北海道のプラム狩り
北海道のプラム狩り

北海道の8月~9月は、さくらんぼ・桃・プルーン・プラム・ぶどう・和梨・りんご・ハスカップなど多くの果物が収穫され、果物狩りやフルーツ食べ放題を楽しむ農園や果樹園が点在しています。ここでは、北海道の果物狩りや食べ放題の8月・9月のおすすめ農園や果樹園、ツアーや予約、アクセスや駐車場について紹介します。

北海道の果物狩りの8月・9月おすすめツアーや予約!山本観光果樹園(ニトリ観光果樹園)!

北海道のプルーン狩り

海と山に囲まれたフルーツの郷・北海道余市町に、1870年に設立された「山本観光果樹園」(現ニトリ観光果樹園)として、春のイチゴに始まり、さくらんぼ・桃・プルーン・プラム・ぶどう・和梨・りんごと四季折々に「フルーツ狩り」が楽しめる老舗の観光農園です。

秋、冬に千何百トンという量の有機堆肥を農園に撒くという、大変な手間と経費をかけて、様々なフルーツを有機堆肥で育てているので、ニトリ観光果樹園の果物は、とてもジューシーで味が濃く、とても美味しいと評判です。

ニトリ観光果樹園のフルーツ狩りは、その時期の食べごろの果物を時間無制限で複数種類食べ放題できることが特徴です。

【果物の実りの時期】

●さくらんぼ(6月下旬~8月上旬)※約30種の品種有
●ブルーベリー(7月下旬~9月中旬)
●プラム(7月下旬~9月初旬)
●もも(8月上旬~9月上旬)
●プルーン(8月下旬~10月中旬)
●ぶどう(9月上旬~11月上旬)
●りんご(9月上旬~11月上旬)
●和梨(9月中旬~10月下旬)
●くり(9月下旬~10月上旬)
●くるみ(10月下旬~11月上旬)

ニトリ観光果樹園旧山本観光果樹園の採れたての果物が食べ放題で食べられるフルーツ狩りは、ポイントもたまり、現地払い(現金・クレジットカード)も、事前決済も可能なじゃらん体験ネット予約での予約がとっても便利です!

事前にしっかりと予約と決済を済ませ、気軽で身軽にフルーツ狩りをお楽しみください!

ニトリ観光果樹園旧山本観光果樹園)」フルーツ狩り

【北海道・余市】季節の果物が時間無制限食べ放題♪余市ICから車で2分【フルーツ狩り♪】のプラン

広い園内に四季折々に実り続ける果物を時間無制限で食べ放題

ネット予約OK!現地払いOK!事前オンライン決済もOK!

↓↓↓ニトリ観光果樹園旧山本観光果樹園のフルーツ狩り体験はこちらをクリック↓↓↓

ニトリ観光果樹園(旧山本観光果樹園)のフルーツ狩り体験プラン

プラン内容

実施時期:2021年07月01日~2021年11月07日

料金:大人(中学生以上):1,500円 小学生:1200円 幼児(3歳~5歳) 600円

所要時間:時間無制限 2時間(目安)

料金に含まれるもの:フルーツ狩り 食べ放題 消費税

ニトリ観光果樹園(旧山本観光果樹園)

住所:〒046-0002 北海道余市郡余市町登町1102-5 

電話:0135-23-6251

営業時間:09:00 ~ 17:00

定休日:期間中無休

アクセス

車でのアクセス

札幌自動車道~後志自動車道~余市IC約50km約45分

電車・バスでのアクセス

札幌からJR函館本線【快速】約60分【普通】約90分。小樽からJR函館本線【普通】

駐車場:あり 乗用車200台/無料

北海道の果物狩りの8月・9月おすすめツアーや予約!土居ハスカップ農園

北海道のハスカップ狩り

北海道厚真町は、北海道のサーフィンのメッカで、浜厚真地区の海岸を訪れるサーファーの人数は北海道内でも屈指の多さです。

厚真町が作付面積日本一を誇る果物がハスカップで、今厚真町では「厚真産ハスカップ」のブランド化を進めています。

「ハスカップ」は、ブルーベリーを少し大きくして、楕円形にしたような形の果物で、他の果物と比較してもビタミンA・B・C・E、鉄分、カルシウムが非常に多く含まれ、抗酸化作用、老化防止作用に効果が高いと言われています。

また、眼に直接作用する「シアニジン」の成分がブリーべりーの10倍とも言われ、アイヌの人たちの間では昔から「不老長寿の実」と言われていました。

土居ハスカップ農園では、こだわりの堆肥を使った土づくりから、防虫・除草のための農薬を必要最小限におさえて、安心安全に食べられるハスカップを栽培しています。

土居ハスカップ農園で、初めてのハスカップ収穫体験をしてみませんか?

初めてでも気軽に収穫体験ができるように、パンフレットの用意や、親切丁寧に収穫の仕方やコツなどを教えてもらえるので、安心してチャレンジできますよ!

土居ハスカップ農園」での初めてのハスカップ収穫体験は、ポイントもたまり、現地払い(現金・クレジットカード)も、キャッシュレス決済も可能なじゃらん体験ネット予約での予約がとっても便利です!

