岐阜のモネの池(名もなき池)
岐阜のモネの池(名もなき池)

岐阜県関市板取にある名もなき池は、透明度の高い湧水の池の中を優雅に錦鯉や睡蓮がとても美しく、通称モネの池と呼ばれ、多くの人々を魅了します。ここでは、モネの池の魅力や見どころ、美しく見える見頃、電車・バス・車でのアクセス(行き方)や駐車場、2021年おすすめツアーや予約について紹介します。

岐阜県のモネの池(名もなき池)の魅力や見どころは?

岐阜のモネの池(名もなき池)

モネの池、または名もなき池は、岐阜県関市板取にある「根道神社」の境内にある池です。

岐阜の根道神社

常に地下水が流れ込むため、池の水の透明度が非常に高く、この地区の愛好者が作った錦鯉振興会から提供された錦鯉が、優雅に池の中を泳いでいる様がよく見えます。

岐阜のモネの池(名もなき池)

モネの池には、紫陽花、睡蓮、紅葉、雪景色と、四季折々に楽しめる風景があります。

特に、透明度の高い湧水に咲く睡蓮と、睡蓮の葉の下を錦鯉が泳ぐさまが、クロード・モネの作品「睡蓮」を思わせるとして、モネの池は、数年前からSNSなどで人気急上昇の観光スポットとなりました。

水面に美しい可憐な睡蓮の花が咲き、写真のような、絵のような、どちらとも分からないような神秘的な風景が広がります。

訪れると、思わずたくさん写真を撮りたくなるような風景ですが、季節、時間、角度によって写真の出来栄えはまったく違ってきます。

春~秋は、湧き水の量が増えて、モネの池の透明度は高くなり、鯉の動きも活発です。

紫陽花、睡蓮、紅葉、、、撮りたい写真のイメージに合った季節に訪れてみてください。

岐阜のモネの池(名もなき池)

モネの池は、年間を通して凍ることのない池ですが、水温が下がると鯉は湧水の出る暖かい橋の下に隠れてしまうので、池と鯉を一緒に撮ることは難しくなりますが、雪景色とモネの池のコラボレーションも絶景ですよ!

岐阜県のモネの池(名もなき池)の見頃は?

岐阜のモネの池(名もなき池)

モネの池は、各シーズンごと、時期や季節によって睡蓮やあじさい、紅葉に雪景色と見所がたくさんあり、楽しみ方は様々です。

また、太陽の当たり方次第で水の色が変わるため、行く時間によって違う景色が楽しめます。

特に美しいと言われているのが、紫陽花から睡蓮の花に移っていく初夏から夏(6月末から8月)です。

岐阜のモネの池(名もなき池)

この時期は、「モネの池」に入ってくる湧き水の量が増え、池の水の透明度が高くなるからです。

また、鯉が不活発な午前中の方が、水がより綺麗に見えるので、早朝がおススメですが、早朝に出かけるのが難しい場合は、出来るだけ午前中がよいでしょう!

岐阜県のモネの池(名もなき池)のアクセス(行き方)や駐車場は?

岐阜のモネの池(名もなき池)

モネの池(名もなき池)※根道神社 境内のなか

住所:〒501-2901  岐阜県関市板取白谷

電話:0581-57-2111 (板取事務所)

岐阜のモネの池(名もなき池)

アクセス

車でのアクセス

名古屋や関東、関西方面から
東海北陸道「美濃IC」から国道156号線→県道81号線→国道256号線経由関市板取白谷

岐阜市方面から
県道94号線→県道59号線→県道81号線→国道256号線経由関市板取白谷

公共交通機関でのアクセス

JR岐阜駅→岐阜バスターミナル12番乗り場「岐阜板取線ほらどキウイプラザ」行き乗車→「ほらどキウイプラザ」下車→板取ふれあいバス→「あじさい園前」下車→徒歩3分

駐車場:

第一駐車場:モネの池に一番近い一般利用できる無料駐車場で、駐車台数は50台

第二駐車場:観光バス用の無料駐車場(モネの池までは歩いて5分程度)

第三駐車場:メインの第一駐車場から国道256号線を南へ150mほど行った東側、第二駐車場の奥にある一般車用の無料駐車場で、駐車台数は30台(モネの池まで徒歩5分程度)

第四駐車場:第一無料駐車場を北へ400mほど行った国道256号線沿いの西側にあり、駐車台数は25台

※根道神社入口横(モネの池の横のほう)にある駐車場は、身障者専用駐車場で、車椅子でもあまり負担なくモネの池まで行けます。

岐阜県のモネの池(名もなき池)の2021年おすすめツアーの予約は?

モネの池(名もなき池)は、もともと山奥の神社の池が様々な偶然が重なって一躍脚光を浴びるようになったような場所なので、アクセスがしやすい場所ではありません。

道もわかりづらく、公共交通機関を利用すると、とても時間がかかります。

そこでおススメなのは、ツアーへの参加です。

クラブツーリズムのツアーなら、一人参加も大歓迎!

多彩なテーマのある旅を演出してくれる、信頼のクラブツーリズムツアーで、お好みのツアーを

まとめ:モネの池(岐阜)の見頃やアクセス(行き方)や駐車場は?2021年おすすめツアーは?

ここでは、モネの池の魅力や見どころ、美しく見える見頃、電車・バス・車でのアクセス(行き方)や駐車場、2021年おすすめツアーや予約について紹介しました。

フランスの絵画の巨匠、クロード・モネの作品「睡蓮」のように美しい!とSNSでも話題沸騰のモネの池をぜひ訪れて、季節によって表情を変える景観をお楽しみください!

おすすめの記事