大通り公園の紅葉とテレビ塔

オリンピックの札幌でのマラソンの発着点として、大通公園は全国から注目されています。そのオリンピックの日程が、夏の大通公園のイベントと重なることが問題になっています。札幌の大通公園ではどのようなイベントが行われているのか?ご参照ください!

札幌の大通公園の魅力満載のイベント

大通公園のテレビ塔

札幌中心部にある大通公園は、都心のオアシスであり、札幌市民の憩いの場としても親しまれている都市公園です。

大通公園は、公園という名称ですが、実は道路で、1871(明治4)年、札幌中心部南北に分ける火防線が作られ、これが後志通という道路になり、改称されて大通となりました。

札幌市の中心を東西約1.5㎞に広がっていて、東端にそびえるテレビ塔をはじめ、季節の花々が咲き誇る花壇や噴水など各区間に様々な表情があります。

大通公園の特徴の一つが、一年を通じて様々なイベントが開かれるという点です。

北海道、札幌のイベント会場として、大きな役割をはたしています。

そのため、北海道内のみならず、全国、そして世界各国から大通公園のイベントを目的として、多くの観光客が集まります。

最近では、2020年に開催される東京オリンピックのマラソンの発着点の最有力地点としても、全国から注目されています。

ただ、夏には大通り公園では多くのイベントが行われていることから、調整も必要といわれています。

ハルニレなど92種、約4,700本の木々に囲まれたオフィス街のオアシスでもある「大通公園」。

ここでは、大通公園を舞台にした、主要で人気のあるイベントを紹介します!

大通公園のイベント!さっぽろライラックまつり

ライラックの開花時期にあわせ1959(昭和34) 年から、大通公園で行われてるイベントです。

翌年、昭和35年にはライラックが「札幌の木」となりました。

札幌の長い冬が終わり、ようやく大通公園の屋外で飲食や散策を楽しめる季節に始まるイベントとして、多くの札幌市民が楽しみにしているイベントです。

札幌大通公園には、約400本のライラックがあります。

さっぽろライラックまつりでは、初日に大通公園でライラックの苗木のプレゼントがあり、ライラックスプリングステージや野だて、スタンプラリーなどが開催されます。

大通公園に設置されるワインガーデンでは、北海道産ワインと道産食材を使った料理を味わえ、札幌の春の日差しを浴びながら、心地よく酔うことができるイベントです!

ライラックの森がある白石区の川下公園は、2008年(平成20年)から会場になり、例年ライラックガイドツアーライラックアートワークショップなど様々なイベントが行なわれます。

開催時期:例年5月下旬です。2019年は、以下のらいらっく祭りのイベントは以下のスケジュールでした。

大通公園会場:2019年5月15日~26日

川下会場:2019年6月1日、6月2日

主催:ライラックまつり実行委員会011-281-6400(札幌観光協会)

大通公園のイベント!YOSAKOIソーラン祭り

高知県のよさこい祭りと北海道のソーラン節がミックスされて生まれたYOSAKOIソーラン祭りは、札幌の初夏を彩る風物詩のイベントとして定着しました。

札幌市内複数の会場がありますが、大通公園がメイン会場となるイベントです。

大通公園では、北側と南側のストリートと大通公園の8丁目のステージが設置され、活気あるこのイベントで、大歓声があがります。

ルールは二つだけで、一つは「手に鳴子を持って踊ること」もう一つは「曲の中にソーラン節が入っていること」で、自由で独創的な踊りが繰り広げられます。

1992年に「第1回よさこいソーラン祭り」を10チーム1,000人の参加者で開催したイベントでした。

街は舞台だ」を合言葉に急成長し、2008年には、330チーム、3万人以上参加し、観客動員数は200万人を越え、経済効果も245億にのぼる大きなイベントに成長しました。

YOSAKOIソーラン祭りは、学校、職場、地域の仲間同士で祭りに参加するチームが組まれ、幼児からお年寄りが一緒になって練習に汗を流し、創造する喜び、自らが主役となって注目を集める快感が参加者の心をとらえるイベントです。

大通公園でよさこいソーランを見て、夏の訪れを感じるのです。

2019年のスケジュールは以下の通りです。

開催時期:例年6月上旬 2019年は、6月5日(水)~9日(日)

