東武スーパープールの2022年料金やチケット購入法は?混雑やアクセスや駐車場は?
東武動物公園公式サイトより引用

埼玉県の東武スーパープールが、2022年7月にプール開き予定で、2022年料金やチケット購入法、予想混雑状況等気になりますよね。ここでは、東武スーパープールの魅力や見どころ、2022年の営業期間(営業日)や営業時間、2022年プールや有料席の料金、チケット購入法、アクセスや駐車場について紹介します。

東武スーパープールの魅力や見どころは?

東武動物公園公式サイトより引用

東武スーパープールの魅力は?

東武スーパープールは、埼玉県南埼玉郡宮代町にある東武動物公園内に併設されている屋外プール施設です。

渋谷から電車で約80分でアクセスできる「東武動物公園」は、最寄り駅から徒歩10分とアクセス抜群な夏のオアシスです!

そのため、埼玉県に限らず、県外から多くの人々が訪れます。

東武スーパープールには、1周300mの「流れるプール」や「波のプール」、小さい子供も安心の「キッズプール」と、プールの種類も豊富なので子供から大人まで幅広く楽しめます。

map
東武動物公園公式サイトより引用

海にいるかのような波が楽しめる「ウェイブプール」、「タイガースプラッシュ」や「急流すべり」など興奮間違いなしです!

また、小さな子供も楽しむことができる、日本最大級の屋外キッズプール「じゃぶじゃぶアドベンチャー」は、年齢に合わせて楽しめる遊具・施設です。

多彩なアトラクションが楽しめる遊園地全120種類1,200頭もの動物がいる動物園も併設されています。

プールの後には、バラエティーに富んだ30種類のアトラクションが楽しめる「遊園地ゾーン」、世界に250頭ほどしかいないホワイトタイガーやライオンの「動物園ゾーン」等、1日たっぷり遊べるテーマパークです!

大迫東武スーパープールのスライダーやウェーブプールの特徴は?

急流すべり(スライダー)

全長 85m、高さ 9.5m急流すべり(スライダー)は、専用の浮き輪で岩間を滑り落ちる爽快感は最高ですよ!

身長制限があり、120cm以上となります。

大迫力のウォータースライダーは、左右に大きく振られて、最後にはプールにダイブ!!

一度経験するとやみつき間違いなしです♪

タイガースプラッシュ(スライダー)

全長75m・70m・60m、高さも10m・9m・8mの3っつのコースが楽しめるスパイラルスライダーです!

タイガースプラッシュは浮き輪を使用しないで、体で滑っていくスライダーです。

ホワイトタイガー柄の外装かクールで、関東初となる光を滑走面に取り込む演出が2つのレーンで経験できます。

滑っている時に虹のような光が差し込み、幻想的な世界に引き込まれますよ!

こちらも、利用には身長制限があり、120cm以上の方に限られます!

ウェイブプール

1回約7分間のウェイブタイムが人気の、波と一体になれるプールです。

南国の海にいるかのような波が楽しめるウェイブタイムは、10:30~16:00の間、1時間に2回(予定)あります。

幅 90m、奥行 60mとかなり広いスペースで、リゾートビーチのような爽快感です!

ウェイブプールに設置された11基の"ウォーターキャノン砲"から、音楽に合わせて水を打ち上げるアトラクションなども実施されます。

ウェイブプールは、奥に行くほど深くなっていて、0~1.5mの深さです。

小さいお子様と一緒の時は、十分に注意してくださいね!

東武スーパープールのキッズプールや流れるプールの特徴は?

