田舎館の田んぼアート2022のモナリザの見頃やライブカメラは?場所やアクセスは?
田舎館の田んぼアート

青森の田舎館村では、広々とした水田をキャンバスに、色とりどりの稲を植えて絵を描く「田んぼアート」が2022年も行われています。ここでは、田舎館の田んぼアートの歴史、過去のテーマから2022年の「モナリザ」、見頃時期、ライブカメラ情報、場所やアクセスやシャトルバスについて紹介します。

青森の田舎館の田んぼアートの歴史は?

青森県田舎館村の田んぼアート

田んぼアートとは、田んぼ全体をキャンパスに見立て、色の違う稲を植えることで絵を描き出す作品のことです。

日本で初めての田んぼアートは、青森県田舎館村で、1993年に、村おこしの一つとして約1.5haの水田を使って作られたものです。

田舎館村は、黒石市と弘前市の中間に、津軽平野の中央にある村で、人口8400人余りの良質な米のとれる、稲作が盛んで、田んぼ1反歩(約1000㎡)あたりの米の収穫量で日本一をとったことがある、米作りの村です。

1993(平成5)年から、村おこしとして「お米」にこだわったイベント「稲作体験ツアー」をはじめました。

そのイベントの一環として、農業の面白さをより多くの人に知ってもらうために、色の違う稲を使って稲文字を描いたのが、田んぼアートのきっかけでした。

最初は3色の稲でスタートした田舎館村の田んぼアートは、年々図柄は細かく、芸術性も高くなり、いつしか全国的な注目を集め、「田んぼアート」と呼ばれるようになりました。

田舎館村では平成5年に3色の稲でスタートし、年々技術が向上し今では7色の稲を使いこなし繊細で緻密なアートを作り上げています。

青森の田舎館の田んぼアートの過去のテーマ(題材)は?

青森県田舎館村の田んぼアート

作られる図柄も様々で、2017年は「桃太郎」でした!

2018年は、オードリーヘップバーン主演の「ローマの休日」と「手塚治虫キャラクター」でした。

2019年は、「おしん」と「おかあさんといっしょ ガラピコぷ~」です。

そして、2020年は、「モナリザと湖畔」と「エヴァンゲリオン」など、様々な題材で、どんどんバラエティに富み、進化しています。

田んぼアートは、初めて見ると、ほんとに稲だけで作られているのかと不思議に思うほど、緻密で、その芸術性の高さに驚きます。

広い水田に浮かび上がって見える巨大で迫力満点の田んぼアートは、年々クオリティがあがっていて、更に、毎年、まったく違うデザインが採用されるので、何度訪れても、毎回新しい田んぼアートを見て、新鮮な驚きにであえるのも魅力です。

毎年異なるデザインは、村内の学校に勤務する美術の先生の手によるものだそうで、観賞ポイントである展望台から眺めた際に絵がゆがまないよう、遠近法で描かれています。

2021年の田舎館の田んぼアートは、第2田んぼアートでのアート制作のみ実施し、展望台・展望所からの観覧は中止となりました。

第2田んぼアートで製作される2021年の田んぼアート作品は、「いとみち」

「いとみち」は、 越谷オサムさん原作、青森市出身の横浜聡子監督により映画化された、津軽三味線が得意な少女の成長を描いた物語で、弘前市の高校生、相馬いとと、その友人やバイト仲間、家族の絆を描いた、津軽愛あふれる作品です。

田んぼアートには、主人公の相馬いとを演じる平川市出身の女優、駒井蓮さん、父親役の俳優、豊川悦司さんのほか、祖母役の西川洋子さん、メイドカフェのオーナー役の古坂大魔王さん、主人公の友人役のジョナゴールドさん(りんご娘)が描かれました。

青森の田舎館の田んぼアートの2022年の田んぼアートは「モナリザ」?ライブカメラは?

