嵐山花灯路2021のスカイランタン日程やライトアップ時間は?最後になるのはなぜ?
京都・嵐山花灯路

「京都・嵐山花灯路-2021」では、嵯峨・嵐山地域周辺が露地行灯の「灯り」いけばな作品の「花」で彩られ、竹林のライトアップやネイキッドのダンディライオン、スカイランタンも開催されます。ここでは、嵐山花灯路2021の見どころや開催期間、ライトアップの点灯時間、嵐山スカイランタンの日程、 嵐山花灯路が最後になるのはなぜか、アクセスや駐車場について紹介します。

京都・嵐山花灯路2021の魅力や見どころは?竹林小径のライトアップやネイキッドのダンデライオンプロジェクト?

京都・嵐山花灯路

歴史的文化遺産が点在する、京都の嵯峨・嵐山では、冬の「京都・嵐山」を幻想的な明かりで彩る、期間限定で幻想的な灯りに包まれる「嵐山花灯路」が開催されます。

京都・嵐山花灯路は、2021年で17回目となり、渡月橋や、近隣の寺や神社など地域一帯を舞台にライトアップする人気のイベントです。

2021年は最後の開催となります。

京都・嵐山花灯路は京都府、京都市、京都仏教会などでつくる推進協議会の主催で、冬の閑散期の集客策として毎年開催されてきました。

嵯峨・嵐山各地のライトアップをはじめ、LED電球を使用した露地行灯やいけばな作品で演出され、ロームが灯す「灯りと花の路」の他、大型花器によるボリューム感のあるいけばな作品が展示される「いけばなプロムナード」が楽しめます。

京都・嵐山花灯路

京都・嵐山花灯路2021では、あたたかい灯りが彩る日本情緒あふれる散策路を心行くまで満喫できます。

また、渡月橋のライトアップは、渡月橋や嵐山の山裾が幻想的に浮かび上がり、幻想的な夜の嵐山の象徴として見逃すことはできないでしょう。

京都・嵐山花灯路

京都・嵐山花灯路2021では、竹林の小径のライトアップされ、400基以上の明かりが散策路や竹林を華やかに照らし、幽玄の世界となります。

京都・嵐山花灯路

竹が風になびき、奏でられる音もまた情緒豊かです。

京都・嵐山花灯路

密になるのを防ぐため、竹林の小径などを一方通行としたり、混雑した場合は一部のイベントで入場を規制するということです。

大河内山荘庭園から常寂光寺にいたる道のりの途中では、小倉百人一首で有名な小倉山のふもとにたたずむ小倉池もライトアップされています。

ライトアップされた鮮やかな樹々の景観が水面に映り見事な風景です。

また、ネイキッドの村松亮太郎が手がける参加型アート作品「ダンデライオンプロジェクト(DANDELION PROJECT)」も嵯峨・嵐山の夜を彩ります。

ダンデライオンプロジェクトは、タンポポのアートオブジェ「DANDELION」を世界中に設置し、「DANDELION」を体験した人たちが世界に平和の願いをデジタルの花として世界中にリアルタイムに届け合うネットワーク型のアートプロジェクトです。

『DANDELION』は、本来綿毛に息を吹きかけ種が舞うアート作品です。

京都・嵐山花灯路2021の会場内、竹林の散策路に設置されたタンポポのアートオブジェ「ダンデライオン」に向かって、自分のスマートフォンをかざすと、タンポポの綿毛を飛ばすデジタル体験ができます。

さらに、飛ばされたタンポポの綿毛は、ダンデライオンが植樹されている各地へとリアルタイムで届くのです。

17年の歴史に幕を閉じる「嵐山花灯路」から、DANDELIONを通して、平和の願いを世界へ届けるのです。

また、ネイキッドが手掛ける「NAKEDディスタンス提灯」も用意され、自分自身も光の演出の一部となることができるそうです(有料)。

常寂光寺、野宮神社、宝厳院、法輪寺、落柿舎といった特別協賛の寺院・神社・文化施設では、特別拝観・開館・ライトアップを実施され、光に照らされた荘厳な風景を堪能できますよ!

