2022年スーツケースの2泊3日国内旅行用のおすすめは?機内持ち込みOK?
スーツケース
2泊3日の国内旅行や出張の場合、スーツケースを持っていくかどうか、どのタイプが適しているかどうか悩むことが多いですよね! ここでは、 スーツケースの量やサイズ表記 2泊3日の国内旅行の荷物の量の目安 機内持ち込みOKのサイズ スーツケースの選び方のポイント おすすめの2022年版最新スーツケース 等について紹介します。

目次

スーツケースの量やサイズの表記とは?

スーツケースならば、購入する前に、サイズチェックや容量、重量の確認必須です! それでは、スーツケースの重量やサイズは、どのような表記になっているのでしょうか? スーツケースには、 リットル(L)センチメートル(cm) のサイズ表記があります。 リットル(L)は、荷物がどのくらい入るかの容量また、センチメートル(cm)からは、スーツケースの外寸の大きさがわかります。 ”横(W)×高さ(H)×奥行き(D)”の3辺が表記されているから、自分の体にあう大きさかどうかイメージできますよね! スーツケースの リットル(L)センチメートル(cm)表記から 、適切な量やサイズを、選ぶ参考にしましょう!

2~3泊の短期国内旅行で持参する荷物の量の目安は?

スーツケース
長期の海外旅行には、スーツケースが必須ですよね! 1泊の国内旅行の場合は、スーツケースまでは必要ない? 2泊3日の国内旅行や出張になると、 「どのバッグで行く?」 「スーツケースは必要??」 「荷物はどのくらいにしよう??」 と悩む方は多いでしょう。 勿論、それぞれの生活スタイルや旅のスタイルによって、人それぞれ旅行に持っていきたいものも量も異なります。 が、もともと、一般的には、2泊3日の場合、どれくらいの荷物が適当量なのでしょう?? 1泊あたりの荷物の適当量の目安がわからないと、 「スーツケースが必要かどうか?」 「どのサイズのスーツケースを選べばいいか?」 判断できないですよね! 一般的に、選ぶスーツケースのサイズは、1 泊=10 リットルをおおよその目安にするとわかりやすいです! ”いつ(季節)、どこに(場所)、何をしにいくか” ”出張か、観光か” ”季節は夏?冬?” もちろん、訪れる場所、旅行の目的やスタイル、滞在先での利用シーンに合わせて、持っていく荷物の量は多少前後します。 冬の北海道旅行の場合は、ダウンコートなどの防寒着が必要ですが、沖縄なら上着もいらないケースもあるでしょう! 日帰りや1泊程度の出張や旅行には、20L以下のコンパクトなスーツケースでも十分でしょう。 2泊3日の場合は、28L~30L以上が目安となります着替え分やお土産を多めに購入予定の方、または家族の荷物を1つにまとめて収納したい場合などは、一回り大きめのサイズを選ぶと安心ですね! もちろん、冬の北海道などの場合は、35L以上あるのが理想的♪ 3〜5泊であれば、40〜60Lをターゲットにして、スーツケースを選ぶのがおすすめです。 また、スーツケースによっては、容量が拡張できるエキスパンド機能が付いている場合があります。 ”〇/〇L”というように、通常時と拡張時の容量が並列表記されるのが一般的です。 拡張エキスパンド機能付きと記されているスーツケースで、容量の表記が一つのみの場合は、拡張時の容量を示します。 それでは、機内持ち込みOKなスーツケースは、どのくらいのサイズかを説明しますね!

飛行機内や新幹線に持ち込めるスーツケースの重量やサイズは?

 

2~3泊国内旅行のスーツケースの選び方!知っておきたい10個のポイントとは?

スーツケース

ポイント1.最適な容量やサイズ

2泊3日となると、メーカーのSサイズにあたる30~40Lのスーツケースがおすすめです機内持ち込み可能なサイズ (3辺の合計が115cm以内を購入することにより、国内旅行はもちろん、韓国や台湾等の近場の海外旅行でも対応できます! 荷物が増えそうなときには、スーツケースの取っ手に、折りたたみバッグやパソコンバックをセットアップすると完璧です!