青森県田舎館村の田んぼアート

2022年の題材は、第一会場がレオナルド・ダビンチの「モナリザ」と黒田清輝の「湖畔」で、第二会場は村のオリジナル作品「縄文から弥生へ」です。

モナリザは2003年にも制作されたそうですが、遠近法を考慮しなかったため、顔は下膨れ、体も大きく太ったように見えたそうです。

再挑戦の今回は専用のソフトウエアを使って入念に下絵を描き、測量も徹底。加えて、7色10種類の稲を使い、細密で迫力のある作品に仕上げたそうです。

田舎館村の田んぼアートは、オフィシャルサイト内のライブカメラ映像での配信のほか、田舎館村公式Facebookでは、定期的に、田んぼアートの様子が見られますよ!

是非、田舎館村の皆さんのボランティアの手による素晴らしい田んぼアート作品を、ライブカメラの映像でチェックしてみてくださいね!

青森の田舎館の田んぼアートの見頃時期は?

青森県田舎館村の田んぼアート

田舎館村の田んぼアートの見ごろ時期は、例年7月中旬~8月中旬です。

6月上旬に植えられた稲が、この時期になると隙間なく生育し、発色も良くアートが最も綺麗に見える時期です。

8月下旬以降は出穂や葉の変色により全体的に色あせていきますが、その変化もまた田んぼアートの魅力です。

また、9月から10月の収穫前の時期には、少し全体の色があせてくるので、ノスタルジックな田んぼアートが見られます。

季節によって、違う雰囲気の田んぼアート、表情を変えるアートが見られるので、9月~10月まで、田んぼアートは長く楽しめますよ!

田舎館の田んぼアートの場所やアクセスやシャトルバスは?

青森県田舎館村の田んぼアート

田舎館の田んぼアートの場所は?

田舎館の田んぼアートの会場

第1田んぼアート:田舎館村展望台

入場料:4階展望デッキ 大人(中学生以上):300円 小学生:100円 未就学児:無料

    6階天守閣 大人(中学生以上):200円 小学生:100円 未就学児:無料

住所:青森県南津軽郡田舎館村田舎舘中辻123−1 田舎館村役場

第2田んぼアート:弥生の里展望所

入場料:大人 300 円  小学生:100円 未就学児:無料

住所:青森県南津軽郡田舎館村高樋泉

田舎館の田んぼアートのアクセスは?

第1田んぼアート:田舎館村展望台

弘南鉄道弘南線 田舎館駅から車で5分
JR川部駅から車で10分
青森空港から車で45分
黒石ICから車で10分
弘前駅からバスで20分
畑中バス停から徒歩で3分

第2田んぼアート:弥生の里展望所 (道の駅いなかだて)

アクセス

黒石ICから車で5分
弘南鉄道弘南線弘前駅から列車で20分
弘南鉄道弘南線田んぼアート駅から徒歩で1分

お問い合わせ:0172-58-2111 (田舎館村 企画観光課 商工観光係)

田舎館の田んぼアートのシャトルワゴン無料運行は?

期間中毎日、第1田んぼアート(田舎館村展望台)と第2田んぼアート(弥生の里展望所)を結ぶシャトルワゴンが無料で運行されるそうです。

これは、便利ですね!

運行コース:第2田んぼアート⇔遊稲の館前⇔埋蔵文化財センター前⇔第1田んぼアート


時間:

9:20~11:20まで30分間隔

12:50~14:50まで1時間間隔

14:50~16:50まで30分間隔

料金:無料

まとめ:田舎館の田んぼアート2022のモナリザの見頃やライブカメラは?場所やアクセスは?

ここでは、田舎館の田んぼアートの歴史、過去のテーマから2022年の「モナリザ」、見頃時期、ライブカメラ情報、場所やアクセスやシャトルバスについて紹介しました。

田舎館の田んぼアートで、広大な田んぼをキャンパスにした、巨大な芸術を楽しみましょう!

おすすめの記事