キッズプール「じゃぶじゃぶアドベンチャー」

東武スーパープールでは、小さな子供達も思う存分楽しめる環境になっています。

東武スーパープールのキッズプール「じゃぶじゃぶアドベンチャー」は、3つのエリアに分かれていて、屋外最大級のキッズプールです。

子供も大喜びのアクアプレイエリアでは、5分ごとに500ℓの水が頭上に降り注ぐバケツスプラッシュをはじめ、8種類の回転式滑り台や噴水遊具で自由に遊べます。

センターエリアの深さは、0〜60cmとなっていて、小さいお子さんも安心です。

噴水や滑り台などの遊具もあり、飽きずに水遊びしてしまいますね♪

一般的なスライダーは身長制限がありますが、親子スライダーは、お父さんやお母さんと一緒に滑ることができますよ♪

なお、中学生以上の方のお一人でのご利用はできません。

流れるプール

全長 300m、深さ1.1mの流れるプールでは、浮き輪でプカプカ、ビーチマットでのんびり。水の流れに任せてリゾート気分を楽しめます。

子供達も、浮き輪につかまってプカプカ浮いているだけで、楽しさ満喫です!

東武スーパープールの2022年のプール開きや営業期間(営業日)は?営業時間は?

東武動物公園公式サイトより引用

2022年、東武動物公園では、2022年7月2日(土)〜9月4日(日)の期間、「東武スーパープール」の開催を決定しました。

2022年は猛暑が続いていますが、流れるプールに浮かんでのんびりしたり、ウォータースライダーで爽快感を味わったり、夏のオアシスを楽しめますね!

なお、7月の営業日は土日祝のみ、8月は休園日もなく連日営業、9月は最初の土日のみ営業予定です。

ただし、営業日は予告なく変更になる場合もありますので、お出かけする前に公式サイトで確認してくださいね!

東武スーパープールの2022年の営業期間(営業日)・営業時間

営業期間: 2022年7月2日(土)〜9月4日(日)

営業日:

7月 土日祝営業 7月2日(土)・3日(日)・9日(土)・10日(日)・16日(土)~18日(月祝)・23日(土)・24日(日)・30日(土)・31日(日)

8月 全日営業

9月: 9月3日(土)・4日(日)

営業時間: 9:30~17:00 ナイトプールの営業はありません。

東武スーパープールの2022年料金やチケット購入法は?有料席やチケット販売スケジュールは?

プール遊び

東武スーパープールの2022年料金は?

東武動物公園のプールは、東武動物公園の動物園・遊園地エリアと別料金になります。

東武動物公園の入園券やフリーパスだけでは、プールには入場できませんのでご注意ください。

3歳以上は、入園券+プール入場券が必要です。

東武スーパープールの2022年料金

入園券+プール入場券

大人(18歳以上): 3,100円

中人(中・高校生): 2,500円

小人(3歳~小学生): 1,500円

シニア(60歳以上): 2,400円

プール入場券(別途入園券が必要)

大人(18歳以上): 1,300円

中人(中・高校生): 1,000円

小人(3歳~小学生): 700円

シニア(60歳以上): 1,300円

東武スーパープールの2022年のチケット購入法は?

東武スーパープールでは、2022年も新型コロナウイルスの感染拡大防止対策として、日時指定の完全予約制となり、入園時間の分散・入場者数を制限して営業されます。

当日、東武動物公園のチケット売り場では購入できないのでお気を付けください。

コンビニ前売り券の販売は、当面の間中止となっています。

日時指定WEBチケットは、予約購入サイト「アソビュー」での販売です。

プールチケットは販売上限数になると、販売終了となります。

入場券に余裕がある場合は、当日の15:00まで購入可能だそうなので、アソビューをチェックしてみてくださいね。

\今すぐ東武スーパープールのチケットを購入する!/

まとめ:必要なチケットは?

東武動物園の入園券を持っていない人は?

予約購入サイト「アソビュー」「入園券+プール入場券」を購入!

すでに東武動物公園の入園券を持っている人は?

予約購入サイト「アソビュー」「プール入場券のみ」を購入!

東武スーパープールの2022年の有料席の購入は?

ゆっくりプールサイドで休憩をしたい人おすすめなのが、予約制の有料席です。

2022年は有料席も完全予約制となっています。

有料席はパラソルや屋根付きで、テーブルやイス、サマーベッドなどがついています。

時間制限がないので、退場するまで利用OK!