ポイント2.スーツケースの重量

機内に持ち込めるスーツケースの合計重量は、10kg以下の制限が多く、航空会社より違いはありますが、7~15kgの範囲が相場となっています。 スーツケース自体が重いと、もちろん中に入れられる荷物の量は減ってしまいますので、重量オーバーになることを避けるには、スーツケースの重さは3kg以下を目安にすると良いでしょう。 また、スーツケース自体が軽ければ、荷物が少ない時にも持ち運びも楽ちんです! 機内持ち込みスーツケースは軽ければ軽いほど理想的ですが、もちろん頑丈かどうか、耐久性も考慮しましょう!

ポイント3.ハードケースあるいはソフトケース?

スーツケースには、ハードケースタイプとソフトケースタイプがあります。 ハードケースは、アルミやプラスチックなどの固い素材でできたスーツケースです。 防犯性が高く、外からの衝撃が中に伝わりにくいので、割れ物などを運ぶには最適で、防水性にもすぐれ雨の日でも浸水しにくいという特長があります。 ソフトケースは、ナイロンやポリエステルなどの柔らかい布地できたスーツケースで、軽いのでその分たくさん荷物を入れられます! 柔軟性にもすぐれているので、荷物を多少無理やり詰め込むことも可能で、衝撃でへこむこともありません。 防犯性を重視するか、軽量であることを重視するか、持っていく荷物の性質等、何を優先するかで決めましょう!

ポイント4.ファスナータイプかフレームタイプ

ファスナータイプは、軽量で柔軟性の高い開閉方式で、外から衝撃を受けてもファスナー部分が衝撃を逃がしてくれます。 そのため、意外にスーツケース本体が壊れにくくなっています。 ファスナーを、ちょっとだけ開けて荷物を取り出したりもできます。 開閉部分に頑丈なフレームを利用したフレームタイプは、ナイフで切り裂いたりドライバーなどでこじ開けたりすることが難しく、防犯性にすぐれています。 気密性も高く、雨による浸水などを防いでくれるので、防水性が高いです。 軽量なスーツケースを探している人は、ファスナータイプが向いています。 セキュリティを重視し、荷物の破損を防ぎたい人は、フレームタイプが向いています。

ポイント5.フロントポケット高いデザイン性

フロントポケットが設置されているスーツケースの多くはソフトケースですが、機内持ち込みサイズではハードケースでも見られることもあります。 フロントポケットがあれば、荷物をスマートに出し入れできて便利です。 ガイドブックや地図など、取り出し頻度の高いアイテムを入れておくと重宝しますよ! クッション材入りのPCポケットオーガナイザーなどを備えているものも多く、タブレットなどの収納も可能です。 スーツケースを選ぶときには、やはりデザイン性が高いのも大切なポイントですよね。 自分好みのデザインだと、旅のテンションも上がります! 出張などのビジネスで使うのであれば、シンプルなデザインの方が良いのかもしれません。 また、個性的なデザインやカラーの製品は、ロストバゲージ対策におすすめ

ポイント6.傷が目立たない

スーツケースは、あちこちに持ち運び、飛行機では機内預けをすると、せっかく購入した新品にも傷がついたりして、ショックを受けた経験はありませんか? スーツケースによっては、 ボディシェルに耐衝撃性と耐摩耗性に優れた「ポリカーボネイトハイブリッド樹脂」を採用し、傷を目立ちにくしてくれるものもあるので、おすすめです!

ポイント7.静音キャスター

静かな場所や平坦でない道を歩くとき、スーツケースのキャスターの音がとても気になる場合がありますよね! 音が気になりにくいスーツケースを望む方は、 静音性能付きのスーツケースがおすすめです。 音を抑えながら滑らかに運べるために、住宅街等でも周りを気にせず移動でき安心でずよ!

ポイント8.エキスパンダブル機能

荷物が入りきらないときに重宝するのが、エキスパンダブル機能(マチアップ機能)! 開閉部分やス―ツケース本体の中央付近にあるファスナーを開けてマチ幅を広げ容量を増やす機能です。 旅先でお土産が増えてしまったときなど、容量を広げられる機能があると便利ですよ! スーツケースによっては、なんと10%~15%程度容量を増やせます!

