積丹のうしおの海鮮丼

6月~8月に北海道を訪れたら、積丹でうに丼を食べずには帰れません。ただせっかくの機会なので、後悔しない店選びが重要です。ここでは、積丹のウニ丼のおすすめの穴場2店「食堂うしお」と「純の店」について紹介するとともに、なぜ積丹のうには旨いのか含めて紹介しています!

積丹のウニ丼はなぜおすすめ?ウニが美味しい理由は?

積丹の海

積丹は北海道の西海岸中央部にある半島で、その岬の先端部分にあるのが積丹町です。

積丹町は美しいエメラルドグリーンの海(積丹ブルーとも呼ばれています)でも有名ですが、特にウニは名物です。

6月から8月の期間には、このウニ丼目指して全国から人が集まります。

なぜ、積丹のうには、全国のファンを惹きつけるのでしょうか。

国産ウニの半数以上を占めるのが北海道産のウニです。

その中でも道民から最も人気なのが積丹産のウニではないでしょうか。

しかも、積丹町内で水揚げされたうには、そのほぼ全てが町内で消費されるため、ほとんど町外に流通する事がありません。

産地でしか味わえないウニなのです。

積丹半島は、半島を取り囲む山々が岩盤でできています。

よって、降り注いだ雨は濁ることなく川から海に流れ出します。

濁らず栄養満点の水のおかげで透明度の高い海となり、昆布や海草が太陽の光で光合成がしやすくなります。

積丹の美味しい昆布を食べて育つのが積丹半島で獲れる旨いウニなのです。

そして、積丹半島のうにの好物は粘りの強い細目昆布です。 雑味が少なく、優しい美味な細目昆布の特徴が、積丹のうにの味に出ます。

バフンウニとムラサキウニのどちらがおすすめ?

積丹のムラサキウニ

北海道の積丹地域でとれるうにには、大きく2種類のうにがあります。

一つはごろんとした栗のイガのような形の「エゾバフンウニ」です。

もう一つは、とげとげが長く紫色をした「ムラサキウニ」です。

赤ウニや白ウニと呼ばれるのは、その身の色からきています。

バフンウニの身は、濃いオレンジ色をしていて、ムラサキウニの方は白っぽい黄色をしているのです。

ちなみに、地元ではムラサキウニは「ノナ」と呼ばれ、バフンウニは「ガンゼ」と呼ばれています。

積丹半島で獲れるウニの8割以上は、黒くてトゲが長い「ムラサキウニ(白ウニ)」です。

積丹で「赤ウニ丼」のほうがやや割高なのは、そもそもバフンウニの漁獲量が少ないからです。

2種のウニの味の特徴ですが、赤ウニは濃厚で甘みが強く、白ウニはやや淡泊で上品な甘さです。

どちらが、好みかは人によって異なりますが、それぞれの良さがありますので、私はハーフ丼をおすすめします。

積丹のウニ丼のおすすめ2021!40年以上の老舗「食堂うしお」のうに丼とは?

積丹のうしおの赤ウニと白ウニのハーフ丼
食堂うしおのウニ丼

積丹に行くと、いつもどのお店で海鮮を食べるのか頭を悩ませます。

その中でおすすめなのが、神威岬の入り口近くにあり、40年以上の歴史をもつ「食堂うしお」です。

食堂うしおは、地元の漁師から無添加のウニを直接仕入れています。

そのため、赤ウニ、白ウニ両方が楽しめるほか、つぶ、エビ、アワビなど、さまざまな海鮮が用意されているので、幅広く楽しむことができます。

食堂うしおには、クチコミで、たくさんのツーリング客が集まります。

北海道で、ツーリング客が集まる店や、タクシーの運転手さんがおすすめするお店は、一般に外れは少ないです。

うに丼を食べるなら、おすすめは、赤ウニと白ウニが入った「ハーフ丼」です。

赤ウニは味がやはり濃厚で旨味があり、白ウニは海の香りや水分が口いっぱいに広がりすっきりした風味です。

運が良ければ、活ウニを食べることもできます。

食堂うしおの活ウニ

トゲが元気に動いており、やや気後れしますが、豪快に半分に割って食べるうには新鮮そのものです。

他では、滅多に食べることができませんので、チャンスを逃すことなくトライしましょう。

積丹のうしおのうしお丼スペシャル
食堂うしおのうしお丼スペシャル

その他、ウニ、甘エビ、イクラ、イカを豪快に乗せた「うしお丼スペシャル」も、海の幸満載です。特に積丹でとれた甘えびは、うにに負けないくらいの甘みと風味で、うにと並ぶ夏の主役です。

住所: 〒046-0321 北海道積丹郡積丹町神岬9-1

電話番号:  0135-46-5118

FAX:  0135-46-5228

営業期間: 4月上旬より11月上旬まで無休

営業時間:  8:30~17:00 (ラストオーダー 16:30)

食堂うしお公式サイト: http://www.ushioshakotan.com/

積丹のウニ丼のおすすめ2021!噂の「純の店」の海鮮丼は半端ない?

積丹美国の純の店の三色丼
純の店の海鮮丼

もう一つおすすめな穴場が、積丹町美国にある「純の店」です。創業40年、旬の地元の味覚を和食で楽しことができます。

5月は、ヤリイカやコウナゴ、ホッケ、甘エビが旬を迎えます。

6〜8月の夏の期間は、積丹・美国や余別産のウニをたっぷりのせた、名物「うに丼」が堪能できます。

「海がしけて、船が出ない時には、ウニは提供しない」というほど、地元産にこだわったうにを提供しています。

いつも、行列の人気の店ですが、ウニはもちろん、その他の魚介も抜群の鮮度で、ウニ、甘エビ、イクラの三色丼、贅沢に色々な刺身が入っている海鮮丼など、どれも絶品です。

うに丼や三色丼など海鮮で有名な「純の店」ですが、実は「ザンギ(味付けした鳥の唐揚げ。北海道特有の名称)」も名物です。

純の店の積丹唐揚げ
純の店の積丹ザンギ

「積丹ザンギ」として、物産展にも登場し、大人気になっています。大ぶりで、外はサクッとして中はジューシー。

海鮮丼と合わせてサイドメニューとして積丹ザンギを食べると、満足度120%間違いなしです。

住所:〒046-0201  北海道 積丹郡積丹町 美国町字船澗42-20

電話: 0135-44-3229

営業時間: 10:30 ~ 20:00

定休日: 月曜日

純の店公式サイト: http://junnomise.com/

まとめ:積丹のウニ丼のおすすめ2021!食堂うしおと純の店は穴場?

ここでは、積丹のウニ丼のおすすめの穴場2店「食堂うしお」と「純の店」について紹介するとともに、なぜ積丹のうには旨いのか含めて紹介しました。

「食堂うしお」と「純の店」は、うに丼はもちろん、海鮮丼も絶品ですので、北海道の夏の海の幸をたっぷりお楽しみください!

おすすめの記事