小安峡の紅葉の見頃時期や2021年現在は?アクセスや駐車場は?
小安峡の紅葉

秋田県の小安峡は、皆瀬川の 侵食により深くえぐられたV字谷で、紅葉の見頃時期、 熱湯と蒸気が噴出する大噴湯や険しい岩肌と紅葉とのコントラストが見事です。ここでは、小安峡の紅葉の魅力や見どころ、紅葉の見頃時期のピークがいつからいつまでか、2021年現在の状況、アクセスや駐車場について紹介します。

小安峡の紅葉の魅力や見どころは?V字谷渓谷の紅葉の絶景とは?

小安峡の紅葉

秋田県の南の玄関に位置する湯沢市にある「小安峡(おやすきょう)」は、栗駒国定公園の入口に位置する景勝地です。

皆瀬川の急流が長年にわたり両岸を深く浸食してできたV字谷「小安峡」は、古くからの温泉地としても知られ、温泉地ならではの景観が魅力的で、春は新緑、秋は紅葉、そして冬は峡谷に下がる大きなつらら「しがっこ」を楽しむことができます。

特に秋の紅葉の時期には、高さ約60mにも及ぶV字型渓谷両岸のモミジ、ナラ、ブナなどが一斉に色鮮やかに紅葉し、赤・黄・緑のバランスが絶妙な錦絵のような光景は、岩肌とのコントラストが印象的です。

小安峡の紅葉

皆瀬川が侵食されて渓谷となっている小安峡は、深い断崖に複数の滝が流れ落ちるのに加え、温泉が凄い勢いで吹き出し、熱湯と蒸気が噴出する小安峡随一の名所「大噴湯(だいふんとう)」があります。

小安峡の大噴湯

この奇勝「小安峡大噴湯」は別名地獄釜ともよばれ、蒸気や熱水がたまっている地熱貯留層の亀裂が露出しているという世界でも珍しい地形から、断崖の裂け目から1時間に約10トンもの温泉が噴出するという珍しい光景を見ることができます。

小安峡は、この爆音とともに「大噴湯」から噴き上がる白い蒸気、湯煙と、その背景に広がる、ここでしか味わえない圧巻の紅葉を目的に、湯治客やハイカー含め、多くの観光客が訪れる秋田県の紅葉の名所なのです。

皆瀬川に架かる河原湯桟橋からは、紅葉した木々の間を縫って皆瀬川に流れ込む滝との絶妙なコラボレーションの絶景を楽しむことができます。

小安峡の紅葉

また、小安峡の岩づたいに階段を約60m程降りると、その先には、4月上旬から11月上旬まで解放される遊歩道(冬季閉鎖)があり、この小安峡の整備された遊歩道を歩いて、轟音とともに白い湯けむりを上げる大噴湯と美しい紅葉のコントラストを間近で楽しむことができます。

深くえぐられた渓谷を彩る紅葉は、水面に落ちていく色づいた葉と、もくもくと湧いてくる温泉の湯けむりが幻想的で、見頃はもちろんその前後の時期でも十分に紅葉を楽しめます。

また、小安峡では、この渓谷美と紅葉の美しさを同時に楽しむことができることに加え、温泉が流れ込んでいる皆瀬川の影響で、周囲の気温も温かく、ほわっと心も休まる紅葉狩りができます。

大噴湯の湯煙、渓流、紅葉のコントラストの絶景を楽しんだあとは、温泉で、心も体も温め、一休みすることも可能です。

小安峡の紅葉

小安峡には、日帰り入浴できる温泉もたくさんありますので、紅葉狩りと温泉をセットで楽しむことをおススメします!

普段あまり歩くことの少ない人にとっては、一度遊歩道まで降りると、岩づたいの階段の上りは、なかなかのキツさです。

それでも、大地の息吹を感じさせる吹き出す大噴湯からの熱い湯けむりを肌で感じながらの紅葉狩りは、なかなか他では味わえない体験です。

出来るだけ履きなれた、歩きやすいスニーカーなどでお出かけくださいね!

小安峡の紅葉の見頃時期や2021年現在の状況は?

小安峡の紅葉

小安峡の紅葉の見頃は、例年10月下旬〜11月上旬です。

2021年の東日本の紅葉は、9月末~10月上旬に気温の高めの日が多かった影響で、平年より少し遅れているようです。

小安峡は、標高がそれほど高くないので、東北では遅めの紅葉を楽しめるスポットになっています。

2021年10月30日現在、小安峡の紅葉は、そろそろ見頃が始まっています。

今年は例年より少し長く、11月中旬頃まで楽しめそうです!

小安峡のアクセスや駐車場は?

小安峡の紅葉

小安峡

住所:〒012-0183 秋田県湯沢市皆瀬字新処地内

電話:0183-47-5046 (一般社団法人湯沢市観光物産協会皆瀬事務所)

遊歩道は冬季閉鎖あり(11月上旬ごろ~4月下旬ごろ)

アクセス:

車でのアクセス

湯沢横手道湯沢ICより約50分

湯沢横手道路須川ICから約35分

公共交通機関でのアクセス

奥羽本線湯沢駅よりバスで約50分

駐車場:

北側入口駐車場(観光物産館・あぐり館駐車場)約60台

南側入口駐車場約10台

まとめ:小安峡の紅葉の見頃時期や2021年現在は?アクセスや駐車場は?

ここでは、小安峡の紅葉の魅力や見どころ、紅葉の見頃時期のピークがいつからいつまでか、2021年現在の状況、アクセスや駐車場について紹介しました。

皆瀬川が深いV字峡の底を流れ、滝や急流を形作る小安峡では、大噴湯や大小の滝等見どころが多いですが、黄や紅に染まる渓谷と白い湯けむりを上げる大噴湯は絶景ですので、ぜひ訪れてみてください!

おすすめの記事