ポイント9.4輪か2輪か?(機動性重視か安定性重視?)

「2輪」タイプは、片側だけに2つのキャスターが付いていて、大型の車輪が採用されているので衝撃や消耗に強く、石畳や悪路での走行を得意としています。 自立させた際に安定性が高く、電車での移動の際にも、勝手に動き出してしまったりしません! 走行音も比較的静かで、スーツケース本体の底を窪ませて入れ込む形で設置しているのでキャスターの強度が高いです。 キャスターが4つ付いた「4輪」タイプは、キャスターが360度回転するので小回りが利き、方向転換もスムーズに行えます! 押して運べるため、腕への負担が少ないです。 2輪キャスターは安定性重視で、4輪キャスターは機動性重視となります。 凸凹道での使用が多いシーンにはサスペンション付きホイールや、電車の移動時に便利なブレーキ付きなど、機能面もスーツケースを選ぶ際のポイントです。

ポイント10.TSAロック

TSAロックとは、アメリカ運輸保安局によって認可を受けている鍵のことです。 アメリカの空港では、検査のため、鍵をかけずに荷物を預けることが求められます。 TSAロック機能を備えたスーツケースは、保安局の職員が特殊なツールで鍵を開けられるため、基本的には施錠したまま荷物を預けることが可能です。 海外旅行でも安心です!

2泊~3泊国内旅行のおすすめスーツケースランキング!ベスト3は?

スーツケース
スーツケースの選び方の10個のポイントを踏まえ、価格とのバランスも考えながら、厳選したスーツケースランキングです!

今人気急上昇中、話題沸騰のスーツケースベスト3とは?

第1位:プロテカ スーツケース ステップウォーカー (36L) 3WAY走行 ファスナータイプ

販売価格(税込): 36,300 円
エースプロテカステップウォーカー02891
プロテカ ステップウォーカー
3通りの引き方を自由自在に操れるラゲージ「ステップウォーカー」で、4輪走行、2輪ヨコ走行、2輪タテ走行を駆使して、改札・人混み・エスカレーターなど、制約がある場所でもシーンでも抜群の機動性です! 「進む」「曲がる」「止まる」といった走行性能が最高で、旅が楽しくなります! どの走行スタイルでも持ちやすい特殊設計されたハンドルも快適です! 重量は2.9kgと軽量で、36L収納できるので、2泊~3泊の旅行に、とってもおすすめです。 もちろん、3辺合計115cm以内なので、機内持ち込み可能(国際線・国内線100席以上)独自開発の「サイレントキャスター®」を採用していて、静音性も抜群で、細かいリブとザラッとした質感のシボ加工を施し、傷も目立ちにくいです! もちろん、TSAロックです。 デザイン性も高く、オシャレな4色がラインナップされていて、3拍子揃っていて、購入後満足間違いなしです!
ブラック、ブルーグレー、コロナレッド、シフォンブルーの4色展開

以下のサイトで、なんと25%以下で購入することできるので、ご覧ください!!

 ⇓   ⇓  

もっともっと、軽いスーツケースをご希望??

それであれば!!!

第2位: プロテカ エセリア (29L) 軽量ソフトキャリー 2~3泊用 

販売価格(税込): 40,700 円
エースプロテカエセリア
プロテカ エセリア

このスーツケースの特徴は、なんと最軽量1.5kg!!

独自開発したパネルレス設計のフレーム構造「エアリム2」により、驚きの軽さと、高い形状安定性を実現しています
独自開発のフレーム構造
プロテカ エセリア
容量も約29Lあるので、2~3泊の旅行であれば、充分荷物が入り、もちろん、機内持ち込み可能ですよ! 必要なものをすぐに取り出せる前面ポケットも便利でs、スタイリッシュなデザインも魅力!! 高さを調節できるプルドライブハンドル、両手でしっかりと持てるワイド設計のトップハンドルも扱いやすい! 静かで小回りのきく4輪キャスターなど、使いやすさを最優先した機能です!

