勝尾寺の紅葉の2021年ライトアップや見頃は?混雑・渋滞やアクセスや駐車場は?
勝尾寺の紅葉

大阪・箕面の勝尾寺で、紅葉の見頃時期、 8万坪もの境内や本堂はモミジで彩られ、例年特別夜間ライトアップが開催され混雑・渋滞します。ここでは、勝尾寺の紅葉の魅力や見どころ、紅葉の見頃時期や2021年現在の状況、混雑や渋滞状況や回避法、アクセスや駐車場、おすすめの勝尾寺の紅葉ツアーについて紹介します。

勝尾寺の紅葉の魅力や見どころは?2021年のライトアップは?

勝尾寺の紅葉

大阪府箕面市「勝尾寺(かつおうじ)」は奈良時代に創建された古刹です。

大阪の都心から車で30分の場所、箕面市北部の山地に広がる「明治の森箕面国定公園」の一角に位置し、境内の広さは、8万坪( 約26万平方メートル )で、東京ドームの約1.6倍ほどもある広さです。

勝尾寺の紅葉

勝尾寺には、1300年間念じ込まれてきた「勝運の寺」としての運気や癒しを求めて、全国から多くの参拝者が訪れます。

平安時代以降、源氏や足利氏ら歴代の将軍や武将が戦勝を祈願しに訪れたことから「勝運のお寺」として、スポーツや受験、就職、恋愛、商売などさまざまなジャンルで、「勝利を願う参拝者」が全国から「勝ちダルマ」を授かりに訪れるのです。

勝尾寺の紅葉

境内の奉納棚は、願いが成就して奉納された勝ちダルマがたくさんあります。

また、ダルマの中におみくじが入った「ダルマみくじ(500円)」もあり、ダルマは持ち帰ってお守りにしてもOKですが、瓦の上や灯篭の中、驚くほどの高所や、石垣や木のうろなど、境内のあちこちにに奉納していく人お多数います。

境内を散策しながら、レアな場所にあるダルマを探してみるのも楽しいですよ!

そんな勝尾寺は、春には桜やしゃくなげ、夏にはあじさいが咲き誇りますが、境内には、モミジ、イロハカエデ、イチョウ、ドウダンツツジ、サクラなど、紅葉する木々が約8000本あり、8万坪の広い境内は、秋の色でいっぱいになります。

境内が、鮮やかな赤、黄色、オレンジに色づき、常緑樹の緑とのグラデーションが美しく、境内全体が色づく前から紅葉を楽しめます。

勝尾寺の紅葉

山門を抜けると左右に広大な弁財天池が広がり、長い石橋があります。

弁天池から眺める本堂周辺の紅葉の景色は、感動的な美しさです。

本堂や二階堂へ向かう参道を覆うモミジの紅葉トンネル人気の鑑賞スポットの一つです。

深い緑の山々を背景にして、浮かび上がるように存在する朱の多宝塔は、紅葉の赤や黄が織り成す色とりどりのコントラストをなし、1枚の絵画のようです。

勝尾寺の紅葉

また、勝尾寺では、境内のあちこちにBOSEのスピーカーが設置されていて、お経が流れています。

1300年の歴史と現代のテクノロジーの競演、BOSEと坊主をかけているあたり、なかなかクールでオシャレですよね!

11月中の土日祝には、期間限定の特別ライトアップ「幻想の世界へ」が行われ、昼の、太陽の光を浴びた紅葉とは趣きの異なる幻想的な景観が広がり、より神秘的な世界観を体感できます。

勝尾寺の紅葉

弁天池では、噴水やミスト、LEDによる幻想的な演出もあります。

ライトアップは、11月の土日祝のみ、日没から19時30分頃までの期間限定です。

夜間は公共交通機関がないので、自家用車かタクシーで訪ねてみてくださいね!

勝尾寺の紅葉の見頃時期や2021年現在の状況は?

勝尾寺の紅葉

勝尾寺の紅葉の見頃は、例年11月中旬~12月上旬です。

モミジ、イロハカエデ、イチョウ、ドウダンツツジ、サクラと複数種類の木々があるので、紅葉は次々と移っていきます。

紅葉の真っ盛りの色も綺麗ですが、色づき始めから、緑、黄色、赤のグラデーションの紅葉もとても美しいです!

2021年11月21日現在、勝尾寺の紅葉は、そろそろ見頃を迎えています。

2021年の勝尾寺の紅葉の見頃は、天気情報サイトの予測通り、ほぼ例年通りで、12月上旬まで楽しめそうです!

一休高級ホテル・旅館が最大60%OFF!

勝尾寺の混雑や渋滞状況は?

勝尾寺の紅葉

勝尾寺は、元々勝運を求めて多くの参拝客が訪れる名刹です。

紅葉の見頃の時期には、昼間の紅葉に多くの人が訪れるほか、ライトアップも人気です。

ライトアップは、毎日行われているわけではなく、11月の土日祝のみの期間限定のため、ライトアップが行われる日は、日没からの時間帯が大変混雑します。

勝尾寺は車で訪れる人が多いので、ライトアップが始まる前、日没少し前に合わせていく車で周辺の道路も相当に混雑します。

待ち時間が1時間以上になることもあり、混雑どころか渋滞でまったく進まないということもあるそうです。

ライトアップ目的で訪れる場合には、出来るだけ早い時間に訪れることをおススメします!

勝尾寺のアクセスや駐車場は?

勝尾寺の紅葉

勝尾寺

住所:〒562-8508  大阪府箕面市勝尾寺

電話:072-721-7010

参拝時間:平日 8:00~17:00 土曜日 8:00~17:30 日曜・祝日 8:00~18:00

11月中の土・日・祝 (夜間ライトアップ期間中) 8:00~19:30

入山料金:大人(高校生以上) 400円 小・中学生 300円 未就学児 100円 2歳以下 無料

アクセス:

車でのアクセス

名神高速道路「茨木インター」より国道171号線経由、「清水」交差点右折(約15分)

近畿自動車道・中国自動車道・名神高速道路「吹田インター」より中央環状線・国道423号線経由、「白島」交差点右折、「栗生外院」交 差点左折(約10分)

中国自動車道「池田インター」より中央環状線・国道423号線経由、「白島」交差点右折、「栗生外院」交差点左折(約10分)

公共交通機関でのアクセス

阪急電鉄「箕面」駅からタクシーで15分

地下鉄御堂筋線「千里中央」駅からバスで(阪急バス北摂霊宛行「勝尾寺」下車すぐ)

駐車場:あり 第1(屋外)駐車場・第2(屋内)駐車場(高さ制限 2mまで)

普通車/1時間まで:500円 以降30分毎:200円

まとめ:勝尾寺の紅葉の2021年ライトアップや見頃は?混雑・渋滞やアクセスや駐車場は?

ここでは、勝尾寺の紅葉の魅力や見どころ、紅葉の見頃時期や2021年現在の状況、混雑や渋滞状況や回避法、アクセスや駐車場、おすすめの勝尾寺の紅葉ツアーについて紹介しました。

勝尾寺の本堂や二階堂へ向かう参道を覆うモミジのトンネルもすばらしく、弁天池では噴水やミスト、LEDによる幻想的なライトアップも幻想的なので、ぜひ訪れて秋の癒しのひと時を過ごしてください!

おすすめの記事