稲毛海浜公園プールの2022年料金やチケット購入法は?営業日やアクセスや駐車場は?

千葉県の稲毛海浜公園プール(いなプー)は、2022年リニューアルされ魅力や見どころが倍増、新料金やチケット購入法、プール開きや営業日等気になりますよね。ここでは、稲毛海浜公園プールの楽しみ方やリニューアル、2022年営業日や営業時間、2022年料金やチケット購入法、アクセスや駐車場について紹介します。

稲毛海浜公園プールの魅力や楽しみ方は?2022年リニューアルは?

稲毛海浜公園プール公式サイトより引用

稲毛海浜公園プールの魅力や楽しみ方は?

千葉県の稲毛海岸にある稲毛海浜公園は、人工海浜「いなげの浜」やフラワーミュージアム、プール、運動施設、ヨットハーバーなどがあります。

例年7月中旬〜8月末には、千葉県内最大級のプールがオープンします。

稲毛海浜公園プールは、SUNSET BEACH PARK INAGE という施設の一部です。

いなプー(inapoo)の愛称で親しまれ、スライダープール、波のプール、1周295mの流れるプール、からくり遊具のあるチビッコプールなど大小さまざまなプールが12種類あります。

エリアマップ
稲毛海浜公園プール公式サイトより引用

プールに隣接するいなげの浜は、2019年10月に白砂による大規模な養浜工事が完了し、全長約1.2kmのホワイトビーチとして生まれ変わりました。

稲毛海浜公園プールは、海浜ニュータウンの全面、東京湾沿岸にあり、プール利用者は「いなげの浜」ビーチとの往来が可能で、ビーチとプールが一体化した特別な体験ができます。

最大全幅30mのメインプールでは、プールにいながら、まるで海にいるような感覚を存分に楽しむ事ができます。

ゆったり流れに乗って一周することができる「流水プール」は、全長295メートルもあります。

全長80mのウォータースライダーは大迫力で、スリル満点です。

スライダーは身長制限があり、120cm以上となっています。

また、子供達も安心して遊ぶことができる「ちびっこプール」もあります。

水深20㎝前後の浅いプールで、噴水シャワーやカラクリバケツから約1000リットルの水が突然降ってくるしかけがあったり、小さな子供も大興奮間違いなしですよ♪

また、高さ約6mからの滑り台や、お子様向けのエア遊具、水上に浮かんでいる水上アスレチックなども!!

パラソル付きのテーブルとベンチでゆっくりくつろげる「プライベートスペース(有料)」や、レストラン、売店もそろっており、大人から子どもまで1日中楽しむことができます!

稲毛海浜公園プールでは、小さ子供から大人まで楽しめる豊富なメニューを揃えた食事も用意されていて、開放感のあるプールサイドで味わうことができますよ!

グランピングやバーベキューなどのレジャーを楽しめる施設もありますので、楽しみ方は多彩です!

いなげの浜や稲毛海浜公園プールが2022年リニューアル?

2022年4月には、「いなげの浜」において、海へ延びるウッドデッキの整備が行われました。

ウッドデッキは全長90m、幅10mで、海上に47mせり出し、砂浜から緩やかに高くなります。

全長1.2km のいなげの浜の中心部にメインストリートから海に向かって伸びるピア(桟橋)です。

2022 年4 月29 日(金) に、ピア(桟橋)の先端に、稲毛海浜公園内「SUNSET BEACH PARK INAGE」に“The SUNSET Pier & Café” が開業しました。

地元住民に愛されているサンセットをよりダイナミックに海の上から愉しむことが出来るシンボリックな空間の誕生です!

デッキ上のカフェでは、音楽ライブを催したり出来るように整備されています。

カフェで購入した飲み物や食事を持って、贅沢に寛ぐことができる空間が広がっています。

また、20年近くにわたり千葉県民に親しまれてきた稲毛海浜公園プール(いなプー)が生まれ変わります!

2022年夏、いなプーが、老若男女が楽しめる、懐かしさと新しさを融合させたレトロモダンをコンセプトとして、新たに生まれ変わるのです。

今までのプールコンテンツに加えて、大型遊具なんかの多彩なアクティビティが増え、よりゆっくりと大人が寛げるVIPエリアも設置されるそうです、

また、足感の高い料理を提供するCANTEENなども用意されます。

2023年以降には、さらに新たなレストランや、インドアスポーツやイベントが楽しめる室内プールも開業されるそうです!

2022年以降の稲毛海浜公園プールから、目が離せませんね♪

プールに行くときに、絶対忘れてはいけない持ち物のひとつが「日焼け止め」です。

夏の屋外プールなので、こんがり日焼け肌も美しいのではありますが、やっぱり紫外線対策はしっかりしたい!

入水する場合は、塗るタイプの日焼け止めはすぐとれてしまうので、ラッシュガードなどで紫外線カットしましょう。

最近、プールに行く時は飲むタイプの日焼け止めもでてきますので、ご利用ください!