事前にしっかりと予約と決済を済ませ、気軽で身軽に初めてのハスカップ収穫体験をお楽しみください!

土居ハスカップ農園」ハスカップ狩り

ハスカップ狩り初体験プラン~お子様無料!!のプラン

入園料込で、500g分のハスカップを収穫し持ち帰れます!

ネット予約OK!現地払いOK!キャッシュレス決済もOK!

↓↓↓土居ハスカップ農園のハスカップ狩り体験はこちらをクリック↓↓↓

土居ハスカップ農園のハスカップ狩り体験プラン

プラン内容

実施時期:2021年07月01日~なくなり次第終了

料金:1,500円 ※500gを超えた分は、100g:160円

所要時間:時間無制限 2時間(目安)

料金に含まれるもの:入園料・500g分のハスカップ代金・消費税

土居ハスカップ農園

住所:〒059-1606 北海道勇払郡厚真町朝日35 

電話:090-5952-4209

営業時間:08:00~16:00

定休日:期間中無休

アクセス

車でのアクセス

道央自動車千歳ICより約30分

日高道沼ノ端西ICより約35分

厚真ICより約15分、

電車・バスでのアクセス

JR早来駅より厚真行あつまバス乗車→本郷バス停下車徒歩約30分

駐車場:あり 乗用車30台/無料

北海道の果物狩りの8月・9月おすすめツアーや予約!八剣山果樹園!

北海道のプラム狩り

「八剣山果樹園」は、札幌から車で約40分、定山渓から車で約10分とアクセス抜群の立地でありながら、大自然に囲まれて旬の果物狩りができる果樹園です。

「八剣山」は、札幌から定山渓に向かう国道230号線の右手にみえる「恐竜の背骨」のように連なる多くの岩峰から、八剣山と呼ばれています。

このエリアは、自社ブドウ畑や近隣の農家が生産したブドウやリンゴを原料に、個性豊かな地ワインをつくるワイナリーなどもあり注目されている場所でもあります。

「八剣山果樹園」では、6月末のいちご狩りから始まり、サクランボ狩り、プラム狩りと続き、そのほかにもじゃがいも収穫体験、とうきび収穫体験なども体験できます。

また、パークゴルフや釣り堀なども体験でき、館内には、ジンギスカンやバーベキューを楽しめる食事処、そしてキャンプや登山、乗馬体験も可能で、ファミリー連れや、札幌市内で気軽にアウトドアを味わいたい方にとてもおススメの人気スポットです。

「八剣山果樹園」で体験可能なフルーツ狩り

イチゴ狩り: 6月中旬~7月上旬

品 種 : けんたろう・エラン

イチゴ狩り料金(食べ放題) :大人 1,200円  小学生 800円 3歳~未就学児 500円

サクランボ狩り:7月上旬~7月中旬

品 種 : 佐藤錦・水門・南陽・紅秀峰など

サクランボ 狩り料金(食べ放題):大人 1,200円  小学生 800円 3歳~未就学児 500円

※持ち帰りは別途料金

プラム狩り:8月上旬~9月上旬

品 種 :  メスレー・大石中生

プラム狩り料金(食べ放題):大人 800円 小学生 400円 3歳~未就学児 200円

※持ち帰りは別途料金

じゃがいも収穫体験:8月中旬~9月上旬

品 種 :  男爵、北あかりなど

収穫体験料金:収穫した分をお買い上げ 1kg 200円前後 

とうもろこし収穫体験:8月下旬~9月下旬

品  種 :  ゴールドラッシュ

収穫体験料金 :  収穫した分をお買い上げ 1本 100円前後 

八剣山果樹園

住所:〒061-2275 札幌市南区砥山126

電話:011-596-2280

営業時間:平日 9:00~17:00 土日祝日 9:00~18:00(レストランは11:00より)

定休日:毎週水曜日(ただし、フルーツシーズン中は無休)

アクセス

車でのアクセス

札幌中心部より……… 約40分
地下鉄真駒内駅より……… 約20分
定山渓温泉より……… 約15分

電車・バスでのアクセス

札幌駅より (所要時間約1時間20分)
札幌駅前ターミナル・12番のりば・じょうてつバス「定山渓温泉」 または 「豊平峡温泉」行きに乗車

「八剣山登山口」下車・徒歩20分

地下鉄真駒内駅より(所要時間約50分)
定山渓方面のりば(南改札口側バスのりば)「定山渓温泉ゆき」に乗車
↓ 
「八剣山登山口」下車・徒歩20分

駐車場:あり 乗用車150台/無料

サクランボ狩りを実施している多くの果樹園では、、8月~9月に、ぶどう狩りその他の果物狩りを実施します。

果樹園情報は、以下の記事でご確認くださいね!

北海道さくらんぼ狩りの2021年時期やおすすめや穴場は?アクセスや駐車場は?

まとめ:北海道の果物狩りの8月・9月おすすめツアーや予約は?旬のフルーツ食べ放題?

ここでは、北海道の果物狩りや食べ放題の8月・9月のおすすめ農園や果樹園、ツアーや予約、アクセスや駐車場について紹介しました。

ぜひ北海道の美味しい果物思う存分楽しみましょう!

おすすめの記事