以下のサイトで、詳細をご確認ください!! 超おすすめです!!

  ⇓   ⇓  

やっぱりスーツケースはデザインでしょう!という方には??

第3位: エース HaNT ハント ソロ (32L) ファスナータイプ スーツケース

販売価格(税込): 31,900 円
エースハントソロ
エース HaNT ハント ソロ
女性のために開発されたスーツケースが、「HaNT(ハント)」シリーズです! 天然石のような色とシースルーボディが特徴の「ソロ」、本当にかわいいですよ! ボディ表面はシボ仕上げでカットグラスのような凝ったデザインのリブ柄で、内側はオリジナルのプリント柄を使用しています。 荷物を入れているときから、テンションあがりますよね!
本体色と色ごとの内装プリント柄
エース HaNT ハント ソロ
内装は、靴やお土産の箱など大きな荷物も収納しやすい片面収納タイプ片面に荷物をまとめて入れて、もう片面でフタをする簡単荷造りスタイルで、デッドスペースを意外と少ないのです。 傾斜のある場所で活躍するキャスターストッパー付きで、置き引き防止に有効なワイヤーコード付きロックも搭載しているので安心! センスある外観と個性的な内装だけでなく、方向転換しやすい双輪キャスター便利で安心な機能が盛りだくさんです!

以下のサイトで、詳細をご確認ください!かわいいですよ!

  ⇓   ⇓  

上記の3つのおすすめのスーツケースの以外にも、「トコ―」のサイトでは、他にも様々な人気ブランドのスーツケースを扱っています。

送料無料と会員割引を活用すると スーツケースなどは正規品でほぼ国内最安値

スーツケースアクセサリーやスーツケースベルトなど、旅行便利グッズも豊富です! ぜひチェックしてみてくださいね!

  ⇓   ⇓

まとめ:2022年スーツケースの2泊3日国内旅行用のおすすめは?機内持ち込みOK?

ここでは、 2泊~3泊の短期国内旅行の場合の持参する荷物の量、機内持ち込みOKのサイズ、スーツケースの選び方のポイント、おすすめの2022年版最新スーツケースの通販・お取り寄せについて紹介しました。 ぜひあなたにピッタリの旅の相棒を選んでくださいね! スーツスーツケース 飛行機で移動の場合は、機内にスーツケース持ち込めるかどうか気になりますよね! 飛行機公共交通機関では、持ち込める荷物のサイズや重量に制限があるため、スーツケースを購入する前に必ずチェックしておきましょう。 スーツケースを機内に持ち込む最大のメリットは、荷物を預ける、ターンテーブルから荷物が出てくるの待つ、時間や手間が省ける点でしょうか。 目的地に到着後、すぐに移動できるので、待ち時間のストレスもありませんよね! 荷物を預けるか、機内持ち込みかで、15分~20分の時間差! この差は旅先では大きいですよね! また、荷物を預けていて、せっかくターンテーブルから自分の荷物が出てきたと思ったら、スーツケースが破損していた!なんて悲しいケースも。。。涙 現在では、新幹線や各鉄道、バス会社でも、持ち込める荷物のサイズには制限があります。 2020年5月20日以降、「3辺の合計が160cm超250cm以内」の荷物(「特大荷物」)を新幹線の車内に持ち込む場合は、「特大荷物スペース」とセットで発売する座席(「特大荷物スペースつき座席」)事前申請が必要になりました。 機内持込サイズであれば、新幹線でも問題なく、混雑した車内や階段などでも機動力が高く、電車などの移動時もスムーズです。 それでは、機内に持ち込める手荷物のサイズは、重量やサイズはどのようになっているのでしょうか? 手荷物のサイズは、縦・横・高さの3辺の合計サイズ重量で決まります。 航空会社や路線ごとに、機内に持ち込める手荷物のサイズは、 ”3辺の合計が〇cm以内” ”1個あたりの総重量〇kg” など荷物の大きさ、重量、個数が決まっています。 JALやANAなどほとんどの大手航空会社の国内線の100席以上の飛行機では、 「3辺の合計が115cm以内(かつ横40×縦55×マチ25cm以内)」となっています。 ただし、座席が100席以下の飛行機は3辺の合計が100cm以内となっているので注意してくださいね! LCCなどの格安航空会社は、機内に持ち込めるサイズの規定が異なる場合があるので、事前に確認することを忘れずにしてください。 機内持込み規定サイズ/100席未満の航空機で3辺の合計が100cm以内、100席以上の航空機で3辺の合計が115cm以内また、機内に持また、機内に持ち込めるスーツケースは重量制限もあります。 
例:JALの機内に持ち込み可能な荷物の数と重量 1.身の回りの品(ショッピングバッグ、ハンドバッグなど)1個 2.その他、手荷物1個 そして、この合計重量が10kgを超えないこと
航空会社により異なりますが、だいたい持ち込める荷物の重量は、7~15kg以内です。  ここでいう重量とは、スーツケース本体と中の荷物の重さを合わせた合計重量。 つまり、スーツケース本体が軽ければ軽いほど、たくさんの荷物を入れられることになりますね! 以下の重量とサイズを基準に、スースケースのサイズを選びましょう! 
機内持ち込み可能サイズ:「3辺の合計が115cm以内(かつ横40×縦55×マチ25cm以内)」  機内持ち込み制限重量: 10kg
   