主催:YOSAKOIソーラン祭組織実行委員会 011-231-4351

大通公園のイベント!花フェスタ

花々と札幌テレビ塔

毎年たくさんの種類の花々が大通公園に集まり、札幌の初夏を美しい花で彩るイベントです。

「花あふれる暮らしから、夢あふれる街へ」をテーマに、例年6月中旬から6月下旬頃、会場となる大通公園 4丁目~7丁目で開催されています。

花木や花に関連した商品の市場の他、花フェスタのイベントを盛り上げるのは、北海道の農業高校12校14チームが出場するガーデニングコンテストです。

通称、ガーデニング甲子園と呼ばれるイベントです。

大通公園西5丁目では「ハンギングバスケット作品展示」が行われ、大通公園西6丁目には「フラワーステージ」などもあり会場は華やかになります。

一方で、フードイベントとしての色も出てきており、北海道グルメを始め、全国から焼き鯖寿司、わらび餅や牛タンつくねなど、多数の飲食店が大通公園に集結します。

人気になっているグランピングが気軽に味わえるように、豪華なテントも設置され、アウトドア気分を満喫しながら、花々を楽しむことができるイベントです。

2019年のスケジュールは、以下の通りです。

開催時期:例年 6月下旬~7月上旬 2019年6月22日(土)~30日(日)

主催:花フェスタ札幌実行委員会

大通公園のイベント!さっぽろ夏まつり

さっぽろ夏まつり(さっぽろなつまつり)は、北海道札幌市中央区で毎年7月下旬から8月中旬の1か月間行われる各種イベントの総称で、北国の夏をおもいっきり楽しむイベントとして1954(昭和29) 年に始まりました。

2018年の大通公園の来場者数はなんと187万8000人に上る巨大イベントです。。

このさっぽろ夏まつりのイベントと、東京オリンピックの札幌でのマラソンと日程が重なることが問題になっていますよね。

大通公園5~11丁目に、約1カ月間出現する国内最大級のビアガーデンが有名です。

大通公園に国内ビールメーカーはもちろん、世界各国のビールが味わえるイベントです!

その他、北海盆踊り、アンティーク雑貨などを販売するさっぽろバザール、札幌狸小路商店街の狸まつりすすきの祭りのほか、豊平川南大橋付近では新聞社主催の花火大会など多くの協賛イベントが行なわれます。

北海道のアツイ夏を、大通公園で満喫できるイベントです。

開催場所:大通公園2~11丁目

開催時期:例年7月中旬~8月中旬

2019年のスケジュールは以下の通りです。

2019年7月19日(金)~8月16日(金)

※ビアガーデン:7月19日(金)~8月14日(水)、盆踊り:8月10(土)~16日(金)

主催:さっぽろ夏まつり実行委員会011-281-6400(札幌観光協会)

大通公園のイベント!さっぽろオータムフェスト

大通公園で開催されるイベント「さっぽろオータムフェスト」は、2019年で開催12回目です。「北海道・札幌の食」をテーマに、道内市町村や民間事業者と連携して行うイベントです。

大通公園西1丁目、4丁目~8丁目、10丁目~11丁目で開催されていますが、区画ごとに「ラーメン祭りと喰い倒れ広場の5丁目」「北海道産のワインや日本酒とお酒に合う酒肴中心の7丁目BAR」「お肉10丁目」など、それぞれまったく別のコンセプトがあるため、何度でも通う楽しみがあるイベントです。

また、普段、札幌では食べられない北海道各地の農畜産物、加工品、ビール、ワイン、日本酒、ご当地グルメ等が大通公園に集結するイベントです。

大通公園に、道内の100を超える市町村などが開催期間中、4期交代で出店しているふるさと市場は一番人気です。

大通公園11町名では、札幌市内の人気店や新進気鋭のシェフたちが特別料理を1~2日交代で、提供してくれる「さっぽろシェフズキッチン」などもあり、毎年、全国から根強いファンが訪れています。

道内各地域の「食」のアンテナショップとしての役割を果たし、地方活性のイベントでもあります。

開催場所:4~8丁目

開催時期:例年9月中旬~10月上旬

2019年のスケジュールは、以下の通りです。

開催時期;9月6日(金)~29日(日)の 24日間開催されました。

主催:さっぽろオータムフェスト実行委員会011-281-6400(札幌観光協会)