嵐山スカイランタン2021の日程や見どころは?

スカイランタン

嵐山スカイランタンが、2021年4日間開催されます。

2021年で最後となる嵐山花灯路と共に嵐山の夜をスカイランタンで彩ります。

「灯り」をテーマとする「京都・花灯路」は、澄んだ冬の空気を感じながら、趣ある嵐山の夜空を優しい灯りが揺れる幻想的な世界を体験できます。

スカイランタンを、ライトアップされた渡月橋と一緒に楽しむことができ、祈り、願いと共に空に打ち上げるのです。

鮮やかな紅葉シーズン終わりを告げ、冬の気配が近付く12月に、「京都・嵐山花灯路」とともに、新しいイベントとして令和の代名詞になりそうなスカイランタンを楽しみましょう!

イベントで使用する「スカイランタン」は、『火』を『LED』に変え、安全に楽しむことができます

また、糸を付けて風船のようにふわふわと空に上浮かべ、回収を行うことから、環境に優しく、誰もが安心して安全に楽しめますよ!

嵐山スカイランタン2021

開催日時:

2021年12月10日(金) 17:30~19:30

2021年12月11日(土) 17:30~19:30

2021年12月18日(土) 17:30~19:30

2021年12月19日(日) 17:30~19:30

会場: 嵐山中之島公園

場所: 京都府京都市右京区嵯峨中之島町

アクセス: 嵐電「嵐山」駅下車 徒歩約5分 ・JR「嵯峨嵐山」駅下車 徒歩約15分

開催時間 ※予定

17:30 開場・願い事記入

18:00 ランタン受け渡し

19:00 スカイランタンリリース料金(税込)

チケット代金: ランタン1基 ¥4,800 ランタン2基 ¥9,300

当日券 ランタン1基 5,500円 ランタン2基セット 10,000円

※会場にはランタン購入者の方のみご入場いただけます。

※5歳以下入場無料。

※すべて税込ランタン1基 4,800円

チケット購入のローソンチケットは、こちらからになります。

京都・嵐山花灯路が2021年で最後になるのはなぜ?

京都・嵐山花灯路

「京都・花灯路」事業は、平成14年度に東山、平成17年度に嵐山で開始し、京都を代表するライトアップイベントになり、京都の夜の風物詩として定着し、長年にわたり、国内・海外から愛されてきました。

京都・嵐山花灯路は、冬の閑散期にも観光客を呼び込もうと2005年から始まりました。

閑散期の誘客や宿泊観光の促進として取り組まれ、その結果、月ごとの観光客の繁閑差が縮小し,年間を通して観光客が訪れるようになりました。

また,民間によるライトアップイベントが開催されるようになる等,大きな成果を得たそうです。

京都市の財政難や新型コロナウイルス禍に伴う協賛金の減少もあり、観光客が多く訪れるようになり、一定の成果を得たとして、17回目を迎える2021年で、嵐山花灯路及び東山花灯路が終了することになったそうです。

2022年度以降は,「京都・花灯路」のコンセプトを活かしつつ,「京都・花灯路」事業で使用している行灯等を貸し出す「灯りの催事奨励事業」を積極的に推進し,場所の分散化,民間等による多様なエリアでの夜観光の取組が促進されるそうです。

京都・嵐山花灯路

まとめ:嵐山花灯路2021のスカイランタン日程やライトアップ時間は?最後になるのはなぜ?

ここでは、嵐山花灯路2021の見どころや開催期間、ライトアップの点灯時間、嵐山スカイランタンの日程、 嵐山花灯路が最後になるのはなぜか、アクセスや駐車場について紹介しました。

2021年で最後になる嵐山花灯路2021や嵐山の夜に浮き上がるスカイランタンの絶景を心に残してください!

おすすめの記事