 

2~3泊国内旅行のスーツケースの選び方!知っておきたい10個のポイントとは?

スーツケース

ポイント1.最適な容量やサイズ

2泊3日となると、メーカーのSサイズにあたる30~40Lのスーツケースがおすすめです 機内持ち込み可能なサイズ (3辺の合計が115cm以内を購入することにより、国内旅行はもちろん、韓国や台湾等の近場の海外旅行でも対応できます! 荷物が増えそうなときには、スーツケースの取っ手に、折りたたみバッグやパソコンバックをセットアップすると完璧です!

ポイント2.スーツケースの重量

機内に持ち込めるスーツケースの合計重量は、10kg以下の制限が多く、航空会社より違いはありますが、7~15kgの範囲が相場となっています。 スーツケース自体が重いと、もちろん中に入れられる荷物の量は減ってしまいますので、重量オーバーになることを避けるには、スーツケースの重さは3kg以下を目安にすると良いでしょう。 また、スーツケース自体が軽ければ、荷物が少ない時にも持ち運びも楽ちんです! 機内持ち込みスーツケースは軽ければ軽いほど理想的ですが、もちろん頑丈かどうか、耐久性も考慮しましょう!

ポイント3.ハードケースあるいはソフトケース?

スーツケースには、ハードケースタイプとソフトケースタイプがあります。 ハードケースは、アルミやプラスチックなどの固い素材でできたスーツケースです。 防犯性が高く、外からの衝撃が中に伝わりにくいので、割れ物などを運ぶには最適で、防水性にもすぐれ雨の日でも浸水しにくいという特長があります。 ソフトケースは、ナイロンやポリエステルなどの柔らかい布地できたスーツケースで、軽いのでその分たくさん荷物を入れられます! 柔軟性にもすぐれているので、荷物を多少無理やり詰め込むことも可能で、衝撃でへこむこともありません。 防犯性を重視するか、軽量であることを重視するか、持っていく荷物の性質等、何を優先するかで決めましょう!

ポイント4.ファスナータイプかフレームタイプ

ファスナータイプは、軽量で柔軟性の高い開閉方式で、外から衝撃を受けてもファスナー部分が衝撃を逃がしてくれます。 そのため、意外にスーツケース本体が壊れにくくなっています。 ファスナーを、ちょっとだけ開けて荷物を取り出したりもできます。 開閉部分に頑丈なフレームを利用したフレームタイプは、ナイフで切り裂いたりドライバーなどでこじ開けたりすることが難しく、防犯性にすぐれています。 気密性も高く、雨による浸水などを防いでくれるので、防水性が高いです。 軽量なスーツケースを探している人は、ファスナータイプが向いています。 セキュリティを重視し、荷物の破損を防ぎたい人は、フレームタイプが向いています。