東武スーパープール 2022年有料席

ロイヤルシート

場内11ヶ所に設置されているロイヤルシートは最大定員6名まで可能です。

屋根付きなので、日陰で体を休めることができまよ。

ロイヤルシート(定員6名): サマーベッド×2、テーブル×1、椅子×4

土日祝及び、8月10(水)~8月6日(火): 8,000円/1日

その他営業日: 6,000円/1日

パラソルシート

場内40ヶ所に設置されているパラソルシートは、最大定員4名まで可能です。

テーブルやイスがついているので飲食もできますね!

パラソルシート(定員4名):パラソル×1、椅子×3、サマーベッド×1、テーブル×1

土日祝及び、8/10(水)~8/16(火): 6,000円/1日

その他営業日: 4,000円/1日

有料席も、予約購入サイト「アソビュー」での販売です。

※有料席料金には、入園料とプール入場料は含まれませんのでご注意くださいね。

有料席のご利用には、別途、入園券とプール入場券が必要です。

※必ず、「アソビュー」で、同日の日時指定WEBチケット(「入園券+プール入場券」か「プール入場券」)をご購入の上、有料席をご予約・購入してください。

2022年のチケット販売スケジュールは?

2022年の東武動物公園のプールチケット販売スケジュールは、以下の通りです。

チケット販売スケジュール

2022年6月27日(月)12時販売開始

チケットはご利用日 1週間前の10:00よりWEBチケット購入サイトにて販売開始となります。

東武スーパープールの2022年の混雑状況は?

東武動物公園公式サイトより引用

東武スーパープールは大人気なので、例年かなり混雑します。

しかし、2022年は新型コロナウィルス感染拡大防止のため、プールへの入場は「日時指定の完全予約制」となっていることから、例年のような混雑はないと予測されます。

2022年の東武動物公園のプールは、入場待ちの混雑による密を避けるために、入場時間は3つに分かれています。

アソビューで予約チケットを購入する時に、入場時間9:30~・10:30~・11:30~の3パターンから選びます。

東武動物公園のプールは、毎年日陰がある休憩スペース争奪戦となることから、早い時間の入場チケットをおすすめします、

また、学生の休みが多くなる7月中旬以降から、チケットを求める人が多くなることが予測されます。

特に8月のお盆時期は、早めにチケットが売り切れることも予想されますので、一週間前の可能な限り早めにチケットをご購入くださいね!

7月上旬の土日祝や、8月の平日は、比較的混雑は少ないでしょう!

東武スーパープールのアクセスや駐車場は?

プール遊び

東武スーパープール(東武動物公園)

住所: 〒345-0831  埼玉県南埼玉郡宮代町大字須賀110

TEL: 0480-93-1200(代表)

東武スーパープールのアクセス

電車でのアクセス

東武スカイツリーライン 東武動物公園駅西口下車後、徒歩約10分です。

プールは施設の東ゲートから園内バス(有料)でさらに約10分です。

車でのアクセス

東北自動車道 「久喜I.C」から約20分です。

東北自動車道「岩槻I.C」から約25分です。

圏央道「桶川北本I.C」から約40分です。

東北自動車道ETC専用「蓮田スマートI.C」から約15分です。

東武スーパープールの駐車場

西ゲート(動物園側)に3,000台収容できる大駐車場あり。

料金は普通車(1台/1日)1,000円/バス(1台/1日)2,000円

※GW・お盆は駐車場及び周辺道路が大変混雑しますので、公共の交通機関のご利用をおすすめします。

まとめ:東武スーパープールの2022年料金やチケット割引は?混雑やアクセスや駐車場は?

ここでは、東武スーパープールの魅力や見どころ、2022年の営業期間(営業日)や営業時間、2022年プールや有料席の料金、チケット購入法、アクセスや駐車場について紹介しました。

東武スーパープールで猛暑を乗り切りましょう!

おすすめの記事