【利めい庵】の蕎麦を藻岩山(札幌南区)の麓で!週末のみ古民家に地鶏せいろの香り?
利めい庵の鶏せいろ

蕎麦喰処【利めい庵】は、週末のみ営業している、札幌市南区の蕎麦の名店です。藻岩山の麓に佇む古民家です。ミシュランのビグルマンにも選ばれました。ここでは、蕎麦喰処【利めい庵】の雰囲気やおすすめのメニュー、蕎麦の風味や場所やアクセス、営業時間についてまとめました。

蕎麦喰処【利めい庵】の独特の雰囲気とは?

札幌の市街から車を走らせると、右手に藻岩山が見えてきます。

春夏秋冬色を変える藻岩山を見ながら、藻岩山山頂を目指す道をドライブしていくと、展望台や市民スキー場がある藻岩山へ登る藻岩山観光道路の料金所近くに、蕎麦喰処【利めい庵】が佇んでいます。

利めい庵は、「ここは札幌なのか?」とため息がでるほどな自然に囲まれた、山の中の趣ある古民家です。

郷愁感漂う古民家で、金土日の3日間と祝祭日だけやっている蕎麦喰処「利めい庵」。

雪が深く積もる1月と2月は、その古民家から蕎麦の香りが消え、毎年休業となります。

古民家の戸を開けると、一気に空間と時間がガラリとかわり、落ち着くような懐かしい雰囲気とゆっくりとした時間に包まれています。

靴を脱いで上がる利めい庵店内は、畳敷きで風情があり、陶芸家であるご主人の作品が多く置かれていて、心が落ち着きます。

利めい庵の店内

利めい庵の雰囲気がとても居心地が良く、ゆったりと落ち着いた気分にしてくれます。

古民家を改装した利めい庵店内は、掘りごたつ席、大テーブルの座敷席、民芸小物など、レトロ感たっぷりな落ち着いた雰囲気です。

利めい庵の店内

利めい庵店内は、店主ご夫婦が旅行された世界各国の土産品等も飾られてます。

かなり年代物のブラウン管テレビもありました。

そして、利めい庵の魅力は、お店の雰囲気や味だけではなく、ホスピタリティあふれる店主夫妻にあります。

温かい心が感じられ、本当にほっとして、利めい庵で心地が良い時間を過ごすことができるのです。

蕎麦喰処【利めい庵】のおすすめのメニューは?

力強く打たれた、利めい庵のそばは、目の前に運ばれて来た時には香りがたち、見た目にも美味しそうで、食べる前から魅了されます。

利めい庵の蕎麦

趣きのある陶器の器に盛られた蕎麦は見た目から美味しそうです。

蕎麦の食感はコシを感じられ、のど越しもよく、風味も豊かです。

蕎麦の甘みも感じられます。

利めい庵の蕎麦湯も秀逸で、濃い目でとろっとしており、まろやかさがあります。

利めい庵は、『ミシュランガイド2012北海道版』でビブグルマンで掲載されたことがありますが、さすがにレベルが高いです。

利めい庵のおすすめニューは、地鶏せいろです。

地鶏せいろ 1280円

利めい庵の地鶏せいろ

コシのしっかり蕎麦を、利めい庵の熱々濃厚なつゆにちょっとつけて食べるのは快感です。

添えられている薬味は刻みネギとおろし生姜で、よく合います。

利めい庵の地鶏せいろは、他の店で食べる鴨せいろには負けない個性があります。

利めい庵の漬け汁の旨味が飛びぬけています。

長ねぎをタレ付きで焼いたネギと生の長ねぎをささがきにしたものが二種類入り、香ばしいネギの香りが食欲を刺激します。

焼くことにより、ネギの甘みがさらに引き出されています。

プリプリとして肉質の地鶏の塩梅がよく、量もたっぷり入っていて美味しいです。

お手製の力強い器に、焼いた長ネギと地鶏がごろんと入っているつ汁の表面には、鴨のようなうま味に満ちた脂も浮いています。

利めい庵の地鶏せいろの汁

また、地鶏せいろに麦とろ飯がついた地鶏膳は、さらに満足感が上がります。

利めい庵の地鶏膳

地鶏膳(地鶏せいろ+とろろ飯) \1,580-

利めい庵の麦とろ飯は、とろろの出汁が美味しいです。

その他に、海老(えび)天せいろ がおすすめです。

利めい庵の海老天せいろ

海老天せいろ 1650円

天種は大海老天が2本に大葉、ししとう等で、ぷりぷりの海老の食感はが心地よいです。

利めい庵の天ぷらのレベルも高いです。

利めい庵のエビ天

その他、利めい庵には、きのこ蕎麦、なめこおろし蕎麦、咖喱南蛮せいろ、季節の魚の天ぷらと蕎麦等、季節に応じて、魅力的なメニューが並びます。

蕎麦喰処【利めい庵】の場所や営業時間や定休日は?

住所:北海道札幌市南区北ノ沢4-5-67

アクセス:札幌市電山鼻線/電車事業所前駅 徒歩39分 (3065m)

電話番号:011-572-4116

営業時間:金,日 11:00~15:00 土 11:00~12:30,13:30~15:00(営業日が金・土・日の週末のみで、日曜日は予約制となっています。)

定休日:毎週月曜日、毎週火曜日、毎週水曜日、毎冬季(1、2月)は休業

まとめ:【利めい庵】の蕎麦を藻岩山(札幌南区)の麓で!週末のみ古民家に地鶏せいろの香り?

藻岩山(札幌市)の南側の麓にある蕎麦の名店【利めい庵】。

利めい庵は、基本的には一週間のうち金土日のみの営業で、さらに蕎麦が無くなるとその日は店じまいになり、さらに車でなければアクセスしずらいロケーションです。

それでも、その蕎麦の風味と風情あるお店の雰囲気、惹きつける陶器、そして店主ご夫妻に魅せられて、多くの人が利めい庵に訪れます。

利めい庵の年末の年越しそばもやはり秀逸です!

おすすめの記事