ポイント5.フロントポケット高いデザイン性

フロントポケットが設置されているスーツケースの多くはソフトケースですが、機内持ち込みサイズではハードケースでも見られることもあります。 フロントポケットがあれば、荷物をスマートに出し入れできて便利です。 ガイドブックや地図など、取り出し頻度の高いアイテムを入れておくと重宝しますよ! クッション材入りのPCポケットオーガナイザーなどを備えているものも多く、タブレットなどの収納も可能です。 スーツケースを選ぶときには、やはりデザイン性が高いのも大切なポイントですよね。 自分好みのデザインだと、旅のテンションも上がります! 出張などのビジネスで使うのであれば、シンプルなデザインの方が良いのかもしれません。 また、個性的なデザインやカラーの製品は、ロストバゲージ対策におすすめ

ポイント6.傷が目立たない

スーツケースは、あちこちに持ち運び、飛行機では機内預けをすると、せっかく購入した新品にも傷がついたりして、ショックを受けた経験はありませんか? スーツケースによっては、 ボディシェルに耐衝撃性と耐摩耗性に優れた「ポリカーボネイトハイブリッド樹脂」を採用し、傷を目立ちにくしてくれるものもあるので、おすすめです!

ポイント7.静音キャスター

静かな場所や平坦でない道を歩くとき、スーツケースのキャスターの音がとても気になる場合がありますよね! 音が気になりにくいスーツケースを望む方は、 静音性能付きのスーツケースがおすすめです。 音を抑えながら滑らかに運べるために、住宅街等でも周りを気にせず移動でき安心でずよ!

ポイント8.エキスパンダブル機能

荷物が入りきらないときに重宝するのが、エキスパンダブル機能(マチアップ機能) 開閉部分やス―ツケース本体の中央付近にあるファスナーを開けてマチ幅を広げ容量を増やす機能です。 旅先でお土産が増えてしまったときなど、容量を広げられる機能があると便利ですよ! スーツケースによっては、なんと10%~15%程度容量を増やせます!

ポイント9.4輪か2輪か?(機動性重視か安定性重視?)

「2輪」タイプは、片側だけに2つのキャスターが付いていて、大型の車輪が採用されているので衝撃や消耗に強く、石畳や悪路での走行を得意としています。 自立させた際に安定性が高く、電車での移動の際にも、勝手に動き出してしまったりしません! 走行音も比較的静かで、スーツケース本体の底を窪ませて入れ込む形で設置しているのでキャスターの強度が高いです。 キャスターが4つ付いた「4輪」タイプは、キャスターが360度回転するので小回りが利き、方向転換もスムーズに行えます! 押して運べるため、腕への負担が少ないです。 2輪キャスターは安定性重視で、4輪キャスターは機動性重視となります。 凸凹道での使用が多いシーンにはサスペンション付きホイールや、電車の移動時に便利なブレーキ付きなど、機能面もスーツケースを選ぶ際のポイントです。

ポイント10.TSAロック

TSAロックとは、アメリカ運輸保安局によって認可を受けている鍵のことです。 アメリカの空港では、検査のため、鍵をかけずに荷物を預けることが求められます。 TSAロック機能を備えたスーツケースは、保安局の職員が特殊なツールで鍵を開けられるため、基本的には施錠したまま荷物を預けることが可能です。 海外旅行でも安心です!

2泊~3泊国内旅行のおすすめスーツケースランキング!ベスト3は?

スーツケース
スーツケースの選び方の10個のポイントを踏まえ、価格とのバランスも考えながら、厳選したスーツケースランキングです!

今人気急上昇中、話題沸騰のスーツケースベスト3とは?

