小樽のパーラーっ美薗のカフェ

小樽には美味しいスィーツは多いですが、老舗の「アイスクリームパーラー美園」を外すわけにはいきません。本当に、全てのパフェが絶品の美味しさです。こだわりの材料からできるアイス、そして冬には鍋焼きもぜひ!

北海道初のアイス製造「パーラー美園」

小樽の都通りにある「美園アイスクリーム本舗」は、北海道で初めて製造・販売されたアイスが楽しめます。

小樽が商業港として活気に溢れていた大正8年(1919年)に創業しました。

美園アイスの歴史は、外国船が古くから行きかう小樽の港に降り立った一人の船乗りからアイスクリームの作り方を教わったことから始まります。

初代・漆谷勝太郎さんが研究に研究を重ね、北海道初のアイスクリーム店「美園」が誕生したそうです。

伝統を守りながらも、今でも材料を常に吟味して、最高の味を追求し続けています。

アイスクリームの材料は、昔と同じで卵と牛乳の絶妙な出会いが味の決め手となります。

そして、その年の一番いい食材を使うことも代々続くこだわりだそうです。

素材にこだわった手作りのアイスクリームは、地元の人だけではなく、多くの観光客からも長年愛されている味です。

商店街から、入口にある懐かしいサンプルを眺め、二階に登ります。

店内は昭和の雰囲気が残る喫茶店といった趣きで、映画のロケにも使われたこともあるそうで、イギリス製のイスは上品で座り心地も抜群です

お店にはパフェやフロート、クレープなど、喫茶メニューが20種類以上そろっています。

商品名はすべて漢字表記になっているところにも、大正ロマンが感じられ、全て制覇したい欲求にかられます。

これは絶品「プリンパフェ」!

お店の一番のおすすめはプリンパフェ。早速いただきました。

上にはプリン、さくらんぼ、みかん、生クリームという構成で、下にはアイスクリームがぎっしり詰まっています。

近年主流のトロトロのプリンではなく、しっかりした食感の焼きプリンが乗っています。

周囲のクリームやフルーツが落ちないように注意しながら、プリンをひとくち!

昔ながらの製法で、オーブンで焼かれたプリンは、弾力があり、玉子の本来の味がふくよかに広がります。

見た目通り、昔ながらの懐かしい、ちょっと硬めの焼きプリン風の逸品です。

アイスクリームはひとくち食べると、しつこくない甘さ、なんとも安心するような優しい香りが口の中に広がります。

このおいしさの秘密は、今なおこだわり続ける素材にあります。

地元産の上質な材料、赤井川村の牛乳、ヨード卵、アカシアはちみつ、クリームなど、どの素材においても妥協なしです。

1日限定33個なので、食べることができればラッキーでしょう。

その他に、プリン好きであれば「プリンアラモード」もおすすめです。

ここの「プリンアラモード」は、円形のガラスの器にアイスクリーム、その上にメインのカスタードプリンが鎮座し、その周りにみかん、黄桃、パイナップル、キウイ、バナナ、チェリーなどのフルーツが彩りを添えています。

イチゴいっぱいの「ストロベリーパフェ」

美園では、洋ナシのパフェやストロベリーパフェなど季節ごとに登場する期間限定商品も人気です。

特に、(季節限定)苺伯福栄(すとろべりぱふぇ)は絶品です。

イチゴ、自家製アイスクリーム、生クリームのシンプルな構成で見た目もすっきりとして美しい!

もちろん、純粋にイチゴや生クリーム、アイスは単品でもその素材の良さで美味しいですが、食べ進むにつれて、イチゴ果汁とアイスが混ざり合い、まさしく絶品のイチゴアイス!

まろやかで、イチゴの風味たっぷり。イチゴも酸味と甘みのバランスがちょうど良い。

こちらのパフェは、胃にもたれることもなく、すっきりしています。

美園の美味しいアイスを持ち帰りたいという方は、カップアイスが人気です。

「小樽運河アイスクリーム」と「大正ロマンアイスクリーム」の2種類あります。

牛乳味で後味さっぱり風味の小樽運河アイスクリーム と、玉子のコクとまろやかさが際立つ 大正ロマンアイスクリーム です。

こだわりの「鍋焼きうどん」とは?

秋から冬にかけては、何と鍋焼きうどんが登場します! 

鍋焼うどんは10月中旬頃から翌年5月頃までの期間限定メニューです。

もともとお店の一階には食堂があり、アイスクリーム専門店として走り出してからは約20年以上になります。

お客さんのリクエストで、懐かしのメニューが1品だけ蘇ることになり、復活したのが「鍋焼きうどん」です。

この「鍋焼きうどん」は、汁が見えないほどの具だくさんです。

ごぼうと野菜の天ぷら、柔らかくて甘味のある軟白ねぎ、汁をたっぷり吸った麩、なると、おもち。さらにたまご、しいたけ、筍、ほうれん草など9種類の具材がお鍋いっぱいに入っています。

これらの具材は小樽の老舗のお店の物や、後志をはじめとする道内産の物が中心ですが、おもちは新潟県産のお米から出来たものだそうです。

そのこだわりの具材の詳細は、店内に貼り出されていて、鍋焼きうどんへの想いが感じられます。

濃口ですがスッキリした後味が美味しい汁も、カツオ、ソウダガツオ、サバの3種が使われたこだわりの出汁がベースとなっています。

冬でも食べている途中から体も心をあったかくなり、そして食後にはやはりパフェが食べたくなるのです。

鍋焼きうどんとパフェの組み合わせは、「パーラー美園」の冬の定番です。

北海道で初めて作ったアイスの誇りと自信、そして小樽の人たちが親しんできた味は、長い年月を経ても、たゆまぬ努力により、決して色あせることはありません。

アイスクリームを食べながらおしゃべりに花を咲かせる地元客や、観光客で賑わう店内。

そのレトロな雰囲気や大正浪漫気分にさせる伝統は、まさに”これそ小樽“と感動してしまいます!

アイスクリームパーラー美園

住所:小樽市稲穂2-12-15

*JR小樽駅から徒歩3分 都通り商店街中程にあります

営業時間:午前10:30~午後7:00

定休日:火曜日

電話番号:0134-22-9043

おすすめの記事