東川の旭岳でスキー、スノーボード!極上パウダースノーを楽しみませんか! 

世界からスキーヤー、スノーボーダーが押し寄せる北海道最高峰「旭岳」

枝に雪が積もる山の風景

平昌オリンピックで、日本全国が湧いた2月。特に北海道では、テレビや新聞にて、道産子の活躍が連日のように伝えられてきました。スキーやスノーボードの熱もより高くなってきている頃、北海道の最高峰である旭岳(あさひだけ)は、冬はバックカントリーを愛する人々にとっての聖地となっています。一般のスキーヤー、スノーボーダーにはほとんど知られていない旭岳ですが、厳冬海外から人が集まる面白いスポットです。

雪が積もる樹々 雪山を進むロープウェー

冬山で体験する魅惑のバックカントリースキー

ロープウェーの切符売り場

冬の旭岳では、旭岳スキーコースとして、スキー場というよりは、あくまで登山の延長でスキーやスノーボードも楽しめます。これがほかのスキー場と大きく違う点で、圧雪車一台分の幅で踏み固めたコースが一応ありますが、それ以外の斜面も自由に滑ることができ、むしろそれを楽しむために人々は集まってくるのです。すべては自己責任。あくまで登山の延長ということを忘れずに、自分自身での安全配慮義務を怠らないことが重要になります。ロープウーウェイで一気に森林限界点まで上がり、自由に冬の旭岳を楽しむことができます。

 スキーコースを示したパネルロープウェー乗り場で順番を待つスキーヤー 雪山の巨大な圧雪車

最高のパウダースノーを楽しむスノーボーダー

雪山でスノーボードを楽しむ四人の男性

またここは北海道でも有数の豪雪地帯で、その年にもよりますが、かなりの確立でパウダースノーの新雪を滑れるというのも魅力のひとつです。もし雪が降らなかったとしても、圧雪されたコース内ならスキー場と同じように滑ることができ、普通の山スキーよりも天候リスクが低いこともメリットと言えるでしょう。最近では海外からのお客さんが非常に増えています。まるで海外のリゾートにいるようです。このような傾向は、ニセコや富良野、トマムといったスキー場にも言えることですが、世界中のスキーヤー、スノーボーダーを惹きつける素晴らしいウインタースポーツの環境があります。

キャンピングカーの近くで談笑する四人の男性  スノーボードを楽しむ二人の男性

オリンピックメダリストの実家でもある癒しの温泉宿

石造りの浴場にある温泉

雪山を楽しんだ後、良質な旭岳の温泉が、ゆっくり疲労した筋肉、冷めきった肌をあたたかく癒します。『湯元 湧駒荘』は、5つの源泉・ぬる湯とすばらしい温泉が堪能でき、料理も美味しくおすすめの温泉宿です。そして、なんとソチオリンピック銀メダリストであり今回の平昌でも8位に入賞したスノーボード五輪代表「竹内智香」さんの実家でもあります。世界有数のスノーボーダーが生まれ育った環境として、納得の銀世界ワールドでした。

雪に覆われた露天風呂 二種類の温泉の浴槽 温泉宿の石造りのロビー雪景色の中の木柱の外灯

大雪山旭岳ロープウェー; http://asahidake.hokkaido.jp/ja/

おすすめの記事