第1位:プロテカ スーツケース ステップウォーカー (36L) 3WAY走行 ファスナータイプ

販売価格(税込): 36,300 円
エースプロテカステップウォーカー02891
プロテカ ステップウォーカー
3通りの引き方を自由自在に操れるラゲージ「ステップウォーカー」で、4輪走行、2輪ヨコ走行、2輪タテ走行を駆使して、改札・人混み・エスカレーターなど、制約がある場所でもシーンでも抜群の機動性です! 「進む」「曲がる」「止まる」といった走行性能が最高で、旅が楽しくなります! どの走行スタイルでも持ちやすい特殊設計されたハンドルも快適です! 重量は2.9kgと軽量で、36L収納できるので、2泊~3泊の旅行に、とってもおすすめです。 もちろん、3辺合計115cm以内なので、機内持ち込み可能(国際線・国内線100席以上) 独自開発の「サイレントキャスター®」を採用していて、静音性も抜群で、細かいリブとザラッとした質感のシボ加工を施し、傷も目立ちにくいです! もちろん、TSAロックです。 デザイン性も高く、オシャレな4色がラインナップされていて、3拍子揃っていて、購入後満足間違いなしです!
ブラック、ブルーグレー、コロナレッド、シフォンブルーの4色展開

以下のサイトで、なんと25%以下で購入することできるので、ご覧ください!!

 ⇓   ⇓  

もっともっと、軽いスーツケースをご希望??

それであれば!!!

第2位: プロテカ エセリア (29L) 軽量ソフトキャリー 2~3泊用 

販売価格(税込): 40,700 円
エースプロテカエセリア
プロテカ エセリア

このスーツケースの特徴は、なんと最軽量1.5kg!!

独自開発したパネルレス設計のフレーム構造「エアリム2」により、驚きの軽さと、高い形状安定性を実現しています
独自開発のフレーム構造
プロテカ エセリア
容量も約29Lあるので、2~3泊の旅行であれば、充分荷物が入り、もちろん、機内持ち込み可能ですよ! 必要なものをすぐに取り出せる前面ポケットも便利でs、スタイリッシュなデザインも魅力!! 高さを調節できるプルドライブハンドル、両手でしっかりと持てるワイド設計のトップハンドルも扱いやすい! 静かで小回りのきく4輪キャスターなど、使いやすさを最優先した機能です!

以下のサイトで、詳細をご確認ください!! 超おすすめです!!

  ⇓   ⇓  

やっぱりスーツケースはデザインでしょう!という方には??

第3位: エース HaNT ハント ソロ (32L) ファスナータイプ スーツケース

販売価格(税込): 31,900 円
エースハントソロ
エース HaNT ハント ソロ
女性のために開発されたスーツケースが、「HaNT(ハント)」シリーズです! 天然石のような色とシースルーボディが特徴の「ソロ」、本当にかわいいですよ! ボディ表面はシボ仕上げでカットグラスのような凝ったデザインのリブ柄で、内側はオリジナルのプリント柄を使用しています。 荷物を入れているときから、テンションあがりますよね!
本体色と色ごとの内装プリント柄
エース HaNT ハント ソロ
内装は、靴やお土産の箱など大きな荷物も収納しやすい片面収納タイプ 片面に荷物をまとめて入れて、もう片面でフタをする簡単荷造りスタイルで、デッドスペースを意外と少ないのです。 傾斜のある場所で活躍するキャスターストッパー付きで、置き引き防止に有効なワイヤーコード付きロックも搭載しているので安心! センスある外観と個性的な内装だけでなく、方向転換しやすい双輪キャスター便利で安心な機能が盛りだくさんです!

以下のサイトで、詳細をご確認ください!かわいいですよ!

  ⇓   ⇓  

上記の3つのおすすめのスーツケースの以外にも、「トコ―」のサイトでは、他にも様々な人気ブランドのスーツケースを扱っています。

送料無料と会員割引を活用すると スーツケースなどは正規品でほぼ国内最安値

スーツケースアクセサリーやスーツケースベルトなど、旅行便利グッズも豊富です! ぜひチェックしてみてくださいね!

  ⇓   ⇓

まとめ:2022年スーツケースの2泊3日国内旅行用のおすすめは?機内持ち込みOK?

ここでは、 2泊~3泊の短期国内旅行の場合の持参する荷物の量、機内持ち込みOKのサイズ、スーツケースの選び方のポイント、おすすめの2022年版最新スーツケースの通販・お取り寄せについて紹介しました。 ぜひあなたにピッタリの旅の相棒を選んでくださいね!
おすすめの記事