利尻島
利尻島

北海道の利尻島や礼文島で獲れるウニは、他のウニの産地とは一味違うという評判の美味しさです。ここでは、利尻島や礼文島のウニが美味しい理由、利尻礼文のウニの時期・旬・2021年の解禁日、通販・お取り寄せについて紹介します。

利尻や礼文のウニが美味しい理由は?ウニの種類は?

礼文島のうに丼

北海道には美味しい海鮮グルメは多いですが、その中でも人気があるのはウニでしょう。

北海道のウニが美味しい理由のもう一つ大きな理由は、ウニの餌となる昆布のレベルの高さです。

日高昆布や羅臼昆布などの高級な昆布が豊富で、その昆布を多く食べて育っている北海道のウニは美味しいのですが、その中でもうま味成分がたっぷりつまった利尻昆布を食べている、利尻や礼文のウニは最高級品質です。

ウニを長持ちさせるには、食品添加物の「ミョウバン」が使われることが多いのですが、このミョウバンを使うとウニに苦みが出てしまい、本来の甘みがなくなり生臭くなります。

ミョウバンを使わない、塩水ウニは最高です。

塩水ウニ

北海道では、地域によって獲れるウニが異なり、キタムラサキウニとエゾバフンウニがあります。

キタムラサキウニは、紫色のトゲが長く、中身は淡い黄色で「白ウニ」とも呼ばれ、癖もなく食べやすく上品な甘みがあります。

ムラサキウニ

利尻や礼文では、通称「ノナ」と呼ばれています。

食べ飽きすることなく、うに丼にしても最後まで美味しく食べることができます。

エゾバフンウニは、キタムラサキウニに比べて弱く希少価値が高いとされ、「赤ウニ」とも呼ばれ、外見はトゲが短く、中身が濃いオレンジ色です。

バフンウニ

利尻や礼文では、通称「ガンゼ」と呼ばれています。

うま味もコクも強く、甘くとろける濃厚な美味しさです。

利尻島のウニ漁は、「磯舟」と呼ばれる1人乗りの小さな舟に乗って行います。

利尻島のウニ漁

足で櫂(かい=オール)を操りながら移動して、口にくわえた箱メガネ(大きいサイズの水中めがね)で海底を覗いて、「タモ」と呼ばれる長い網でウニをすくい上げるという昔ながらの漁法です。

礼文島産や利尻島産のウニは、高級料亭やミシュランの星付きの寿司屋でも使われるような、高品質なウニです。

利尻や礼文のウニの旬や時期や2021年の解禁日は?

利尻のウニ漁

利尻島や礼文島でのウニ漁は、キタムラサキウニ(通称ノナ)とバフンウニ(通称ガンゼ、ウニ)の二種類のウニを採取します。

礼文島のウニの時期は、例年キタムラサキウニは5月の連休明けから操業が開始され、エゾバフンウニは6月の中旬頃から操業開始となります。

漁獲量が予定数量に達すると獲るのを止めますが、毎年8月頃までは操業しますので、礼文島のうにの旬の時期は、例年6月~8月になります。

利尻島には鴛泊、沓形、仙法志、鬼脇と4つの漁場があり、その漁場ごとにその日に採るウニを決めます。

利尻島の例年の解禁日は、キタムラサキウニは解禁日6月1日で、エゾバフンウニは解禁日6月10日です。

利尻島の例年のウニの旬の時期は、キタムラサキウニは6月1日~8月末、エゾバフンウニは6月10日~8月末になります。

ウニは9月頃から産卵期に入るので、「ウニの中身」が溶け始めて、スカスカになります。

利尻や礼文で最も美味しくウニを食べられる旬の時期は、産卵が始まる前で、海藻が旬を迎える、7月初旬~中旬でしょう!

利尻島のエゾバフンウニ丼

初夏の美しい緑が島を包むころ、両方の島で最高のウニを食べることができるのです。

2021年の解禁日や旬の時期について、後日詳細更新します!

利尻や礼文のウニの通販・お取り寄せは?

ウニ丼

市場でも、最も高値で取引されるといわれる、最高品質の利尻や礼文のウニ!

この利尻産や礼文島のウニを、ご自宅でも楽しみたくなりますよね!

ミョウビンを一切使用せずに、無菌の地下海水を入れた塩水パックに詰めて、新鮮な状態で受け取ることができる、通販やお取り寄せがあります。

早朝に漁師が獲ったウニを、水揚げされた日にむき、塩水状態でパックに詰め、即日発送されるのです。

雑味が一切なく純粋な甘みの余韻だけが広がりますよ!

おすすめのお取り寄せや通販サイトを紹介しますね!

まとめ:利尻礼文のウニの時期・旬・2021年解禁は?通販・お取り寄せは?

ここでは、利尻や礼文のウニが美味しい理由、利尻礼文のウニの時期・旬・2021年の解禁日、通販・お取り寄せについて紹介しました。

ぜひ参考にしていただき、現地でウニの美味しさを満喫するか、取り寄せてご自宅で楽しまれるかされて、絶品の利尻や礼文のウニを堪能してください!

おすすめの記事