大通公園のイベント!さっぽろホワイトイルミネーション

日本で初めてイルミネーションのイベントを始めたのが札幌市です。

「さっぽろホワイトイルミネーション」は、大通公園で1981年に始まり冬の札幌を彩るイベントとして定着し、約52万個の電飾が点灯され、毎年数多くの人が訪れます。

電飾の数では三重のなばなの里や長崎のハウステンボス、東京のよみうりランドなどの全国の人気イルミネーションスポットと比べると少ないほうではありますが、大通公園の「さっぽろホワイトイルミネーション」は、光と雪の組み合わせによる札幌らしい「光の芸術」が味わえるイベントです!

開催場所:大通公園1~8丁目

開催時期:例年、11月下旬~1月上旬

2019年のスケジュールは以下の通りです。

札幌・大通公園会場:2019年11月22日~12月25日

札幌駅前通:2019年11月22日~2020年2月11日

南1条通:2019年11月22日~2020年3月15日

札幌市北3条広場(アカプラ):2019年11月22日~2020年3月15日

札幌駅南口駅前広場:2019年11月22日~2020年3月15日

主催:さっぽろホワイトイルミネーション実行委員会011-281-6400(札幌観光協会)

大通公園のイベント!ミュンヘン・クリスマス市 in Sapporo

ドイツ・ミュンヘン市と姉妹都市提携30周年を記念して2002年から開催しています。クリスマス雑貨、ドイツ料理などの屋台が大通公園に並びます。

ミュンヘンクリスマス市が開催され、札幌の姉妹都市であるドイツ・ミュンヘンの世界を訪れたような雰囲気に包まれるイベントです。

ソーセージホットワイン、ホットチョコレートなどの本場ドイツの伝統料理や菓子ケーキクリスマス雑貨などの屋台が大通公園に並びます。

ヨーロッパのクリスマスの雰囲気満載のイベントです!

開催場所:大通公園2丁目

開催時期:例年11月下旬~12/24

2019年のスケジュールは、以下の通りです。

2019年11月22日(金)~12月25日(水)

主催:クリスマス市実行委員会011-211-2032(札幌市国際部交流課)

大通公園のイベント!さっぽろ雪まつり

1950年に、地元の学生が6つの雪像を大通公園に設置したことをきっかけに始まった「さっぽろ雪まつり」。とても小さなイベントでした。

1983年には、大通公園に加えてネオンに輝く氷像が美しいすすきの会場が登場し、2013年からはプロジェクションマッピングが人気プログラムとして登場しました。

2019年第70回開催では、約274万人の国内外の人々が大通公園に集まり、200基近い雪像・氷像が展示されました。例年200万人を超える観客を迎える北海道を代表する一大イベントです。

大通公園会場の他に、すすきの、つどーむ会場でも、さっぽろ雪まつりが行われています。

市民や陸上自衛隊の方々が協力して創られる像はとてもレベルが高く、芸術性の高いイベントです!

2019年は雪まつり期間中、北海道に大寒波が訪れていましたが、春節と重なり海外からの観光客も多く、連日盛り上がりを見せていました。

札幌の都心を横切る「大通公園」で開催の大通会場では、バラエティ豊かな雪像や氷像が1.5キロメートルもの長さに並べられます。

開催場所:大通公園1~12丁目

開催時期:例年2月上旬~2月中旬

2020年のスケジュールは、以下の通りです。

大通会場:2020年2月4日(火)~2月11日(火・祝)

主催:さっぽろ雪まつり実行委員会011-281-6400(札幌観光協会)

まとめ:札幌大通公園のイベントのスケジュールと内容。

札幌大通公園の主要なイベントのスケジュールや内容を紹介しました。

一年中ほとんど切れ間がないほど大通公園ではイベントが行われているので、行けば何らかのイベントが行われているイメージです。

2019年は、ラグビーワールドカップのパブリックビューイングも行われていました。

これからもどのような大通公園のイベントが開催されるのでしょうか。

また、2020年の夏には東京オリンピックのマラソンの舞台になるのでしょうか。

今後の大通公園のイベントがますます楽しみです!

おすすめの記事