公園の水遊び、プールや海で使えて、赤ちゃんにも安心の肌に優しい日焼け止めが欲しい!

そんなママさんたちの声から生まれた「アロベビー」のウォータープルーフのUVミルクは、100%天然由来成分・無添加・国産オーガニックで、新生児にも使えます。

伸びがよく、白浮きしない肌馴染のよいUVミルクは、石鹸で落とせるので、肌に負担をかけず、とっても優しいのです♪

赤ちゃんの肌にも負担をかけないSPF30 PA+++で、強い太陽による日焼けから、しっかり肌を守ります。

稲毛海浜公園プールの2022年プール開きや営業期間(営業日)は?営業時間は?

千葉市公式サイトより引用

稲毛海浜公園プールは、新型コロナ感染症の影響で2021年は閉園の時期がありましたが、2022年は稲毛海浜公園プールが開園されます!

2022年は例年通りオープンの予定で、2022年度のプール開きは、2022年7月16日(土)です!

2022年の稲毛海浜公園プールの営業期間(営業日)は、2022年7月16日(土)~8月28日(日)です。

稲毛海浜公園プールの営業期間(営業日)・営業時間

稲毛海浜公園プールの営業期間(営業日):2022年7月16日(土) 〜 8月28日(日)

営業時間: 10:00 〜 17:00

※2022年度は7月も平日営業されます。

稲毛海浜公園プールの2022年料金やチケットの種類は?購入法は?

稲毛海浜公園プール公式サイトより引用

稲毛海浜公園プールの2022年料金(入場券やオプション券)は?

稲毛海浜公園プールでは、2022年、日付指定チケットの事前購入が必要となります。

2022年より、リニューアルに伴い料金が改定されています。

入場券 料金

一般: 1,600円(税込)

高校生: 1,000円(税込)

小・中学生: 500円(税込)

幼児(4歳以上): 200円(税込)

オプション券 料金

ウォーターアトラクション1日乗り放題: 2,000円(税込)/人

VIPエリア(6人がけ席): 5,000円(税込)/人

プライベート席(6人がけパラソル席): 3,000円(税込)/人

ウォーターアトラクション1日乗り放題で、稲毛海浜公園プールで人気のブーメランスライダー、ジャイアントスライダー以外にも、新しく導入するウォーターアトラクションを思う存分楽しめ眼ますよ!

稲毛海浜公園プールの2022年チケット購入法は?いつから予約スタート?

2021年の稲毛海浜公園プールは、自社HPで購入可能なオンラインチケットを導入しました。

稲毛海浜公園プールのチケットの購入法は、公式サイトの説明をご覧ください!

2022年7月9日から、稲毛海浜公園プールの公式サイトから予約スタートになります!

稲毛海浜公園プールのアクセスや駐車場は?

千葉市公式サイトより引用

住所: 千葉県千葉市美浜区高浜7丁目1番1号

電話番号: 043(247)2771

稲毛海浜公園プールのアクセスは?

電車・バスでのアクセス

JR京葉線「稲毛海岸駅」「検見川浜駅」より徒歩約25分です。

JR稲毛駅西口2番バス乗り場より、「海浜公園プール行き」で終点下車、または「高浜車庫行」で終点、または「高浜車庫行」で終点徒歩5分です。

海浜公園プール経由アクアリンク行」で海浜公園プール下車(開園中の土・日・祝日は「海浜公園プール行」臨時急行便を運行)

JR新検見川駅よりバス(千葉海浜交通)「磯辺高校行き」乗車、徒歩5分です。

車でのアクセス

東関東自動車道「湾岸習志野IC」より約20分です。

国道14号・357号浅間神社交差点を海側へ曲がり、約2km直進し、海浜大通りを左折し約1kmです。

稲毛海浜公園プールの駐車場は?

園内常設駐車場 :1,000台

第1駐車場550台・第2駐車場450台

プールやいなげの浜には第1駐車場があります。

24時間営業で3時間まで300円、以降1時間ごとに100円となっています。

ただし、プール期間中は1回600円です。

第1駐車場:〒261-0003 千葉県千葉市美浜区高浜7丁目1番1号

営業時間:6:00-22:00

普通車:1回600円 大型車:1回2,000円

第2駐車場:〒261-0003 千葉県千葉市美浜区高浜7丁目2番2号

営業時間:7:00-17:30

普通車:1回600円

土日、祝日中は、駐車場入場渋滞になりますので、シーズン中は相当早い時間に行くか、公共交通機関でのアクセスをおすすめします。

まとめ:稲毛海浜公園プールの2022年料金やチケット購入法は?営業日やアクセスや駐車場は?

ここでは、稲毛海浜公園プールの楽しみ方やリニューアル、2022年営業日や営業時間、2022年料金やチケット購入法、アクセスや駐車場について紹介しました。

リニューアルされた稲毛海浜公園プールで、思う存分夏の思い出をつくりましょう!

おすすめの記事