最上稲荷初詣2023の屋台や参拝時間は?混雑・渋滞や駐車場は?
最上稲荷初詣

岡山県の最上稲荷の2023年初詣について、参拝時間やご祈祷受付時間、屋台の出店、混雑・渋滞状況、駐車場等気になりますよね。ここでは、最上稲荷の初詣の2023年参拝時間やご祈祷受付時間、屋台(露店)の出店、混雑・渋滞状況や時間帯、アクセスや駐車場、交通規制、特徴やご利益、おみくじやお守り・御朱印について紹介します。

最上稲荷の初詣の2023年参拝時間やご祈祷受付時間は?

最上稲荷初詣

「最上稲荷(さいじょういなり)」は岡山県北区にあり、例年正月三が日には約60万人の方が参拝に訪れます。

豊川稲荷や伏見稲荷に並ぶ日本3大稲荷のひとつです。

◇基本情報

最上稲荷山妙教寺(さいじょういなりさんみょうきょうじ)

《住所》

岡山県岡山市北区高松稲荷712

《お問い合わせ》

最上稲荷山妙教寺

TEL:086-287-3709

9:00~16:30

《公式ホームページ》

https://inari.ne.jp

引用:最上稲荷公式ホームページ

最上稲荷の初詣の参拝時間ですが、1月1日から1月3日までは24時間開門されています。

お正月の催しとして、1月1日から15日まで新春開運大祈祷祭が行われます。

※境内の参拝は自由です

祈祷時間

・12月31日の6:00および9:00から22:00の間は1時間ごとにご祈祷

・1月1日の0:00から1月4日の17:00の間は昼夜問わず、1時間ごとにご祈祷

・1月5日~9日の6:00から17:00の間は1時間ごとにご祈祷

・1月10日~15日の6:00から16:00の間は1時間ごとにご祈祷

祈祷受付が開いている時間

・12月31日の5:30から1月4日の21:00まで昼夜問わず開設

・1月5日~9日の5:30から19:00まで開設

・1月10日~15日の5:30から16:30まで開設

売店は12月31日 8:30から1月4日21:00まで開設していて、いつでもお守りや縁起物などがいただけます。

最上稲荷の初詣の2023年屋台(露店)の出店期間や時間は?内容は?

屋台(露店)

最上稲荷の初詣の屋台は、駐車場から参道に入るまでに多くのお店があり、正月三が日は24時間営業しているところも多いです。

屋台の数も多いので、さまざまな種類のお店があります。

クレープ、からあげ、串焼き、りんごあめ、たこ焼き、ホルモンうどんのほかにもたくさんありますよ。

大変混雑しているので、もしかしたらゆっくり食べることは難しいかもしれません。

最上稲荷の初詣の2023年混雑状況や渋滞の時間帯は?

最上稲荷初詣

岡山の初詣スポットとして、毎年県外からも多くの人が訪れる人気が高い最上神社。

まず、参拝で一番混雑するのは大晦日31日の21:00頃から、年が明けた1月1日の2:00過ぎまでです。

三が日は9:00から混雑し始めます。

三が日の参拝で混雑をなるべく避けるのであれば、早朝か夕方以降に参拝するのがおすすめです。

三が日はやはり、日中の周辺道路は進めないほど大渋滞します。

なかには、車が渋滞で進まず、諦めてUターンしてしまう方もいるのだとか…。

1月中の土日祝日は三が日ほどではありませんが、まだ混雑しています。

小さいお子さまと一緒の場合、初詣の日程をずらしたほうが良いかもしれません。

人出を避けるには、早朝か、日没後、となると、かなりの寒さになりますので、初詣で風邪をひいた!というようなことのないよう、防寒対策をしっかりしてお出かけくださいね。

おススメは、スマホ対応の手袋です♪

最上稲荷の初詣2023のアクセスは?

それでは、次に最上稲荷の初詣のアクセスについてご案内しますね。

《電車を利用の方》

JR備中高松駅よりタクシーで約5分

JR岡山駅よりタクシーで約20分

《車を利用の方》

専用駐車場はなし(身体障害者用に5台分の駐車場が境内にあり)

岡山自動車道岡山総社ICより約10分

最上稲荷の初詣2023の駐車場は?

《駐車場》

民間駐車場あり

約5000台駐車可能

12月31日の夜から1月3日まで最上稲荷の周辺道路の交通規制があります。

・31日 21:00~1日 19:00

・2日 7:00~19:00

・3日 7:00~19:00

引用:最上稲荷公式ホームページ

最上稲荷の初詣の特徴やご利益は?おみくじや御朱印・お守りは?

最上稲荷

最上神社が建てられたのは今から約1200年前で、「不思議なご利益を授ける最上さま」として、江戸時代から今なお、多くの人々から親しまれています。

最上稲荷は、明治政府が神仏分離令という神社から仏教的な要素を排除させる政策で、特別に神仏習合の形態が許された貴重なお寺です。

そのために、お寺なのに鳥居があり神式の本殿があるなど神仏習合時代の形態が数多くあります。

おもなご利益は家内安全・商売繁盛・開運招福・厄除けです。

また有名なのが、縁切り縁むすびの効果が強いということです!

縁むすびは男女、友人などの人間関係以外にも、新しい仕事を始めるときにお参りすることによって、より良い実りがやって来ると信じられています。

縁結び・縁きり縁の末社 両縁参りの詳細はこちら

本殿の横のおみくじは、江戸時代初期から内容が変わらず、おみくじ箱から出た数字の引き出しからおみくじを引きます。(1回100円)

なんと、大凶も出るという珍しいおみくじなのです。

おみくじは大吉・吉・半吉・凶・半凶・大凶と分けられていているそうですよ。

大凶を引いてしまったとしても「大凶は吉に返る」という言葉もあるくらいですから、あまりがっかりしないほうがいいですね…!

お守りも交通安全、合格成就や厄除けなどたくさん種類がありますが、人気なのが、OH!まもりです。

最上稲荷と岡山放送のコラボで2003年に誕生したOH!まもりは毎年デザインが変わります。

OH!まもりは12月31日の20:00より祈祷受付にて授与を開始し、2月3日の16:30まで販売します。(1000円以上)

数量に達ししだい授与は終了するそうですよ。

御朱印はご祈祷受付にて、4種類の御朱印をいただけます。

まとめ:最上稲荷初詣2023の屋台や参拝時間は?混雑・渋滞や駐車場は?

ここでは、最上稲荷の初詣の2023年参拝時間やご祈祷受付時間、屋台(露店)の出店、混雑・渋滞状況や時間帯、アクセスや駐車場、交通規制、特徴やご利益、おみくじやお守り・御朱印について紹介しました。

日本三大稲荷の一つ、最上稲荷の初詣で、2023年のご利益を祈願しましょう!

おすすめの記事