流氷物語号2023の料金・予約や時刻表は?混雑状況や見どころは?
流氷物語号

網走駅~知床斜里駅間のオホーツク海沿いの流氷ノロッコ号の後継「流氷物語号2023」について、料金や予約、運行期間や時刻表、混雑状況、見どころ等気になりますよね。ここでは、オホーツク海沿いの流氷物語号の2023年料金や予約、運転期間や時刻表、混雑状況、魅力や見どころについて紹介します。

流氷物語号の2023年料金や予約は?

北浜駅

流氷物語号は2両編成で、オホーツク海側のボックス席の一部は指定席です。

キハ40形2両「北海道の恵みシリーズ」編成で運転されます。

流氷シーズンになると、ラッピングによるイメージチェンジを施して、流氷物語号として運用されます。

1号車はオホーツク海側の座席に一部指定席があります。

※編成や車両は、急遽変更になる場合がありますので予めご了承ください。

流氷物語号公式サイトより引用

2023年1月28日から2月26日まで毎日2往復し、網走―知床斜里間の運賃は大人片道970円(小学生は半額)です。

指定席料金は530円です。

料金: 乗車券\970+指定席券\530(網走〜知床斜里間)

※いずれも片道のおねだんです。こども半額。

※自由席は乗車券のみでご乗車いただけます。

JR北海道の観光列車「流氷物語号」の指定席を利用する場合、必要な指定席券は、全国のJRの主な駅(みどりの窓口)、またはJR東日本のネット予約サービス「えきねっと」でもご購入可能です。

「流氷物語号」には、指定席のほか自由席もあるため、予約なし(乗車券だけ)での乗車も可能です。

予約状況は、「えきねっと」で乗車日時、乗車区間などを入力することで確認可能です。

流氷物語号の2023年運転期間や時刻表は?

流氷

運転期間: 2023年1月28日(土)〜2月26日(日)の毎日

運転区間は、1号が網走(9:52発)~知床斜里(10:42着)、2号が知床斜里(11:30発)~網走(12:30着)、3号が網走(12:45発)~知床斜里(13:35着)、4号が知床斜里(13:48発)~網走(14:46着)です。

   網走駅   北浜駅       浜小清水駅  知床斜里駅

1号  9:42発 10:04着・10:14発  10:24発   10:42着

3号 12:45発 12:58着・13:08発  13:17発   13:35着

   知床斜里駅  浜小清水駅     北浜駅   網走駅
2号 11:30発  11:47着・12:07発  12:16発  12:30着

4号 13:48発  14:04着・14:24発  14:34発  14:46着

※運転日・時刻は予告なく変更される場合があります。

※情報は2022年12月のものです。変更の場合がありますので最新の情報をご確認ください。

流氷物語号2023の混雑状況は?

流氷

流氷物語号では、9:42発の流氷物語1号が、最も混雑するでしょう。

指定席だけではなく、自由席もあり、予約なしでも乗車できますが、週末や祭日であれば、出発前には満席となるケースもあります。

改札開始前から、流氷物語号に乗車するため、長い列をなすことがあります。

特に、流氷を見ることができる進行方向右側(網走駅から乗車する場合は、改札のある側)は人気となります!

流氷を眼前で見たい方は、早めに駅で待機する必要があるでしょう。

北浜駅や浜小清水駅で、途中停車もありますので、電車から降りて流氷観賞を楽しむこともできます。

流氷物語1号の一部は指定席となっていますので、確実に乗車するためには、指定席券を購入して、絶景を楽しんでください!

流氷物語号2023の魅力や見どころは?

流氷ノロッコ号

冬限定でオホーツク海沿岸を走る観光列車「流氷物語号」

流氷物語号は、2016年2月まで運行していた「流氷ノロッコ号」の後継として、2017年からスタートした観光列車で、JR網走駅~知床斜里駅間を走ります。 

人気を博した「流氷ノロッコ号」は、木製の長椅子や石炭のダルマストーブを配置し、レトロな車内の雰囲気でした。

しかし、けん引に使用していたディーゼル機関車の老朽化により、運行が難しくなり、惜しまれながらも引退しました。

北海道内外の旅行者から、冬の海を埋めつくす流氷を車窓から楽しめる、鉄道による流氷観光を復活してほしい!という要望を受けて、「流氷物語号」が誕生しました。

流氷

流氷物語号は、冬のオホーツクの雄大な景色から「物語」を感じてほしいという思いから名付けられたそうです。

JR釧網線の網走―知床斜里(オホーツク管内斜里町)間を結ぶ季節列車「流氷物語号」の2023年の運行が、1月28日から始まります。

網走駅を出発して、トンネルを抜けて少し走ると、進行方向左側には、雄大なオホーツク海が広がります。

網走駅を出発して15分ほどすると、流氷に一番近い駅と言われている北浜駅に到着します。

北浜駅

北浜駅では、流氷で埋まるオホーツク海を一望できる展望台があります。

真っ白な雪に染まる広大な大地、光輝く流氷や白化粧した知床連山は、多くの人々を魅了します。

北浜駅では10分間停車して、記念撮影をしたり、展望台から流氷を眺めることができますよ!

北浜駅は無人駅ですが、駅舎を利用し、人気の喫茶店「停車場(ていしゃば)」が併設されています。

魚介たっぷりのラーメン、ホタテカレーやポークチャップ等の洋食が人気です。

知床斜里行きの下り列車は「北浜駅」で10分ほど停車し、知床斜里駅発の網走行きの上り列車は、浜小清水駅で約20分間停車します。

浜小清水駅に隣接する道の駅「はなやか(葉菜野花)小清水」で、お土産や流氷物語号のショッピングを楽しめます。

流氷物語号では、流氷の打ち寄せるオホーツク海や、雪をかぶった知床連山や斜里岳の景色を車窓越しに堪能できます。

斜里岳

流氷の恵み号1号車には、車内販売スペースがあります。どんなものが販売されているのでしょうか?是非のぞいてみてください!

まとめ:流氷物語号2023の料金・予約や時刻表は?混雑状況や見どころは?

ここでは、オホーツク海沿いの流氷物語号の2023年料金や予約、運転期間や時刻表、混雑状況、魅力や見どころについて紹介しました。

冬の厳寒時期、網走から斜里にかけての海岸線は、本当に美しく旅情満点なので、ぜひ流氷物語号に従者してみてください!

おすすめの記事