千手ヶ浜のクリンソウ
千手ヶ浜のクリンソウ

栃木県日光市の中禅寺湖の「千手ケ浜(せんじゅがはま)」は、初夏になると、仙人庵というクリンソウの群生地で花がが咲き誇り、神秘的な景観が多くの人々を魅了しています。ここでは、中禅寺湖・千手ヶ浜のクリンソウの2021年の見頃や開花時期、クリンソウの見どころ、行き方(バス・船・徒歩)について紹介します。

中禅寺湖・千手ヶ浜のクリンソウの神秘の光景とは?

千手ヶ浜のクリンソウ

「千手ケ浜」は、栃木県日光市にある中禅寺湖の西橋の南北2キロにわたる浜る浜で、日光開山の祖である勝道上人が、千手観音堂を建てたとされる場所でもあります。

千手ヶ浜のクリンソウ

千手ケ浜周辺には、樹齢200年以上のミズナラやハルニレなどが林をつくり、6月にはクリンソウが満開になります。

クリンソウの群生地は”仙人庵”と呼ばれ、あまりに美しい景色で、多くの人々を魅了します。

奥日光には、他にもクリンソウ群生地があるのですが、仙人庵の美しさは格別です。

千手ヶ浜の水辺とクリンソウのコラボレーションの光景は圧巻です。

仙人庵は、私有地なのですが、約1haにわたる美しい水辺やクリンソウの群生地が、一般の方にも開放されています。

仙人庵のクリンソウは保護のために、ネットで周囲が覆われています。

もちろん仙人庵は個人宅なので、入ることはできませんが、庭先には無料のセルフのコーヒーが用意されているほどの歓迎ぶりです。

クリンソウはサクラソウ科の多年草で、白、ピンク、紫など美しい花をたくさん咲かせます。

千手ヶ浜のクリンソウ

50センチほどの茎に、小さな花が数段にわたって輪生し、その様子がちょうど仏塔の先の「九輪」に似ていることから、クリンソウと呼ばれているそうです。

クリンソウを上から見ると、輪生の様子が手に取るように分かります。

千手ヶ浜のクリンソウ

湿地など水気のある場所を好んで咲き、群生地は千手ケ浜の様に水辺を伴っていることが多いのです。

他県では絶滅危惧種指定を受ける珍しい花ですが、奥日光では外来種を含め、群生地がチラホラ見られます。

自然発生的に群落をつくっているところもあれば、人の手で管理されているところもあります。

千手ケ浜へのアクセスは、船かバス、徒歩のみという、秘境感あふれるスポットです。

観光地の賑わいから遠く離れ、クリンソウが見事に咲き誇り、神秘的な光景に包まれています。

一度、そのたたずまいを目にすれば、その可憐さに目を奪われ、水辺に咲くクリンソウは新鮮な景観です。

中禅寺湖畔では、他にもクリンソウに出会えるスポットはあります。

クリンソウはシーズンになると、イタリア大使館別荘記念公園の前庭にも、咲きそろいます。

イタリア大使館別荘記念公園も昭和3年から平成9年まで歴代の大使の別荘でしたが、現在は記念公園として開放されています。

明治から昭和初期にかけて、中禅寺湖畔には、外国人の避暑地として別荘が次々と建てられ、イタリア大使館別荘は、杉の板と皮を張って仕上げられた内外装も大きな特徴です。

イタリア大使館別荘記念公園の前庭の見頃は、千手ヶ浜とほぼ同時期で、、車や路線バスで行くことができます。

観覧料は、大人200円、小人100円で、内部を見学することもできます。(例年12月~翌3月までは休館です。)

長いバス待ちに並ぶほど旅程に余裕が無くても、6月に日光を訪れるならクリンソウは是非目にしたいものですね。

≪国内旅行≫登山・温泉・おひとり参加限定など、テーマ別ツアーが満載!

千手ヶ浜のクリンソウの2021年の見頃や開花状況は?

千手ヶ浜のクリンソウ

千手ヶ浜のクリンソウの見頃や開花は、例年6月中旬~6月下旬です。

もちろん、クリンソウの見頃や開花は、その年の気候状況により前後します。

2020年6月5日には7分~8分咲き、クリンソウの見頃は6月10日前後でした。

千手ヶ浜のクリンソウの2021年の見頃や開花は、温暖な気候の影響もあり、例年より早まる傾向にあります。

2021年6月8日現在、千手ヶ浜のクリンソウは既に見頃を迎えています。

また、6月の奥日光は、ワタスゲやツツジなど様々な花に彩られ、散策やトレッキングを楽しむことができますよ!

千手ヶ浜の行き方は?バスや船や徒歩?

千手ヶ浜のクリンソウ

千手ヶ浜のアクセスは、船・バス・徒歩の3択になります。

栃木県日光市の千手ヶ浜への行き方は、一般車の乗り入れは禁止されており、徒歩のほか、赤沼駐車場(無料)から低公害バス、または船の駅中禅寺・菖蒲ケ浜から遊覧船で行くことができます。

バスや遊覧船を降りてから、約10分ほど歩くと仙人庵へたどり着きます。

バスは自然環境に配慮した低公害バスです。

バスの利用が最も一般的で、日光駅から、戦場ヶ原の"赤沼"を経由して千手ケ浜に向かいます。

所要時間は約30分です。

ただし、クリンソウのピークの週末には、満席となり、乗車待ちが当たり前となります。

低公害バスは、混雑する可能性がありますので時間にゆとりをもち、可能であれば早朝の訪問をおすすめします。

徒歩の場合、赤沼駐車場から千手ヶ浜まで、片道約2時間のハイキングとなります。

分岐から、ハイカーに人気の「戦場ヶ原」や「竜頭の滝」へ行くことも可能です。

千手ヶ浜のクリンソウの見頃の字kには、戦場ヶ原ではワタスゲのシーズンになるでしょう。

長丁場ですが、車道経由(低公害バスの運行路でもある市道1002号)であれば、舗装ですので大部分が平坦です。

6月に限り、季節限定で中禅寺湖の遊覧船が利用できます。

「船の駅中善寺」から「菖蒲ヶ浜」を経由して、千手ヶ浜の桟橋を目指す季節の特別航路です。

中禅寺湖畔からモーターボートで千手ヶ浜へ行くことも可能です。

片道1名 1,250円(税込)往復1名 2,500円(税込)

相乗りとなることがあり、5名以上での運行となります。

お問い合わせ:みはしや(中禅寺郵便局隣) TEL:0288-55-0112 携帯: 080-1109-5975 担当:小林様

まとめ:千手ヶ浜のクリンソウの2021年の見頃や開花時期は?行き方(バス・船・徒歩)は?

ここでは、千手ヶ浜のクリンソウの2021年の見頃や開花時期、クリンソウの見どころ、行き方(バス・船・徒歩)について紹介しました。

中禅寺湖・千手ヶ浜のクリンソウの神秘の絶景を見に、ぜひ訪れてみてください!

おすすめの記事