野反湖のニッコウキスゲ
野反湖のニッコウキスゲ

天空の湖といわれる、群馬県中之条町の野反湖(のぞりこ)は、初夏になると、ニッコウキスゲ(ノゾリキスゲ)が鮮やかに咲き誇ります。ここでは、野反湖のニッコウキスゲ(ノゾリキスゲ)の2021年開花情報や見頃や見どころ、アクセスや駐車場について紹介します。

野反湖とニッコウキスゲ(ノゾリキスゲ)の圧巻のコラボレーション!

ニッコウキスゲ

群馬県中之条町にある野反湖(のぞりこ)は、長野県との県境に近い中之条町の北部に位置する標高2,000m級の山々に囲まれた高原の湖です。

野反湖

周囲を原生林に囲まれ、静寂に包まれた水面に青空を映す美しい湖です。

野反湖

別名「天空の湖」とも呼ばれる、標高1513m、上信越高原国立公園内にある小さなダム湖です。

野反湖の水深は約25m、周囲12kmで、湖水は魚野川から信濃川に合流し日本海にそそぎます。

春から秋にかけては、トレッキング、釣り、キャンプなどアウトドアを楽しむことができ、多くの人々で賑わいます。

野反湖畔で咲くニッコウキスゲは、ノゾリキスゲの名で親しまれています。

正式名称はゼンテイカ(禅庭花)、キスゲ亜科の多年草です。

野反湖周辺には、花の開花時期になるとニッコウキスゲ以外にも、初夏のレンゲツツジをはじめシラネアオイ、ヤナギラン、コマクサなど約300種類の高山植物が見られます。

野反湖のつつじ

毎年初夏になると、湖面にニッコウキスゲが咲き乱れ、野返湖のエメラルド色とニッコウキスゲの鮮やかな黄色が美しいコントラストなり、多くの観光客や登山者を魅了します。

野反湖のニッコウキスゲ

周囲が緑色に包まれた、静かで神秘的な野反湖をニッコウキスゲが鮮やかに彩ります。

まさに天空の楽園のような、圧巻の景観です。

鮮やかな黄色いラッパのような美しい花が、高原の風に揺れています。

ニッコウキスゲ

富士見峠駐車場からは、眼下に標高約1500mの野反湖と、その周りを囲む2000m級の八間山、エビ山、三壁山などが織り成す絶景が広がります。

野反湖

富士見峠付近でも、ニッコウキスゲの群落に出会うことができます。

富士見峠駐車場にある野反峠の休憩舎「花の駅」がスタート地点です。

野反湖の登山道

野反湖南岸の富士見峠と北岸の野反湖展望台を起点とした湖畔一周の遊歩道もあり、八間山(1934.5m)、弁天山(1652.7m)・恵比山(1744m)への登山道も整備されています。

野反湖

野反湖での代表的なトレッキングルートは「八間山」に登るルートで、野反湖の標高が高いので、八間山の頂上まで約1時間~1時間半で登れます。

富士見峠からもっとも手近な弁天山へは、登り20分、下り15分です。

トレッキングルート周辺には、ニッコウキスゲや高山植物の女王ともいわれるコマクサの群生ポイントもあります。

野反湖のニッコウキスゲ(ノゾリキスゲ)の2021年の見頃や開花状況は?

ニッコウキスゲ

野反湖のニッコウキスゲ(ノゾリキスゲ)の見頃や開花は、例年7月上旬~7月中旬です。

ちなみに、野反湖のレンゲツツジが見頃は、例年6月中旬~7月上旬になります。

タイミングが合えば、ニッコウキスゲとレンゲツツジのコラボレーションを楽しむことができますよ!

もちろん、野反湖のニッコウキスゲの見頃は、その年の気候状況により前後します。

野反湖のニッコウキスゲ(ノゾリキスゲ)の2021年の見頃や開花は、温暖な気候の影響もあり、例年より早い傾向にあります。

野反湖の2021年の見頃は、例年6月下旬~7月上旬と予測されます。

≪国内旅行≫登山・温泉・おひとり参加限定など、テーマ別ツアーが満載!

野反湖のアクセスや駐車場は?

ニッコウキスゲ

住所: 群馬県吾妻郡中之条町大字入山国有林223林班

アクセス

電車でのアクセス

JR長野原草津口駅から町営バス野反湖行きで1時間16分 終点下車 徒歩すぐです。

車でのアクセス

関越自動車道渋川伊香保ICから国道17号、353号、145号経由で長野原市街へ。国道292号を1時間40ほど行くと湯の平温泉、直進して国道405号に入り野反湖に到着です。

ICから約2時間かかります。

駐車場:無料100台(野反湖休憩舎、野反湖展望台)

まとめ:野反湖のニッコウキスゲの2021年開花情報や見頃は?駐車場やアクセスは?

ここでは、野反湖のニッコウキスゲ(ノゾリキスゲ)の2021年開花情報や見頃や見どころ、アクセスや駐車場について紹介します。

ぜひ野反湖のエメラルド色とニッコウキスゲの鮮やかな黄色のコントラストをぜひお楽しみください!

おすすめの記事