授与品(えと鈴を除く)は、2022年12月1日12:00より、社頭にて授与が行われています。

えと鈴は、2023年1月1日~7日は専用の仮設授与所にてお求めください。1月8日からは常設の授与所にてお求めいただけます。

えと鈴は数量限定です。

お早めにゲットすることをお勧めします!

また、 授与品を、混雑を避けるため、事前にインターネット特設ページで欲しいものを入力し、結果画面を印刷したものを当日社頭で渡して受け取るサービスも行なっていますよ。

防寒対策は必修で、足元は靴下の2枚重ねで、帽子や手袋は必需品、カイロを用意し、滑りにくい靴で初詣に来てください!

まとめ:北海道神宮初詣2023の屋台や混雑状況は?参拝時間や駐車場やアクセスは?

ここでは、北海道神宮の初詣のご利益や特徴や参拝方法、2023年コロナ禍の中の屋台・出店の有無、2023年の参拝時間、混雑状況や混雑時間や回避法、アクセスや駐車場について紹介しました。

道内一の人気スポットである北海道神宮の初詣で、2023年がすばらしい年になることを願いましょう!

おすすめの記事