姫路城桜2023見頃時期や開花状況は?ライトアップやアクセスや駐車場は?
姫路城の桜

兵庫県の姫路城の桜について、2023年見頃時期や開花状況、ライトアップ・姫路城夜桜会2023の日程や時間、アクセスや駐車場等気になりますよね。ここでは、姫路城の2023年見頃時期や開花状況、ライトアップ・姫路城夜桜会2023の日程や時間、アクセスや駐車場、魅力や見どころについて紹介します。

姫路城の桜の2023年見頃時期や開花状況は?

姫路城の桜

姫路城の桜の例年の開花時期は3月25日~4月20日頃で、例年の見頃時期は4月上旬~中旬になります。

見頃時期になると、姫路城天守閣と桜のコラボレーションを楽しむことができます。

もちろん、姫路城の桜の見頃時期は、その年の気候状況や天候により前後します。

2022年は、4月1日~4月9日頃に満開になったようです。

天気予報情報サイトによれば、2023年の姫路城の桜のは、3月22日に開花、五分咲きは3月28日、満開は3月30日、桜吹雪は4月5日の予測となっています。

2023年の姫路城の桜の開花状況につきましては、引き続き更新していきます。

姫路城の桜の2023年ライトアップ・姫路城夜桜会の日程や時間は?

姫路城の桜のライトアップ

姫路城では桜の時期になると、西の丸庭園が21:00まで無料開放されて、「花あかり姫路城夜桜会」が実施されます。

なお姫路城のライトアップ自体は通年で行われており、日没から22:00まで毎日行われています。

※照明入れ替え工事の為、2022年12月12日~2023年3月24日までの期間は、ライトアップは行われていません。

ライトアップされた桜や天守閣は幻想的で、その圧巻の光景に魅入り、多くの人が夜桜を楽しむことができます。

2023年の「姫路城夜桜会」は、2023年4月2日(日)~4月9日(日) に開催予定です。

姫路城の桜のライトアップ

また、姫路城夜桜会の開催時には、普段は立ち入ることのできない夜の西の丸庭園が無料開放されます。

姫路城夜桜会

開催期間:2032年4月2日(日)~9日(日)

時間:18:30~21:00(最終入城20:30)

場所:姫路城西の丸庭園

料金:大人600円、こども200円

2023年は、例年行われている西の丸庭園のストリートピアノの他、葵の門でも参加型のイベントが企画されています。2023年は、世界文化遺産に登録され、30周年を迎える年で、特別な姫路城夜桜会となりそうです!

ストリートピアノは、事前に予約が必要となります。興味のある方は是非参加してみてはいかがでしょうか!

2022年は、公式ホームページからWeb整理券の取得が必要でしたが、2023年は予約不要となりました。

2023年は、「好古園夜桜会」も同日開催され、園内の桜等のライトアップが行われます。

姫路城の桜のライトアップ

姫路城の桜

姫路城の桜のアクセスは?

姫路城の桜

姫路城

所在地: 姫路市本町68番地

入城料一般: 1,000円 小・中学生、高校生 300円

開城時間: 

9:00~17:00(閉門は16:00)

※夏季(4月27日~8月31日)は9:00~18:00(入城は17:00まで)

休城日; 12月29日・30日

アクセス

電車でのアクセス

JR山陽新幹線『姫路駅』及び山陽電車『山陽姫路駅』下車後、徒歩約25分です。

車でのアクセス

播但連絡道路『花田IC』下車後、約15分です。

姫路バイパス『中地IC』下車後、約15分です。

三様自動車道『山陽姫路東IC』下車後、国道372号を経由して約6分です。

姫路城の桜の駐車場は?

駐車場

555台収容可能な有料駐車場あり。3時間以内の利用で600円、3時間超は1日利用となり900円の料金が掛かります。

姫路城の桜の魅力や見どころは?

姫路城の桜

世界文化遺産・国宝姫路城の桜は、「日本さくらの名所100選」の一つで、大天守保存修理を終え、より一層美しくなった白亜の白壁や天守閣に映える桜景色は見事です。

姫路城の桜

別名白鷺城とも呼ばれる優美な城郭に彩を添える桜は、本当に美しいです。

城郭一帯が満開の桜に包まれる景観はまるで絵画のようです。

青空と桜、真っ白なお城や城壁が最高のコンビネーションを見せる姫路城は、フォトジェニックな景観です。

姫路城の桜

姫路城内には、ソメイヨシノのほか、西の丸庭園にはヤマザクラ、シダレザクラ、ヤマザクラなどの桜が咲き誇ります。

姫城の桜は主にソメイヨシノやシダレ桜が中心ですが、城内を散策するとベニザクラや十月サクラ等も見つけることができるでしょう。

三の丸広場の桜並木や高台の桜林、西の丸庭園の桜林、三国堀、姫路公園のお堀沿い、菱の門周辺、喜斉門(きさいもん)前広場など、桜の見どころも多く、桜の見頃シーズンには観桜会などが催され大勢の観光客が訪れます。

池に映り込む風情のある桜もまた、なんともいえない風情を醸し出します。

姫路城の桜

また、桜の見頃時期に、天守閣から眺める城内の桜の雲海も圧巻です。

姫路城の桜

桜吹雪やお堀の花筏を含めると、かなり長期間桜鑑賞を楽しむことができるでしょう。

西の丸庭園の桜林、 姫路城西の丸は城内でもっとも桜の本数が多く、その周囲は塀や本多忠政の後室、千姫の為に建てられた化粧櫓などで囲われています。

三の丸広場では、周囲を囲むように桜が植えられているので、シートを敷いてゆっくりと満開の桜のお花見を楽しむことができるでしょう!

姫路城の桜

三の丸広場は火気厳禁で、ゴミは持ち帰りですが、飲食は可能ですよ!

西部中濠と船場川の間に南北にのびた遊歩道「千姫の小径」や、好古園の南西にある散策路「さくらの小径」もあるので、ゆっくりと散策するのに最適です。

姫路城の東側の「東御屋敷跡公園」、北側の「シロトピア記念公園」や「姫山公園」も穴場の桜鑑賞スポットです。

毎年桜の時期になると露店が建ち並び、ブルーシートやゴザを広げて花見を楽しむ行楽客で賑わいます。

三の丸広場では恒例の姫路城観桜会・お花見太鼓が開催され、他にも琴の大演奏や勇壮な和太鼓演奏などが楽しめます。

第38回 姫路城観桜会

開催日:2023年4月8日(土)

場所:三の丸広場・芝生エリア

時間:10:00~16:00

姫路城

時間:09:00~17:00(閉門は16:00)※夜桜期間を除く

料金:18歳以上1,000円、小中高生300円

まとめ:姫路城桜2023見頃時期や開花状況は?ライトアップやアクセスや駐車場は?

ここでは、姫路城の2023年見頃時期や開花状況、ライトアップ・姫路城夜桜会2023の日程や時間、アクセスや駐車場、魅力や見どころについて紹介しました。

昼間と夜間に見られる、満開に咲き誇る桜と天守閣のコラボレーションの様々な表情をお楽しみください!

おすすめの記事